« UDON | Main | ドクター・ドリトル2 »

April 12, 2008

無言の行中

 
昨日(4月11日、金曜日)の明け方近く、腰の痛みで眼が覚めた。
かつて経験の無いことなので、一体何事かと訝しむ。
それに腰だけではない、なんだかおっそろしく寝苦しく、気がつけば、あちこちの関節にも違和感がある。
全身に漲る、微妙な不快感。 我が身に、一体何が起きているのであろう。

それが昨日から、咽喉が軽く痛み出したので、これはつまり風邪をひいたのだと知る。 いつも私の風邪は、咽喉の痛みから始まるから。

さて、症状がハッキリしたとして、ではその原因はというと、これといって思い当たらないのである。
せいぜい偏食、それと寝不足くらいかな・・・・立派に不摂生ですね。 慌ててビタミン摂取に努めました。
今になっても、相変わらず咽喉が痛むので、とにかく喋らないようにしています。 いつもより余計に無愛想を通しております。

ところで、さっき偶々PCで辞書ソフトを使っていて、なんとはなしに、その音声機能で「influenza」を発音させてみたら、はっきり「インフルエンザ」って聴こえました。
当たり前ですか。
でも、英語っぽく頭にアクセントでも置くかと想っていたのが、べたっとした、日本語とほとんど同じ抑揚で「インフルエンザ」って読み上げるのが、なんだか可笑しくて堪らない。
繰り返し何度も再生しちゃいました。
「インフルエンザ」
中に日本人が入ってんのか?
だんだんアタマん中がハイになって来てますね。 また寝ます。
  

|

« UDON | Main | ドクター・ドリトル2 »

Comments

風邪の時って確かに関節が痛くなりますよね。
喉の痛みはどうですか?
お大事になさって下さい。

Posted by: バルカローレ | April 12, 2008 at 07:27 PM

スミマセン。
前記事のname欄空白のままでしたね。

俺も最近疲れていてさ・・・

風邪の時は確かに関節痛くなりますよね。
調子悪いんだから、
無愛想だってなんだって良いんですよ。

どうかお大事に!

Posted by: 晴薫 | April 12, 2008 at 08:26 PM

あ~、私も風邪をひくときはまずノドがやられます。扁桃腺が腫れちゃうんですよね。

お大事にしてください。

Posted by: ともやん | April 12, 2008 at 09:39 PM

わたしも、春先に風邪でダウンしていました。今は回復していますが。
とにかく、栄養と休養ですよね。週末ゆっくり休んでくださいね。

早く治ること祈ってます。

Posted by: みい | April 12, 2008 at 09:48 PM

>バルカローレさん

どもども、ありがとうございます!
大分好くなって来ました。
思えば、その前々日あたりから、関節に微妙な不快感があったんです。 その時点で、きっちり節制していれば好かったんでしょうね。(^^ゞ
お陰さまで、咽喉の痛みも治まって来ました。

Posted by: もとよし | April 13, 2008 at 02:00 PM

>晴薫さん

お気遣いありがとうございます。
お昼まで爆睡したら、咽喉の調子が大分好くなって来ました。
腰痛が治まって来て、安心して眠れるようになったのが、ともかくありがたいです。(^^ゞ

Posted by: もとよし | April 13, 2008 at 02:01 PM

>ともやんさん

どうもありがとうございます。
私の風邪は咽喉の痛みからアタマ、そのあとお腹へと進行するというのが常なんですけれど、今回は咽喉の段階で抑える事が出来ました。 正直、ホッとしてます。(^^ゞ
教えて頂いた甜茶を入れて、どんどん飲んでます。

Posted by: もとよし | April 13, 2008 at 02:02 PM

>みいさん

ありがとうございます。
もう大分暖かいってのに、今頃になって風邪をひいちゃいました。 寒い時期は平気だったんですけれどね。(^^ゞ
季節の変わり目は、やはり要注意ってところでしょうか。
もう随分と好くなりました。(^ァ^)

Posted by: もとよし | April 13, 2008 at 02:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40857700

Listed below are links to weblogs that reference 無言の行中:

« UDON | Main | ドクター・ドリトル2 »