« 無言の行中 | Main | 間宮兄弟 »

April 16, 2008

ドクター・ドリトル2

 
 ドクター・ドリトル2
 Dr.Dolittle2
 
   監督:スティーブ・カー
   出演:エディ・マーフィ
 
      2001年 米国
 
 
エディ・マーフィのトーク、そして、動物たちと組んでのギャグで人気を呼んだ「ドクター・ドリトル」の続編。

前作「ドクター・ドリトル」で沢山の動物達と関わったドクターだけれど、今作では特に熊のアーチーをメインにすえた。

思えば前作では、登場する人間も動物も、それぞれに悩みを抱えつつ、精一杯に世渡りをしていた。
動物たちなど、ネズミみたいに小さな奴ほど気が強かったり、また逆に、トラみたいに大きな多き奴ほど繊細だったりする。 そんなところに、ヒネリの利いた風刺を感じたし、また、人間社会の世知辛さを、動物に託して表現していたのも面白かった。

それが今回は、サーカスで育ったシティ熊、アーチーの野生回帰という、ある意味、正攻法なテーマに焦点を絞ってみたと言うわけ。
なにしろ絵本、童話、動物園やサーカスでも人気者の熊さんが主になるわけだからして、まずは大人から子供まで、誰にでも親しみやすい路線を目指したのであろう。

エディ・マーフィの繰り出すジョークも、前作に比べてずっとソフトになった。
これもやはり、ファミリー向けということを意識しているのじゃあないかと思う。 ポリティカルコレクトネスって言うんですか。 ヤバげな台詞など、あまり聴かれなかったし。 ご家族で安心して楽しめるようになってます。

リラックスして、のんびりと愉しむにはおあつらえ向きの映画だけれど、でも、総じて前作の面白さには及ばないかな、と想いました。
 

   「ドクター・ドリトル」
 
 

|

« 無言の行中 | Main | 間宮兄弟 »

Comments

こんばんは。

>総じて前作の面白さには及ばないかな
そう、一作目の方が上等でしたよね。
俺も期待ハズレでした。


Posted by: 晴薫 | April 20, 2008 at 09:16 PM

>晴薫さん

ヒットした前作の路線を踏襲していないのが意外でしたね。
ファミリーを意識してか、ギャグの表現をソフトにした分、切っ先が鈍った感じですし。
動物ものとしては、古今東西普遍的人気キャラと言える「熊」に頼ったところが安易だったのではないかと想います。
前作を愉しんだ者からすれば、単に熊さんが出て来たくらいでは喜ばないいって。(笑)

Posted by: もとよし | April 20, 2008 at 11:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40901023

Listed below are links to weblogs that reference ドクター・ドリトル2:

« 無言の行中 | Main | 間宮兄弟 »