« 裁判長!ここは懲役4年でどうすか | Main | 習志野シティフィル第46回定期 »

August 28, 2008

北京五輪

凶悪至極な猛暑も漸く和らいで参りました。
またしてもご無沙汰しております。

日頃スポーツ番組などほとんど見ることのない私ですけれど、先頃閉会した北京オリンピックの中継には(ご多分に洩れず)すっかりハマってしまい、連日一生懸命テレビに見入っていました。

以下、印象に残った競技を列挙してみると。


・女子ソフトボール
決勝に至るまで壮絶な闘いを繰り広げましたね。
常日頃陽のあたらない位置に居るソフトボールの選手にとっては一世一代の大舞台。 各選手には一試合一試合に精魂を傾ける、甲子園球児にも負けぬ一途さが見られました。
それにしても満塁のピンチを封じた上野投手。 一体なんという精神力でしょう。
見事金メダルを勝ち取った決勝の対アメリカ戦には、実況解説・宇津木前監督の嗚咽と共に感動しまくりであります。


・女子サッカー
なでしこジャパン。 男子の試合に比べて、女子のゲームは素人目にとても判りやすい内用で愉しめました。 メダルこそ逃したけれど(だって相手はドイツですよ!)、実に好い所まで行ってくれて嬉しい。 どの試合も、澤選手の存在感がスゴイです。


・女子ホッケー
さくらジャパン。 この機会に初めて目にすることが出来たホッケーの試合ですが、展開も素早く、実に面白いものです。


・女子レスリング
各階級とも大健闘して好かったけれど、なかでも吉田選手が金を獲った55キロ級決勝戦! 両選手の入場を待つ会場には、BGMに Queen の We Will Rock You が流されて、もうノリノリの観客席。
このショーアップぶりは・・・・K1かプライドですか?
どちらかと言えば地味な競技とばかり思っていたレスリングが、はっちゃけた雰囲気を醸してくれて愉快ユカイ。
四年後のロンドン大会では、決勝戦前に場内暗転させ、花火とスポットライトで両選手を迎えるに違いありません。


さて、女子種目ばかり追い掛けているみたいだけれど、男子もちゃんと見てましたよ。


・男子サッカー
なにも言いますまい。 討たれ果てました。


・野球
前評判が高かった割に振るいませんでしたね。


前述の女子サッカーやソフトボールと比べ、経済的/設備的/社会認知的/その他諸々においてずっと恵まれているこれら男子種目が揃って振るわなかったと言うのが何とも皮肉な話しです。
どちらも現役プロ選手のみで構成して、その競技に取り組む上で、この上なく恵まれた環境にいるという点で共通していますが、あるいは、彼らには他の競技選手と比べ、五輪と言うステージへのこだわりが希薄なのかもしれません。 五輪とは言っても、プロリーグで戦い続ける中での通過点に過ぎないのかも。


・陸上男子400mリレー
トラック競技で、なんと日本が3位(予選で強豪国が潰れ去るという僥倖があったとはいえ)ですよ。
バトンの受け渡しを研究し、精度を研ぎ澄ませていって、とうとうもぎ取った銅メダル。 こういうことをやらせたら、やはり日本人ですよ。
ゴール後のインタビューでの言動や、その風貌から「大人」を感じさせられるチームでした。


選手の皆さんの大健闘のお陰で何度も聴かせて貰えた「君が代」。 その「石の」のところで銅鑼の鳴るのが如何にも中華風っぽくて、なんか愉しかったです。

|

« 裁判長!ここは懲役4年でどうすか | Main | 習志野シティフィル第46回定期 »

Comments

こんばんは。

ソフトには感動しましたね。
あの後、NHKでドキュメンタリーやっていたんですが、それで二度感動しました。
チームワークってイイですね。
それに引き換えプロ野球はダメだったわ・・・
とりあえず星野はもう出てくるな、と言いたい。

でもナベツネがバックにいるみたいですね・・・
あの人、何回野球壊せば気がすむんだろう・・・

>「君が代」。 その「石の」のところで銅鑼の鳴るの>が如何にも中華風っぽくて、なんか愉しかったです。
そう、中国の「君が代」、良かったです(笑
なんか新鮮だった。
そうか銅鑼が鳴っていたんだ。
気がつかなっかよ。
ていうか、俺、耳が悪いですね(笑

Posted by: 晴薫 | August 29, 2008 at 07:54 PM

個人的にあんまりメダルを期待していなかったので、良い意味で予想を裏切った男子400Mリレーはシビれましたね。リアルタイムで見ていたのですが鳥肌たちましたよ。

Posted by: ともやん | August 29, 2008 at 11:26 PM

>晴薫さん

ソフトは素晴らしかったですね。
精神論など流行らぬ時代ですけれど、気合で相手に勝っていました。 で、野球はと言うと・・・・・orz
見ていて、どうしてもプロ臭が拭えず、ナイター中継風なダラダラ感が付いて廻りました。

「君が代」の銅鑼は、そおっと鳴らしていたので、気がつかれないのも無理ないと思います。 ちょっとした中華の隠し味ってところですね。(^ァ^)

Posted by: もとよし | August 29, 2008 at 11:55 PM

>ともやんさん

陸上男子400mリレー。 決勝に残っただけでもスゴイと思ったのに、あのゴールには同じく私もシビレました。(^ァ^)
それにしても1位のキューバは圧倒的でしたね。 とにかく早い、はやい。(笑)

Posted by: もとよし | August 30, 2008 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/42305454

Listed below are links to weblogs that reference 北京五輪:

« 裁判長!ここは懲役4年でどうすか | Main | 習志野シティフィル第46回定期 »