« 御慶 | Main | シムソンズ »

January 06, 2008

のだめカンタービレ 新春SP欧州

 
 のだめカンタービレ 新春スペシャル in ヨーロッパ
 
 
2006年にフジテレビで放送した、同名のコミックを原作とするテレビドラマの続編。 正月特番として、1月4日~5日に掛けて放送された。

のだめ役・上野樹里と千秋役・玉木宏をはじめ、その他の主要メンバーも健在で、一昨年の放送と同様、とっても面白かったです。

二回に分けられた新春スペシャルの第一夜は千秋の挑戦編。
渡欧して、まず手始めに指揮者コンクールに挑戦する千秋。 今回の千秋は、日本に居た頃、時に自暴自棄となっていたのに比べて、とにかく溌剌としてカッコイイ。 念願叶ってヨーロッパの地に来た喜び、高揚感が伝わってくる。 指揮ぶりも上手になったね。 コンクールのシーンでは、他のコンクール参加者や、オケとの確執などを描いて面白い。 が、その最中に彼らしくもない挫折を体験する。
リハーサルでオケに無茶な要求を押し通し、一旦はオケを敵に廻してしまう千秋。 この辺の演出には、一昨年のシリーズで造り上げた千秋像、そのオレ様ぶりの設定が上手く活かされている。 そこからの巻き返しの過程が省略されていて、これではちょっと簡単に勝ち過ぎの感もあるけれど、尺の中に収めねばならない関係もあるだろうし、まあ仕方ないか。

第二夜はのだめの挑戦編。
なんとまあ、名高いパリのコンセルヴァトワールに入学してしまったのだめ。 (建物や、その内部など、あれは実物なんでしょうか?) 変態パワーを発揮して、超短期間でフランス語を習得するも、今度はアナリーゼの授業で周囲のレベルの高さにまるで付いてゆけない。 留学生活の早々に味わう挫折。
音楽家が、自分の楽器を演奏すること以外の音楽諸々については意外に弱く、例えば市井の音楽ファンの方が余程詳しい、なんていうのは往々にしてあり得ることですが。
自身を失ったのだめは、演奏の方もダメになってしまうけれど、やがて本来の自分を取り戻すことで立ち直る。 例によってギャグとシリアスを交えた、この挫折から立ち直りへの過程は、今回のスペシャル編中で最も面白かった。 音楽ドラマとして楽しめたと言う点では、一昨年の放送で最も高水準と想った、モーツァルトの二台ピアノのエピソード以来、出色の出来と想う。
 
私は原作を読んでいないけれど、もしもこの先のストーリーがあるのなら、年に一度くらいのペースで好いから、その後ののだめや千秋の活躍ぶりも見せてもらえればと想う。
 

|

« 御慶 | Main | シムソンズ »

Comments

特に1夜目が良かったですよね。
2夜目は、俺が仕事で疲れた状態で観たからでしょうか?

原作は欧州編になってから読まなくなってしまいました。
今回のテレビ版は、日本の仲間とのシーンをより多くしていて、楽しい雰囲気で良かったです。

>年に一度くらいのペースで好いから、その後ののだめや
コレ、イイですよね。
でも原作もいつまで続くんだろう?

華やかな舞台の裏には、戦いがあるんでしょうね。
憧れるのは簡単でも、生き残るのは、大変なんだろうなぁ。

Posted by: 晴薫 | January 06, 2008 at 06:52 PM

もとよしさん~私も2日連続すごく楽しんで見てましたー!
1夜目は千秋メインのお話で、2夜目はのだめに重きを置いた内容でしたね♪

私も年に一回放送!に一票☆
強力希望です!!

Posted by: latifa | January 06, 2008 at 10:36 PM

わたしも見ましたよ。二夜連続で、面白かったです!
クラシックってやはりいいな、と改めて思いました。
原作も一昨年の放送も見てなかったのでがすが。原作ってまだまだ続いているの?

だったら、放送してほしいなあ。

Posted by: みい | January 06, 2008 at 11:22 PM

>晴薫さん

華やかな世界の桧舞台に躍り出た千秋、留学して苦戦するのだめや清良ら、晴れてオケマンとなった真澄ちゃんら。 その一方で、プロの音楽家になるのを諦めねばならない、Sオケ時代の仲間もいるわけすね。 一見楽天的なドラマ造りのようでいて、その辺の明暗をキッチリつけているのはサスガと想います。

Posted by: もとよし | January 07, 2008 at 01:43 AM

>latifaさん

ご覧になってましたか。(^ァ^)
千秋編、のだめ編と、各話毎にメインとなる人物を替えていて、その分わかり易かったですね。
今回はシュトレーゼマン、エリーゼの他にも、アヤシイ外国人が無闇矢鱈と増えていて可笑しかったです。 すっかりテレビ版のだめの世界が出来上がっていますね。

Posted by: もとよし | January 07, 2008 at 01:44 AM

>みいさん

新春スペシャル、オモシロカッタですね。(^ァ^)
指揮者コンクールなど、本選に残るレベルの人たち(日本人とフランス人)は流石に誰も魅力的ですね。 三人の指揮対決、もっと見たかったなあ。
のだめと千秋の仲も徐々に進展・・・・・と言うか、千秋が変態の森に引き込まれていって(笑)、この先が気になりますね。

Posted by: もとよし | January 07, 2008 at 01:48 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/17598516

Listed below are links to weblogs that reference のだめカンタービレ 新春SP欧州:

« 御慶 | Main | シムソンズ »