« 立川流一門会 | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »

November 28, 2007

疼痛

 
小学生の頃、遠距離を徒歩で通学していたお陰かどうか、足だけは割合に丈夫に出来ている。 そのせいか、それとも元もとの体質なのか判らないけれど、私の踵の皮は、ことのほかぶ厚く出来ている。
で、おそらくはそれが原因と想うけれど、高校生の頃から、毎年冬になると踵のヒビワレに悩まされている。 空気が乾燥してくると、踵の皮が、ちょうど松の内過ぎた鏡餅のように、ぱっくりと大きく割れるのだ。 かなりグロテスクで、人に見せると気持ちワルがられる。(みせびらかすな)

人間歩くときは、まず踵から着地するものなのだと、毎年この時期になると認識させられる。
一歩一歩、歩を進める度に、傷口のある踵が地面に触れて痛むのだ。 テクテクと歩けばチクチクと痛む、というわけ。 で、踵を庇って爪先立ち気味に歩こうとするから、今度は普段使わないようなところの筋肉が痛み出す始末である。

今年もやってきました。 その辛い季節が。
早くも数日前から踵にヒビワレが出来ていて、通勤に支障を来たしている。 なにより、休日の散歩が楽しめなくなった。
パックリと割れた踵の患部には、昔からいろいろと試してみて、タイガーバームを塗るのが一番具合がヨロシイようで。

それにしても、靴を履いているから好いようなものの、この体質は、草履やワラジ、あるいは裸足で暮らしていた時代であったならば、地面からばい菌を取り込みやすい、致命的なものだったのではないだろうか? ありがたい時代に生まれてきたモンだ。

聴けば、姪っ子も同じ悩みの持ち主なのだそうで、この体質は遺伝と言うこともあるのかもしれない。
 

|

« 立川流一門会 | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »

Comments

あら~なんだか痛そうですね。
寝るときにたっぷり保護クリーム塗って、踵を保護する靴下をはいて寝たらいいのでは。
乾燥するとひどくなるみたいですね。
これから寒くて乾燥する季節です。くれぐれもお大事に。

Posted by: みい | November 29, 2007 at 05:28 PM

これは辛いですね。
体調は少しでも悪いだけで嫌なものです。

>ばい菌を取り込みやすい、致命的なものだったのでは>ないだろうか? ありがたい時代に
抗生剤もなかったしね。
俺も今の時代じゃなかったら、もう何回か死んでいたと思います。

>タイガーバームを塗るのが一番具合がヨロシイ
こういう案外古いクスリが一番効くんだよね。

Posted by: 晴薫 | November 29, 2007 at 08:44 PM

>みいさん

ありがとうございます。
毎年恒例のお悩みです。(^^;
仰る通り、乾燥するほどヒビワレやすくなるようですね。
潤いが欲しいっす。orz
あ、靴下履きで床に着くのはイイかも知れませんね。
今夜からじゃってみます。

Posted by: もとよし | November 29, 2007 at 09:33 PM

松の内過ぎた鏡餅ってそれはメチャクチャ痛そうですねぇ。でも分厚い踵で丈夫なのに逆にひび割れしてしまうとは・・・

お大事にしてください。

Posted by: ともやん | November 29, 2007 at 11:11 PM

私はしもやけ派なのですが、もとよしさんのようなあかぎれ系(?)も辛いですね。気になりだすともういても立ってもいられない状態になって・・・。

でも、踵がぱっくり割れるなんてのは初めて聞きました。

Posted by: バルカローレ | November 29, 2007 at 11:28 PM

>晴薫さん

踵のヒビワレってのは、患部が地べたに近接していますから、改めて考えて見ると、随分怖いハナシですね。
今でこそ、ワクチン等のお陰で心配いりませんけれど、これが昔ならば、とっくに破傷風にでも罹っていたでしょうか。(^^;

>>タイガーバームを塗るのが一番具合がヨロシイ
>こういう案外古いクスリが一番効くんだよね。

タイガーバーム。 風呂上りにつけて、とっても重宝してます。 ちょっと凍みることもありますけど。 本来は、傷口に塗るものじゃあないのかもしれませんね。(^^;
でも、これをつけると、傷口のふさがりが早いようです。

Posted by: もとよし | November 30, 2007 at 07:24 PM

>ともやんさん

おいでませ、問はず語りへ。(^ァ^)

ありがとうございます。
踵というのは本来とっても丈夫に出来ているわけですけれど、体重が架かる分、一旦傷口が開くと、ことのほか直りが遅いみたいです。 こうなると春が待ち遠しくなります。(^^;
その他、手の指先の皮や爪も、弱っちくて荒れやすいのです。 私の場合、身体の末端部分が、余程柔弱に出来ているのかもれませんねえ。

Posted by: もとよし | November 30, 2007 at 07:26 PM

>バルカローレさん

こういうことは、日頃のケアが大事なんでしょうけれど。 私の場合、踵の状態なんて、普段はまったく気にしないもんで。(^^;
傷口が開いてしまってから、ようやく気がつくと言う次第です。 こうなると、もう手遅れ。 爪先立ちにのようにして歩く日々です。orz
しもやけも大変ですね。 ご自愛ください。

Posted by: もとよし | November 30, 2007 at 07:28 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/17218827

Listed below are links to weblogs that reference 疼痛:

« 立川流一門会 | Main | ALWAYS 三丁目の夕日 »