« ドクターペッパー | Main | メコンウィスキー »

February 05, 2008

NHK大河 篤姫

 
NHK大河ドラマ「篤姫」。 とりあえず見てみっか、くらいな気分で見始めたのが、いつしか、しっかりとハマってます。

第五回まで来た、これまでのところは青春編という趣で、この時代の幕府や薩摩藩の状況を説明すると共に、後に維新の主役となる人々の若き日々を描く。

於一(のちの篤姫、天璋院)に宮崎あおい。 無邪気な笑顔が思いっきりカワイイです。
お姫様ものの王道を往くお転婆ぶりで、周囲を掻き回すも、様々な階層の人々との出会いを体験し、世の中について、人生について学んでゆく。 「篤姫」序盤はそんな於一の青春ストーリーというところ。 なかなかにハッチャケた演出もあって、ギャグも愉しめる。

於一ら若者たちを取り巻く大人たちが好い。 島津のお殿様(斉彬)の懐深さ、調所広郷の奥深さ、堅物だが好人物の父、賢い母、主家想いな乳母の菊本。

そして若者たち。 世に出る前の西郷や大久保など、後に維新の立役者となる有為の下級武士ら。
そして、彼らと交わる肝付尚五郎(瑛太)、のちの小松帯刀。 この人が「篤姫」のもう一人の主人公になる模様。 今のところ文武共にパッとせず頼りない尚五郎だけれど、この時代にあって人の身分に拘泥しないという美質を持つ彼は、下級武士たちとの間にコネクションを広げてゆく。
若者たちのなかでは、西郷吉之助(小澤征悦)がすごく好い。

音楽もなかなか好い感じです。 テーマ曲など、大河にしては随分と爽やかな印象で、クリムト風のタイトルバックとは、ちと合わない気もするけれど、でもなかなかの佳曲で、まずは一年つきあってゆけそう。
 

|

« ドクターペッパー | Main | メコンウィスキー »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40007505

Listed below are links to weblogs that reference NHK大河 篤姫:

« ドクターペッパー | Main | メコンウィスキー »