« 本日休館 | Main | 恵比寿 一代 »

May 11, 2008

HINOKIO

 
 HINOKIO
 
   監督:秋山貴彦
   出演:中村雅俊
      多部未華子
      本郷奏多
      堀北真希
      林原めぐみ(声)
 
         2005年 日本
 
 
テレビのニュースだったか、それともコマーシャルでかは忘れたけれど、本田技研工業のASIMO。 あの二足歩行ロボットが歩く姿を初めて見た時は、いやもう、ぶったまげたもんである。

普通、ロボットの歩きと言えば機械的な、ギクシャクとした動きを想像しがちだけれど、その先入観に反してスタスタと歩く、その動きのあまりな人間っぽさ。
これは絶対中に人間が入って歩いているんだろうそうだそうに違いない!って、どうしても疑惑の目を向けてしまうんだけれど、その形状から見て、人間が収まるとは考えられず、改めて驚いてしまう。
あれを見た人の反応は、まずは誰しも一様にクチあんぐりと驚いて、次いで顔をほころばす。 ってところじゃあないだろうか。
人類史上初の本格的二足歩行ロボットは、誰からも愛されるナイスな奴であった。
 
 
※ロボット研究者を父に持つ小学生のサトルは、交通事故により母を亡くし、自身も車椅子の生活を余儀なくされる。 また心に負った傷により、他者とのコミュニケーションを拒否するようになり、自宅から一歩も出ない日々を送っている。
その頃、様々な理由から登校出来ない児童に、本人が遠隔操作するロボットによる代理登校をさせる試みが始まった。
 
 
サトルの操るH-603(HINOKIO)は、ASIMOと同様子供サイズで、ちょっとたどたどしい足取りの二足歩行ロボット。
HINOKIOの動くシーンは専らCGで描かれるのだけれど、それがとても自然で虚構と言う感じがまるでしないのは、ASIMOを見ていての学習効果に拠る処が大きいと思う。

お芝居の方は、ジュン役の多部未華子をはじめ、子役の縁起が素晴らしく上手い。
堀北真希が小学生に見えないのは、ま、ご愛嬌か。
我が子との距離が縮まらず悩む、お父さん役に中村雅俊。 ラスト近くで見せる会心の笑みが好印象。

子供たちの友情、勇気、母への慕情、淡い恋心。
そしてイジメ、非行、嫉妬、父への反目、親の再婚など。
子供たちとロボットの触れ合いということで、ほのぼのしたストーリーかと思えば、子供なりに結構重いものを含んでいるのだ。

昔、千住に実在した「おばけ煙突」の使い方の上手さ。
現実の世界とコンピューター・ゲームの電脳世界とがリンクしているという設定は、随分とっぴだけれど、ここは大人の常識で判断するのではなしに、学校の怪談を真剣に論じあう子供の感覚で、率直に受け取れば好いのだと想う。

あまり期待もせずに見始めたのだけれど、映画が終わってみれば、夢中になって見入っている自分がいた。
あくまで子供中心のドラマながら、大人の視線で見ても十分に愉しむことの出来る佳品です。
 

|

« 本日休館 | Main | 恵比寿 一代 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/41164900

Listed below are links to weblogs that reference HINOKIO:

« 本日休館 | Main | 恵比寿 一代 »