« 黒門亭 08年03月29日 夜席 | Main | 山下清の世界 »

March 31, 2008

鈴本早朝寄席 08年03月30日

 
  鈴本早朝寄席
  
     2008年03月30日(日曜日)
 
          午前10:00開演
 
 
のんびり家を出て来たせいで、鈴本に到着したのは最早開演も間際の時間。
慌てて木戸へと駆け込む。 
受付でモギリに付いていたのは未だ着物に着替える前の金翔さん、小駒さん。
早朝寄席は二つ目さんの勉強会ということで、こういう雑務も出演者が勤めねばならない。 高座で見せるのと同様ニコヤカな笑顔で、気分好く迎えて貰った。
 
 
鈴々舎馬るこ  「蝦蟇の油」
昨今急増している韓国からの団体観光客に対応すべく、韓国語通訳を雇い入れる、御馴染み蝦蟇の油売り。
口上の方も、伝統的パターンに、韓国語バージョンが加わる。
こちとら韓国語はまったく判らないのだけれど、馬るこさんの語る韓国語の口上が中々堂に入ってます。
 
 
三遊亭金翔  「紙入れ」
そのなり、そしてキャラもまあるい金翔さん。
品好く、ホワッとした雰囲気で、こういう艶っぽい噺が好く似合う。
特段、噺の中に具体的な描写があるわけじゃなし、でもその背景に色事のあったことを、それとなく了解させる。
艶福で、しかもしたたかな御内儀さんが好いね。
 
 
金原亭小駒  「四段目」
定吉の跳ねっ返り丁稚キャラがカワイイですな。
そんな定吉が、独りお芝居の場面をはじめる。 これが堂に入って本格的なもので、その場にみるみる劇的空間が立ち上がってゆくんですね。
芝居の世界と、現実の丁稚の生活と、その落差の激しさが可笑しい。
 
 
三遊亭あし歌  「井戸の茶碗」
ハイピッチで進める導入部分は、聴いていて実に心地好かった。
立て板に水の流れるように、言葉がさらさらと耳に入ってくる快感。 落語のシャワーだ。

中盤以降はノーマルピッチに落とし、じっくりと聴かせます。
若侍の高木作左右衛門に浪人の千代田卜斎。 二人の内、千代田の方に共感が強く、聴くべきところも多かったように想う。

クズ屋仲間の語る、法螺話しのバカな可笑しさ。

貧乏浪人の千代田が小判をつき返されて憤然とする場面など、殊更声を荒げるでなく、むしろぐっと声を落として語るのが、千代田という人。 貧すれど誇り高き侍の姿を描いて共感を呼ぶ。

「井戸の茶碗」と言うのは、正直者がお終いには福を掴む、まことに気持ちの好い噺。
あし歌さんに好く合っていると想う。
 

|

« 黒門亭 08年03月29日 夜席 | Main | 山下清の世界 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈴本早朝寄席 08年03月30日:

« 黒門亭 08年03月29日 夜席 | Main | 山下清の世界 »