« 習志野シティフィル第45回定期 | Main | かもめ食堂 »

March 05, 2008

SLつけ麺

 
私が津田沼の地に来て初めて入った店がココ、「SLつけ麺」。
津田沼駅の直ぐ傍、千葉工大を目の前にした位置にあるからして、大学生を主なターゲットにしているのかと思うのだけれど、勤め人、グループなど客層は結構多彩。

そもそも店名についているSLとは? ・・・・Steam Locomotive のこと? JR津田沼駅前にあるから? その昔、蒸気機関車が走っていたそうだし。 あるいは、店主が鉄っちゃんとか?
とまれ、店名の由来は不明なのである。

さて肝心のお味は。 昔からずーっとコレでやってますって感じの、フツーの中華、ラーメン屋のそれ。
メニューには麺類からご飯ものまで中華一通りが揃っている。
店名につけ麺を名乗るだけあって、モチロンつけ麺もある。 都内によくある「つけめん大王」とか、イメージして頂けると、かなり近いかもしれない。

でも、ここに来て私が注文するのはほとんどの場合タンメン。
大盛りをオーダーした覚えはないハズだが、普通サイズを超えたボリュームのタンメンがドン!と出て来る。
もう、これまでに何度も食べているけれど、大ぶりの丼がホカホカと盛大に湯気を立てているのが結構なド迫力で、見るたび、いつも一瞬仰け反ってしまう。

丼に盛られたたっぷりの野菜は、スープ面から円錐状に盛り上がって独立峰を形成している。
霊峰富士の如く、なだらかな稜線を持つコニーデは、頂上から崩す気にならず、まずは裾野の辺りから喰い始めるのだけれど、食べれど食べれど、なかなか減らなくて、いつか、タンメンと格闘しているような気分になって来る。 ようやく征服したころには、お腹一杯になって満足まんぞく。

店内は十分に広いのだけれど、テーブルのレイアウトがイマイチと言う気がする。 また、店内の喫煙率が高くて、混んでいる時の居心地はあんまりよろしくない。

しかし、なんと言っても駅の傍だし、腹ペコで帰宅する途上など、ここで腹ごしらえしていくって使い方が出来るのが好い。 深夜まで営業していてくれる、頼もしい存在である。
 

|

« 習志野シティフィル第45回定期 | Main | かもめ食堂 »

Comments

旨そうですね。
記事読んだら、ラーメン食いたくなっちまったよ!!!(笑
今、夜10時なんだけど・・・

もとよしさん、最近更新頻繁で、コンサートや寄席行きまくりで楽しいです。
俺は花粉で引き篭もりだよ~~ん。

Posted by: 晴薫 | March 06, 2008 at 10:11 PM

>晴薫さん

>ラーメン食いたくなっちまったよ!!!

深夜の誘惑。 我々は、毅然として乗り切らねばなりませんね。
でも、時々屈してしまう私なのでした。orz

>コンサートや寄席行きまくりで楽しいです。

大概は我が家から徒歩で行ける所か、または電車でも一時間掛からないような近場で、ちんまりと、慎ましく愉しんでます。(^^;

花粉症、シーズン到来ですね。 おだいじに。

Posted by: もとよし | March 07, 2008 at 12:35 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40388315

Listed below are links to weblogs that reference SLつけ麺:

« 習志野シティフィル第45回定期 | Main | かもめ食堂 »