« 人生初バリウム | Main | 玉川上水 »

April 29, 2008

横浜ルミナス・コール 第7回定期

 
 横浜ルミナス・コール 第7回定期演奏会
 
  2008年04月27日(日) 14:00
  鎌倉芸術館 小ホール
 
 
  ・イギリス世俗曲集より
 
  ・モーツァルト:モテット集
 
  ・混声合唱組曲「まぼろしの薔薇」
    大手拓次 詩/西村朗 作曲
 
  ・オリジナルステージ
    <FMルミナス 湘南サテライト>
      ~古くて新しい~
 
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
 
先日患った風邪は、もうほとんど治っているのだけれど、何故だか咳が収まらない。 あれからずっと、日がな咳き込み続けている。
なので、このところ、休日はなるべく出歩かないようにしていた。 この日は、咳止めのクスリを呑んで、久々のお出掛けである。 合唱団の演奏会を聴くのは久々になる。
 
 
・イギリス世俗曲集より
・モーツァルト:モテット集
 
どちらのステージも、良くまとまっていて楽しめた。
各パートのバランスが好く、そして全体的に響きの綺麗な合唱団ですね。 こういう素性の好い響きは、ソプラノ/アルト/テノール/バスの四つのパートが、互いの声を好く聴き合っているからこそ、得られたのではないかと思う。
そして、反応の好さと言うか、音楽的な反射神経の好さを感じる。 これは、相当鍛えられているな、と思った。
時折、ソプラノが及び腰になりがちなのが、ちと残念でした。
 
 
・混声合唱組曲「まぼろしの薔薇」
 
西村朗の作曲(1984年)になる、現代日本の混声合唱曲。
曲想の静謐な部分と、激しい部分との対比が明快で、鋭利な現代音楽的エッセンスを盛り込みながらも、思いの他聴き易い曲となっており、愉しむことが出来た。
この曲は、是非もう一度聴いてみたい。
 
 
・オリジナルステージ
 
 <FMルミナス 湘南サテライト> ~古くて新しい~
 
お終いのステージは、合唱団員の皆さんが思いおもい、カジュアルな服装に着替えての登場。
架空のFM局「FMルミナス」が放送するDJ番組「湘南サテライト」のオンエア風景と言う趣向で、加山雄三、サザン・オールスターズに代表される、湘南テイストをたっぷりと含んだ往年の名曲の中から、近年になって平井賢、平原綾香らがカヴァーして話題になった作品(まさに、古くて新しい!)を中心に取り上げる。

曲の合間を、DJ役を務める団員お二人の寸劇でつなぐ。 一方曲の方は、合唱は勿論のこと、ソロの他、踊り(振り)もありで、これはアマチュア団体ならではの、実に好い雰囲気のステージだった。
どの曲もアレンジがカッコイイし、随所に差し挟まれるヴァイオリンのソロがお洒落。(ただ、合唱につけたオブリガートは、かえって全体の響きが濁ってしまい、無いほうが好いと思いました)

総じて、とても愉しめた演奏会で、気分好く鎌倉芸術館を後にしたのであります。
 

|

« 人生初バリウム | Main | 玉川上水 »

Comments

体調悪いところ、がんばって行かれたんですね~!

演奏会notesなんて、ぜんぜん行ってないから・・
いいなあって思いましたlovely

鎌倉も楽しめたようで有意義な一日でしたねgood

Posted by: サマー | April 29, 2008 at 11:36 PM

>サマーさん

おいでませ、問はず語りへ。(^ァ^)

風邪はもうほとんど治っていて、ただ咳だけはしつこく残っていまして。 でも、演奏会場では、何とか咳きこまないで済みました。

津田沼から大船まで、横須賀線一本で乗り換えなしに行けるのがありがたかったです。
鎌倉市に入ると、ほんの少し空気感が違いますね。 なんだか晴ればれと明るい気分になります。(^ァ^)

Posted by: もとよし | April 30, 2008 at 07:28 PM

>反応の好さと言うか、音楽的な反射神経の好さを感じる。 
>これは、相当鍛えられているな、と思った。
>時折、ソプラノが及び腰になりがちなのが、ちと残念でした
もとよしさん、こういう感想見事ですね。
やっぱり自分で楽器や演奏の経験がないと、思い至らないんだよな、こういうことは。
未体験の私からだと、そう思えます。

なにより良い鎌倉の休日、良かったですね!

Posted by: 晴薫 | April 30, 2008 at 09:29 PM

>晴薫さん

ありがとうございます。

こういった演奏会評を書くときは、出来る限り音楽用語や、慣用的な表現を使わずに、って心掛けるんですけれど、そう言えば「音楽的な反射神経」という言葉は、他所で見たことがあるかもしれません。(今、気がつきました(^^ゞ)

ま、イメージとしては、合唱団のリズムの取り方や旋律の動きからは、一流のスポーツ選手のプレイに見るのと同じような美しさを感じるってところでしょうか。

咳の方も、お陰さまで演奏会の翌日辺りから、ようやく治まって参りました。(^ァ^)

Posted by: もとよし | May 01, 2008 at 01:17 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/41030397

Listed below are links to weblogs that reference 横浜ルミナス・コール 第7回定期:

« 人生初バリウム | Main | 玉川上水 »