« ナゼネコノテニナレナイノカ? | Main | ミリオンダラー・ベイビー »

October 21, 2007

善き人のためのソナタ

 
 
  善き人のためのソナタ
  DAS LEBEN DER ANDEREN
  THE LIVES OF OTHERS

 
    監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
    出演:ウルリッヒ・ミューエ

       2006年 独国


「ベルリンの壁」崩壊前夜の東ベルリンを描いたドイツ映画。
この邦題は素晴らしいと想う。

人気劇作家のドライマンは表向き、東独の体制に迎合しているかに振舞っているが、密かに芸術家仲間と反政府的な意見を語り合っていた。 その彼が、国家保安省からマークされ、自宅に盗聴器を仕掛けられる。
これは実は、劇作家の妻に横恋慕する悪徳大臣の差し金であった。 劇作家が反政府的な思想の持ち主との証拠を掴むことが出来れば、有無を言わさず彼を処断してしまえるからである。

盗聴者は、東独と言う国家に疑いを持つことを知らぬ、叩き上げの国家保安省局員、ヴィースラー。 孤独な中年男。 コードネームはHGW。
コチコチの愛国者であるHGWは、しかし、劇作家の部屋を盗聴するうちに、彼の交友関係(自由な思想を持つ芸術家ら)、文学、そして音楽について知ることとなる。

諜報活動を描くものの、普通のスパイ・アクション映画などとは違い、ここでは撃ち合いも、格闘も、逃走や追跡さえもない。 映画全編を貫く、寒色系の映像の中で、ベテラン盗聴者の己が信念に対する惑いを淡々と描いてゆく。

HGWを演じるウルリッヒ・ミューエが素晴らしい。
普通ならば、自由を語る劇作家のドライマンの方に惹かれそうなものだけれど、この映画ではむしろ、密室で独り盗聴器に取り付き、芸術家の生活に耳を傾け続けるHGWが、ついに国家に背き、善き人としての路を選ぶ姿の方に共感してしまうのである。
彼の、劇作家やその妻に寄せる想いと、無償の好意。 東独と言う国家の揺らぎと、その中で翻弄される人々。 劇作家とHGWとの奇妙な絆。

地味な映画だけれど、機会があれば、今一度、真剣に対峙してみたい作品である。
映画のラスト、HGWの一言が心に沁み入った。
 
 

|

« ナゼネコノテニナレナイノカ? | Main | ミリオンダラー・ベイビー »

Comments

これは良さそうな映画ですね。
今、録画が貯まりまくっているのでいつになるか分かりませんが、憶えておきます。

うん、国家。
普段意識しないけど、普通の人には怖いもんなんだよね。
ホントはさ。
今の日本じゃあまり実感わかないけど・・・
今の日本のでも国に苦しめられている人一杯いると思います。

Posted by: 晴薫 | October 22, 2007 at 09:04 PM

もとよしさんの「邦題がすばらしい」に同感。ほんと、いい題ですね。DVDで出てるのかな。最近、これ、と思うような見たい映画がなくてレンタル屋さんからも足が遠のいています。ドイツ映画は好きなので私も今度探してみようかな。

Posted by: 屁爆弾 | October 23, 2007 at 04:44 PM

>晴薫さん

いつどこで盗聴されているか知れず、そして一旦反政府主義者の烙印を押されたら一巻のお終いという、当時の東独。
殊更ドラマチックに盛り上げるでもなく、淡々と描くことで、20年程前のベルリンに住まうことの緊張感が伝わって来ます。
主演のウルリッヒ・ミューエも、やはりあの時代を生き抜いて来た人なんだそうで。
とっても地味な映画なんですけれど、看過するわけにはゆかない、そんな気にさせられる作品でした。
機会がありましたら、ご覧になってみて下さい。(^ァ^)

Posted by: もとよし | October 23, 2007 at 06:51 PM

>屁爆弾さん

この映画、DVD化されているみたいですね。
目出度くアカデミー賞(外国語映画)を受賞したそうですし、そのうちにレンタルにも出て来ないかな。

「善き人のためのソナタ」は、劇中に登場するピアノ曲の標題ですけれど、それを映画の題名に持って来たのは、見事なセンスですよね。 もしもこれが「他者の生活」とか、ズバリ「盗聴者」とか言った題名になっていたら、私も観ることはなかったと想います。(笑)

Posted by: もとよし | October 23, 2007 at 10:03 PM

いいお話でしたね。
無表情で感情を持たない主人公が少しずつですけど、人間の情のようなものが通ってくるところが上手く描かれていたと思います。

ただ、あのピアノ曲をもっと使って欲しかったという思いはあります(^^;)

Posted by: バルカローレ | October 24, 2007 at 11:42 PM

>バルカローレさん

ご覧になってましたか。(^ァ^)

>ただ、あのピアノ曲をもっと使って欲しかったという思いは
>あります(^^;)

そうなんですよね。 劇作家の演奏で、ちょろっとだけ聴かせてくれました。(^^;
ガブリエル・ヤレドの作曲の映画のためのオリジナルなのだそうで。 ソナタと言うから、てっきり古典派風の曲をイメージしていたんですけれど、モダンな曲でしたね。

Posted by: もとよし | October 25, 2007 at 12:47 PM

TBありがとう。

>映画全編を貫く、寒色系の映像の中で、

装ですね。色調がとても印象に残る作品でした。

Posted by: kimion20002000 | October 27, 2007 at 01:14 AM

>kimion20002000さん

>色調がとても印象に残る作品でした。

時代背景を象徴するような、暗い色使いだったかと想います。
往時の東ベルリンで暮らしてゆくことの緊迫感や、既にどん詰まりの東独と言う国へと、想いを馳せさせられますね。

Posted by: もとよし | October 28, 2007 at 01:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/16834626

Listed below are links to weblogs that reference 善き人のためのソナタ:

» mini review 07075「善き人のためのソナタ」★★★★★★★★☆☆ [サーカスな日々]
解説: ベルリンの壁崩壊直前の東ドイツを舞台に、強固な共産主義体制の中枢を担っていたシュタージの実態を暴き、彼らに翻ろうされた芸術家たちの苦悩を浮き彫りにした話題作。監督フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルクが歴史学者や目撃者への取材を経て作品を完成。アカデミー賞外国語映画賞ドイツ代表作品としても注目を集めている。恐るべき真実を見つめた歴史ドラマとして、珠玉のヒューマンストーリーとして楽しめる。 [ もっと詳しく ] (シネマトゥデイ) 原題 DAS LEBEN DER AND... [Read More]

Tracked on October 25, 2007 at 08:21 PM

« ナゼネコノテニナレナイノカ? | Main | ミリオンダラー・ベイビー »