« まいはらひがし | Main | 花粉禍 »

March 18, 2008

冬の蚊

 
冬の蝶、冬の蜂なんていうのが季題にあったと想うけれど、そうではなくて蚊なのである。
それが、ここ数日前から、急に湧き始めたものか、我が家の中に後からあとから進入して来る。
夏場の蚊と比べて、運動性は格段に劣るものの、なかなか果敢にアタックして来る奴らで、気のつかないうちに、あちこち随分と喰われてしまった。
それに、周囲を無遠慮に飛びまわって、接近してくる羽音が耳障りでタマラナイ。
とうとう、三月というのにに蚊取り線香を炊く羽目になった。 全くもって、季節外れも甚だしい。

そもそも夏でもないのに何故蚊が出るのか? もともと蚊の多い(例えば、以前の住まいに比べて)我が家とはいえ。
不審に想い、ネットで検索してみたら、チカイエカと言う種が、最近都市部で増えているとのこと。
こいつらは、冬季にも休眠せず、ちょっとした水場さえあれば、年中どこでも繁殖するというから、我が家の闖入者もこれかもしれない。
それにしても、蚊といえば夏の虫とばかり思っていた。 通年営業するタイプがいたなんてまるで知らなくて、吃驚仰天なのである。

人口の密集した地域ならば、冬場といえども気温は比較的暖かであろうし、各家庭からの排水なども豊富の筈。 繁殖に必要な条件は十分に揃っているわけである。
きっと、我が家の近所、建物の片隅に出来た水溜りやら側溝など、容易には目に付かない場所に、ボウフラの大量発生地があるんじゃあないだろうか。 でも、そうだとすると抜本的な蚊対策は立て難いよなあ。 これからは、年中無休で蚊取り器のお世話にならなきゃならんのか。

因みに、現在、我が家でこれだけ蚊がみられるというのに、近所のイオン津田沼ショッピングセンターでは、蚊取り関連の商品は、未だ売りに出してはいない。
 

|

« まいはらひがし | Main | 花粉禍 »

Comments

こんにちは!
 三月に蚊とは、びっくりです。
年中蚊対策とは、大変だあ。
地域全体で何か対策を考えないとダメみたいですね。
いろんな、病気も媒介するでしょうし・・・。
こちらは、まだ蚊はいませんが。

Posted by: みい | March 18, 2008 at 02:21 PM

>みいさん

>こちらは、まだ蚊はいませんが。

そうですよね。 冬には蚊なんて見ない。 それこそ正しい日本の風景であります。(^ァ^)

三月の蚊遣りブタというのは、なんかこう実に落ち着かないヘンなものですね。(^^;
蚊取り線香は、去年の夏に炊いたのが若干残っていたので、それを使っています。
全部使い切る前に、新しいのを仕入れなくちゃなんですけれど。 ちょっとビビッてます。(^^;

ホント、地域ぐるみで抜本的な対策を立てなけりゃダメのようですね。

Posted by: もとよし | March 18, 2008 at 06:53 PM

おお、ウチにも極稀にですが、でますぜ!
温暖化と家庭内暖房のせいかと思ったんですが、専用種がいたとは思いませんでした。

俺は蚊に食われたりすると結構腫れるので、冬でも蚊取り線香、電気香取、キンカン(蚊に刺された時は、キンカンが1番、個人的には)は常備してます!

Posted by: 晴薫 | March 18, 2008 at 09:29 PM

>晴薫さん

をゝ、冬の蚊、そちらでも出ますか。
べつに羽化する時期を間違えた粗忽者ってわけじゃあなくて、オールシーズンプレーヤーが台頭して来たということのようです。

キンカンは我が家にも常備しています。 今時のヤワな薬とは違い、ツンと容赦なく臭うところが頼もしいですね。

Posted by: もとよし | March 19, 2008 at 12:49 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40541362

Listed below are links to weblogs that reference 冬の蚊:

« まいはらひがし | Main | 花粉禍 »