« 麺工房さのや | Main | ケータイ替えました »

May 27, 2008

逆境ナイン

 
   
逆境ナイン
Gyakkyo nine
 
  
  監督:羽住英一郎
  出演:玉山鉄二
     堀北真希
     藤岡弘、
  原作:島本和彦「逆境ナイン」
 
     2005年 日本
 
 
島本和彦の同名の高校野球スポ根ギャグ(?!)マンガを実写映画化!!
弱小野球部を率いるキャプテンで投手の不屈闘志(って名前なんです)が、襲い来る数々の逆境にもめげず、甲子園を目指す姿を描く。 高校野球マンガのパロディと、ナンセンス・ギャグの要素を併せ持つ青春ドラマである。

なんたってこの映画、原作者・島本和彦の描くマンガの世界感をそのまんま、無理矢理に実写映画化してしまった。 そのこと自体のバカバカしさに、まずは笑うしかないでしょ。

ナンセンスなギャグの連続するドラマなんだけれど、それをつなぐ映像の一々を、カメラが本格的に捉えている。
キッチリ映画しているのである。
それゆえ、登場人物たちがバカをやる中で、映像だけは唯もう純粋に美しいのだ。 そのお陰で、笑いの場面が余計に可笑しくなってるね、絶対に。

主人公の投手・不屈闘志役に玉山鉄二。
この役者のことを私は好く知らなかったのだけれど、彼の演じる島本和彦ワールド的熱血漢ぶり。 純情無比で、暑くるしく、そしておバカな高校球児の姿に惹きつけられた。 まずはハマリ役と言って好いのではないか。
不屈以外のナインも皆好演するけれど、いずれも小粒で印象は薄い。 やはりこの映画、玉山鉄二の独り舞台の感があるね。
そして、マネージャー役・堀北真希の可憐さ。
重厚な雰囲気で島本和彦ワールドを支える、校長役・藤岡弘、。

おバカで熱い青春ドラマに散々笑い転げさせられて、お終いは岡村孝子の「夢をあきらめないで」に思わずジンと来ちまう映画です。
 
 

|

« 麺工房さのや | Main | ケータイ替えました »

Comments

もとよしさん、こんにちは☆
昨日のコメント、間違って、かき上げ(かき揚げなのに(+_+))って書いちゃってました、スイマセン・・・。

ところで、この映画、私も以前見たことがあります。
バカバカしいけど、面白く笑って見ました。
玉山君は、ずいぶん前から洗剤のCMにいつも出ていて(ガテン系の男集団のタオルを洗濯して、ふんわり~いい匂い!とかタオルにほおずりする男軍団・・ってやつ) その印象と、この映画とがあいまって、妙に可笑しかったんですよ。

東野圭吾さんの原作の「手紙」っていう映画で、殺人を犯した兄の役をやったのが、私はとても印象に残っています。

Posted by: latifa | May 28, 2008 at 09:24 AM

>latifaさん

「逆境ナイン」、あんまりバカバカしくって、面白かったですよね。(^ァ^)

玉山さん、他の映画ではシリアスな役もやってましたか。
体育会系筋肉バカな不屈のキャラ以外にも、ちゃんと引出しを持っているわけですね。(笑)
見てみたいような、彼にはおバカなまんまでいて欲しいような・・・・
ま、きっと、いつか見ちゃうんでしょうけれど。(^^;

Posted by: もとよし | May 28, 2008 at 12:44 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/41346233

Listed below are links to weblogs that reference 逆境ナイン:

« 麺工房さのや | Main | ケータイ替えました »