« 東京タワー | Main | 鈴本ひなまつり寄席 »

February 24, 2008

天璋院篤姫展

 
 天璋院篤姫展
 
    場所:江戸東京博物館 1階企画展示室
    期間:2008年2月19日(火)~4月6日(日)
 
 
春一番が吹き荒れる中、江戸東京博物館で開催中の天璋院篤姫展を見て来ました。
今年のNHK大河ドラマ「篤姫」とのタイアップ企画であります。

現在第八話まで放送されている「篤姫」。 開始早々から高視聴率を上げているとのことで、さぞ混雑するであろうと覚悟していたのだけれど、午前中の、開館して間もない時間に入ったからなのか、それとも折からの強風で電車の運行に影響の出ているためか、さほど混雑はしておらず、割合にゆっくりと見て廻ることが出来た。

NHK大河の登場人物とは言え、さすが、幕末~明治の人だけに、衣装や身の回り、調度品など、状態良く残っているのに感心する。
嫁入り道具。 奉納の刀。 輿入れの際、薩摩を想い起こすよすがにと、島津斉彬公が篤姫のために誂えた風景画。 香道や貝合わせの道具に見る、呆れるほど精緻な細工などなど。
初めて目にした「錦の御旗」には感涙。
斉彬公や篤姫ら、大河ドラマに登場する人々の書簡も多く、興味深かった。 いえ、当時の草書なんてまるで読めないんですけれどね。

一体、こういう企画展では、その人の持つ薀蓄の差で、どれほど楽しめるかに大きな差が出るわけで、本展では自分の書見力の無さが切ないばかりであった。
でも、篤姫その人の署名が、「敬子」あるいは「あつ」などと記されているのを見つけて、ちょっと感激しましたね。
それにしても、文面ばかりか筆致からも、当人の人となりが後世に伝わってゆく。 書とは奥深くも、コワイものですな。
  

|

« 東京タワー | Main | 鈴本ひなまつり寄席 »

Comments

おお、良い休日でしたね!

>春一番が吹き荒れる中
風スゴイですよね。
寒いです。

>こういう企画展では、その人の持つ薀蓄の差で、どれほど楽しめるかに大きな差が出るわけで、
そうなんです。
文化を楽しめるかどうかは普段の心がけ、というか教養が決め手ですよね。

>本展では自分の書見力の無さが切ないばかりであった。
これはレベルが高すぎでしょう・・・(汗
でも読めれば楽しいでしょうね。

>錦の御旗」には感涙。
なんだか見てみたいですね。

Posted by: 晴薫 | February 24, 2008 at 10:46 PM

>晴薫さん

>風スゴイですよね。

行きも帰りも総武線に遅れが出てしまって、その分ホームで寒風に吹かれました。(^^ゞ

>文化を楽しめるかどうかは普段の心がけ、というか
>教養が決め手ですよね。

大概の書簡には、現代語訳のパネルが付いていたんですけれど、やっぱりホンモノから直に読み取って、当時の人の思いを感じてみたかったです。(^^ゞ

なにしろ150年ほど前の文章が、もう(?!)学者や好事家でもなければ読めなくなっているわけで、漢字文化とはいっても実にモロいものだと想います。
それにしても、昔の人の達筆なこと! どうしても我が悪筆と比べてしまいます。orz(笑)

Posted by: もとよし | February 24, 2008 at 11:56 PM

こんにちは!
 わたしも、週末は東京にいたのです。あの突風にはびっくりでした。夕方帰りの羽田空港まで行くのにいつmぽの倍の2時間近くかかってしまいました。乗り遅れなくてよかった。
篤姫展見たかったなあ。読めない書簡も。昔の人は確かに今の人には真似できない達筆家?ばかりですね。
もとよしさんの記事で我慢します(笑)

Posted by: みい | February 25, 2008 at 03:14 PM

一部誤字?失礼しました。

Posted by: みい | February 25, 2008 at 03:16 PM

>みいさん

あの日は、強風でそこら中の自転車や看板が倒れてました。
その中を飛行機が飛んでたんですすね。 なんかスゴイです。(^^;

篤姫の当時は、毛筆がちゃんと扱えないと生きてゆけそうもないですね。
毛筆どころか、鉛筆の扱いからしてアヤシイ私としては、ワープロ、パソコンの恩恵に預かり切っちゃっています。(^^ゞ

Posted by: もとよし | February 25, 2008 at 07:47 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/40247127

Listed below are links to weblogs that reference 天璋院篤姫展:

« 東京タワー | Main | 鈴本ひなまつり寄席 »