« 天璋院篤姫展 | Main | 鈴本早朝寄席 08年03月02日 »

March 02, 2008

鈴本ひなまつり寄席

 
2008年3月1日(土曜日)  鈴本演芸場  <夜席>
 
  <鈴本ひなまつり寄席>
 
 
このところ、就寝タイムのBGM代わりとして、柳家喬太郎師匠の落語のCDを愛聴している。
新作落語が二つ収録されたCDの内、一席目の「すみれ荘二〇一号」を聴きながら毎夜眠りにつくのである。 (二席目の「夜の慣用句」がはじまる前に、いつも眠ってしまう) 毎夜聴いて飽きの来ない新作。 これは最早、古典の域に達しているのではないか。
そんなわけで、喬太郎師匠の噺が聴きたくなり、鈴本演芸場に出掛けた。

お雛祭りだからなのか、この日の鈴本では女性客を数多く見掛けた。 皆さん華やいだ声でよく笑う分、客席がヤローばかりの時に比べ、好い感じに盛り上がる。
 
 
前座 三遊亭歌る美 「出来心」
 
 
柳家喬四郎 「松竹梅」
 
 
鏡味仙三郎社中 太神楽
 
 
柳亭左龍 「初天神」
起爆剤、左龍師匠。 客席の温度感を一気に上昇させる。
金坊の、なんにも買ってくれない父をねめつける表情が、あんまりスゴクって可笑しい。
「初天神」は何度も聴いてきたけれど、この演出は初めて見た。 左龍師匠の個性と相まって、素ン晴らしく効果的だな。
 
 
柳家喬の字 「肥瓶」
柳家小きち改め喬の字さん。 なかなかイケメンの新二つ目さんです。
この日が、二つ目になって初の高座なのだそうで、思いがけず、お目出度い席に居合わせることとなった。
一席終えて立ち上がる時、ウッカリ自分の座っていた座布団を捲り掛けてしまったのが、微笑ましく、ちょっとウケル客席。 もう前座さんじゃない。 今日からは、捲らなくて好いんだよネ。
 
 
漫才 大瀬ゆめじ・うたじ
 
 
古今亭菊之丞 「替わり目」
菊之丞師匠は好いよねえ。 台詞や所作の一々が、粋でかつユーモラス。
飲兵衛の亭主の可笑しさ、御内儀さんの艶っぽさなど。 ホレボレとする高座だった。
 
 
林家正蔵 「蜆売り」
この噺は、以前にテレビで講談として聴いたことがある。
しんみりとして、落語にするにはいささか無理があるかとも想ったけれど、なんのなんの、人情噺として落語でも十分にイケますね。
正蔵師匠の語りには、聴き手を噺の世界にグイグイと引きずり込んでゆく強い吸引力がある。
 
 
  <お仲入り>
 
 
粋曲 柳家小菊
 
 
柳家喬太郎 「謀報員メアリー」
新作。 上野広小路界隈の酔っ払いから外交問題までをネタにとった、ある意味タイムリーな噺。 喬太郎師匠、初日から飛ばしてますな。
破壊力抜群、自虐的、更には危ないギャグの連打で、この日「柳家さん喬と愉快な仲間たち((C)柳家喬太郎)」の中で一番笑いを取った一席。
 
 
紙切り 林家正楽
客席から「さん喬師匠」と言うお題が出た。 出来上がった切り絵は、さん喬師匠を前に「謀報員メアリー」の解説(言い訳?)をする喬太郎師匠の図で、客席ウケル。 好いですなあ、こういう雰囲気。
 
 
柳家さん喬 「妾馬」
八五郎と三太夫のやりとりが可笑しいや。 この噺の後ストーリーとして、きっと赤井家中の凸凹コンビになったんじゃないだろうか、なんて思わせる二人である。
たっぷりと間合いを取って笑わせて、そして妹のお鶴との、ご対面の場面で泣かせます。 隣の席から、微かな嗚咽の声が漏れ聴こえて来た。
 
 

|

« 天璋院篤姫展 | Main | 鈴本早朝寄席 08年03月02日 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈴本ひなまつり寄席:

» 「柳家さん喬と愉快な仲間たち」 [じんじん ONE-WOMAN]
今席の鈴本の夜の部は素敵過ぎる顔ぶれ。さん喬師匠を目当てに早めに鈴本へ。 17時頃には末広町の方まで列が出来てました 鈴本ひなまつり寄席<夜の部> <本日の演目> 三遊亭歌る美 出来心 柳家喬四郎 松竹梅 鏡味仙三郎社中 太神楽曲芸 柳亭左龍 初天神 ...... [Read More]

Tracked on March 02, 2008 06:41 PM

« 天璋院篤姫展 | Main | 鈴本早朝寄席 08年03月02日 »