« 鈴本ひなまつり寄席 | Main | 習志野シティフィル第45回定期 »

March 02, 2008

鈴本早朝寄席 08年03月02日

  
  鈴本早朝寄席
  
     2008年03月02日(日曜日)
          午前10:00開演
 
 
バチ当たりにも、二日連チャンの鈴本通い
以前、同じ早朝寄席で聴いて感心した亜朗さん目当てで、眠い根をこすりながら木戸をくぐる。


春風亭一之輔 「長屋の花見」
落語の根多というのは、季節を先取りするのが粋なんだそうで、早々と花見の噺を出して来た。
一之輔さんの高座は久々と言う気がする。 やっぱり好いね。 若手ながら、一本気骨の通っている噺家さんだ。
朝一番の、とてもやり難い出番だろうに、未だ眠い客席をしっかりと暖めてみせた。


柳家さん若 「野ざらし」
枯れた風貌と相反して、噺の方はまことに元気が好い。 このキャラは、寄席では強力な武器になる。


三遊亭亜朗 「お菊の皿」
最初はフツーに「お菊の皿」をやっていたのが、お菊さんが評判になって、お客が急増する辺りからが大胆にアレンジされていて、これはもはや新作と言うべきか。
サービス精神旺盛で楽しい。 ギャグとして「ライオンキング」をはじめ劇団四季ネタを仕込んで来たけれど、こちとら、元ネタを知らないものだから、さっぱり反応出来なかったのが残念至極。
全体的に、語り口が荒っぽくなる瞬間が散見されて、ちと気になってしまった。 まあ、あまり慎重になりすぎると、今度は語りの勢いを失ってしまうものなのかもしれないけれど。 声を張り上げる時、円丈師匠とソックリの声になるんですね。


柳家三之助 「粗忽の釘」
三之助さんと言えば、ワタシ的には、落語協会の「インターネット落語会」での流暢なホストぶりでお馴染みである。
この日の高座も、話しの緩急、強弱のコントロールがデリケートで見事。 品良く、物腰も柔らかで、如才ない語り口が好い。
心なしか噺がちょっと短い気がしたけれど、時間の関係だろうか。(この後、定席の昼の部が控えているから、終了時間は厳守の筈)
 
 

|

« 鈴本ひなまつり寄席 | Main | 習志野シティフィル第45回定期 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈴本早朝寄席 08年03月02日:

« 鈴本ひなまつり寄席 | Main | 習志野シティフィル第45回定期 »