« 北京故宮 書の名宝展 | Main | 北京五輪 »

August 07, 2008

裁判長!ここは懲役4年でどうすか

 
 
  裁判長!ここは懲役4年でどうすか
 
     北尾トロ 著
 
        文春文庫 2006年
 
 
裁判を傍聴することは国民の権利であります。 はい、ごもっとも。
その裁判というものは、時に鉄火場へとなり果てる。 そこでは原告/被告の行状や人生、恥も涙も容赦なく衆人の前に曝され、下世話なテレビドラマ顔負けの愁嘆場も珍しくはないのである。
 
そんな裁判を、関係者でもないのに好んで傍聴する人々がいる。
本書は、ライターの北尾トロさんが、裁判傍聴の世界にどっぷりと浸かってゆく顛末を記したもの。
 
元々北尾さんは、法律の学習者や犯罪/裁判の研究者と言う訳ではない。
全くの素人として、何ら目的意識を持たず傍聴に臨むため、その興味の対象や問題意識は、自ずと週刊誌やワイドショーのそれを出ないし、ひどくクダケタ文体もそれに相応しいものになっている。
 
裁き、裁かれる場の見聞録は、やはり究極的な人間観察記としての面白みはあるんだけれど、とは言え人様の苦しみ哀しみをネタにすることへの背徳感が付いて廻るものである。
ところが、作者は事件の顛末から判決の行方までを、あからさまに面白がる態度を貫いている。 早い話が、他人の裁判を次々に覗き廻って愉しんじゃってるのだ。
いや、もちろん被害者/加害者への同情も持っているんだろうけれど、厳粛であるべき裁判を、終始おフザケ調の文体で表現している。 そこの処が、どうにも付いてゆけない。

        ▽▲▽▲▽▲ 
 
皮肉にも、本書の中で一番面白かったのは作者による傍聴の記録ではなく、巻末に配置された、年季の入った傍聴マニア数名を招いての座談会の下りであった。

長い傍聴体験の中で出会った、忘れられぬ名判決から、裁判所内人事の行方まで。 何事であれ、道を極めた人の言には傾聴の価値があると、改めて想った。
 
私としては、この作者の傍聴入門記、他人のトラブルの行方を興味本位で追い掛けただけ(としか思えない)の本書については、もうどうでもイイやって気になっている。
傍聴マニア諸氏の、取って置きの傍聴談ならば、まだまだ聴いてみたい気もするのだけれど。
 

|

« 北京故宮 書の名宝展 | Main | 北京五輪 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/42100472

Listed below are links to weblogs that reference 裁判長!ここは懲役4年でどうすか:

« 北京故宮 書の名宝展 | Main | 北京五輪 »