« 第12回三遊亭あし歌勉強会 | Main | 冬の蚊 »

March 13, 2008

まいはらひがし

 
今日、ある申込用紙の住所欄に我が家の所番地を書いていて気のついたことをば。

その用紙の、住所欄の上に振仮名を記すようになっているのだけれど、そこになんと書けば良いのか、と言うはなしである。

現在私は千葉県船橋市前原東というところに住んでいる。
これを私は「ちばけんふなばししまいばらひがし」と読んでいたのですね。
確か、当地に引っ越して来た折、不動産屋の社長からそのように聴いた筈なのである。

それが今日、ふと思い立ち、ネットで検索してみたら、前原は実は「まえばら」と読むのが正しいらしい。

以下はWikipedia「前原」からの引用
<<
住居表示(前原西・前原東)はかつて、「まいはらにし」「まいはらひがし」が正式な読みだったが、2003年4月1日、それぞれ「まえばらにし」「まえばらひがし」に変更された(船橋市議会 平成15年第1回定例会 議案第41号)。その他の読みは以下の通り。

新京成線前原駅「まえばら」
船橋市立前原小学校「まえはら」
船橋市立前原中学校「まえばら」(「まいはら」から改称)
前原団地「まえばら」
>>

前原は元々「まいはら」だった。
それが2003年に改定されたと言うのだから、前原東も、つい五年程前迄は「まいはらひがし」と名乗っていたわけだ。 古い地名を私に告げた、不動産屋の社長の言は、昔から当地に暮らして来た人の言葉として当を得ている。
「まいばらひがし」と、「は」の字に濁点を付けて覚えていたのは私の間違いであった。

ふむ、現在は「まえばら」が正しい読みでしたか。
難読地名、とまではいかないまでも、間違えて読まれがちな名前を、(故事来歴はさておき)読み易いように改めましたってところだろうか。
なんとはなしに、前の字は「まい」と読む方が好きなんだけれどね。
ちょいと切ない気分で、住所欄の振仮名に「チバケンフナバシシマエバラヒガシ」と記した。
 

|

« 第12回三遊亭あし歌勉強会 | Main | 冬の蚊 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40491468

Listed below are links to weblogs that reference まいはらひがし:

« 第12回三遊亭あし歌勉強会 | Main | 冬の蚊 »