« September 2007 | Main | November 2007 »

October 28, 2007

ミリオンダラー・ベイビー

 
  ミリオンダラー・ベイビー
  Million Dollar Baby
 
    監督:クリント・イーストウッド
    出演:クリント・イーストウッド
        ヒラリー・スワンク
        モーガン・フリーマン
 
           2004年 米国
 
 
クリント・イーストウッドの監督、主演で、女子ボクシングの世界を描いた映画。

落ちぶれた老トレーナーと、未だ無名のボクサーが出会い、トレーナーの老練さと、ボクサーの負けん気を武器に、勝ち進んでゆくと言う、ボクシング映画として好くありそうなシンデレラ・ストーリー。 その女子版。

老トレーナー役にクリント・イーストウッド。 そんな彼のことを、誰よりも好く理解する旧友の元ボクサー役にモーガン・フリーマン。 そして、30代と遅咲きだが、ボクシングに全てを捧げる一途なボクサー役に、ヒラリー・スワンク。

※トレーナーのフランキーに弟子入り志願するマギーは既に30代。 「女には教えない」、「今からでは遅すぎる」、「ボクシングはタフなだけじゃダメだ」と、すげなく断るフランクだが、マギーの覚悟は生半なものではなかった。 ようやく弟子入りを許可されたマギーは滅法強く、各地の試合で連勝街道を突っ走る・・・・

これが前半。 もしもここで終わっていたなら、この映画は女ロッキーになり得たろう。 それが、後半に至って驚天動地の展開を見せる。 いや、ホントにびっくりしました。 三人の演技が素晴らしくて、見終わってしばらくの間、シーンや台詞を心中で反芻してしまった。 そして、様々なプロットが絡み合って、因果関係を形造っている脚本も見事。
 
 
※以下はQ&A風に

面白かった?:とても面白うございました。

オススメ?:前半の痛快さに比べて、後半はおっそろしくへヴィーなので、誰にでも是非、とは言いません。

印象に残ったシーンは?:沢山ありますよ。
1.マギーの弟子入りを断った時、泣き出されるんじゃないかとうろたえたフランキー。
2.夜遅く、ボクシング・ジム帰りのバスの中でパン(?)を齧るマギー。 未来への希望に満ちて、充実した時間。
3.フランクから海外遠征の話しを告げられ、狂喜乱舞するマギー。
4.フランキーと盟友スクラップの友情。
5.マギー「ヒ・ゲ・の・ば・す・の?」
6.レモンパイ。

また、見たい?:また見るかもしれません。 でも、見るにはそれなりの覚悟が要ると想うので、機会は限られて来るでしょうね。

見終わって、どう?:とても好い映画を見たと言う充実感と共に、心の中に、なにか澱みたいなものが溜まっているのを感じます。

問題作と言える?:問題だけれど、なかなか答えが出せない類ですな、これは。

で、好い映画だった?:それはもう、間違いなく。
 
 

| | Comments (8) | TrackBack (1)

October 21, 2007

善き人のためのソナタ

 
 
  善き人のためのソナタ
  DAS LEBEN DER ANDEREN
  THE LIVES OF OTHERS

 
    監督:フロリアン・ヘンケル・フォン・ドナースマルク
    出演:ウルリッヒ・ミューエ

       2006年 独国


「ベルリンの壁」崩壊前夜の東ベルリンを描いたドイツ映画。
この邦題は素晴らしいと想う。

人気劇作家のドライマンは表向き、東独の体制に迎合しているかに振舞っているが、密かに芸術家仲間と反政府的な意見を語り合っていた。 その彼が、国家保安省からマークされ、自宅に盗聴器を仕掛けられる。
これは実は、劇作家の妻に横恋慕する悪徳大臣の差し金であった。 劇作家が反政府的な思想の持ち主との証拠を掴むことが出来れば、有無を言わさず彼を処断してしまえるからである。

盗聴者は、東独と言う国家に疑いを持つことを知らぬ、叩き上げの国家保安省局員、ヴィースラー。 孤独な中年男。 コードネームはHGW。
コチコチの愛国者であるHGWは、しかし、劇作家の部屋を盗聴するうちに、彼の交友関係(自由な思想を持つ芸術家ら)、文学、そして音楽について知ることとなる。

諜報活動を描くものの、普通のスパイ・アクション映画などとは違い、ここでは撃ち合いも、格闘も、逃走や追跡さえもない。 映画全編を貫く、寒色系の映像の中で、ベテラン盗聴者の己が信念に対する惑いを淡々と描いてゆく。

HGWを演じるウルリッヒ・ミューエが素晴らしい。
普通ならば、自由を語る劇作家のドライマンの方に惹かれそうなものだけれど、この映画ではむしろ、密室で独り盗聴器に取り付き、芸術家の生活に耳を傾け続けるHGWが、ついに国家に背き、善き人としての路を選ぶ姿の方に共感してしまうのである。
彼の、劇作家やその妻に寄せる想いと、無償の好意。 東独と言う国家の揺らぎと、その中で翻弄される人々。 劇作家とHGWとの奇妙な絆。

地味な映画だけれど、機会があれば、今一度、真剣に対峙してみたい作品である。
映画のラスト、HGWの一言が心に沁み入った。
 
 

| | Comments (8) | TrackBack (1)

October 16, 2007

ナゼネコノテニナレナイノカ?

週末に職場の引越しがあって、先週の金曜日からこっち、その準備と後始末に、掛かり切りになっていた。
荷物の梱包。 これでもかってくらい、沢山ある椅子に机、ロッカーの数々。 ホントにこんなに必要なのか?と問いたくなる、紙の資料の山を箱積め。
PC中にデータから重要なものを選別してバックアップ。 それから大量にあるPC本体(すなわち壊れ物)や、それをつなぐケーブル、ハブの類も梱包。 怒涛のように動き回って、いやあ、疲れちゃいました。

で、土曜日はなんとか休ましてもらいました。 けれど日中、職場からPC絡みで問い合わせの電話が来て、上手く答えられなくってヒヤヒヤ。

さて、一通り引越しの準備の終わった職場に、引越し業者さんが入ったのが日曜日の早朝。
引っ越すからと言って、その間止めるわけにはゆかないサーバーの面倒を見るために、私も出社する羽目になった。
フロアを埋め尽くしていた荷物の山が、引越し屋のお兄さん達の手によって、数時間の内に姿を消し、続々と移転先に送り込まれてゆく、その鮮やかなお手並みは、お見事としか言いようがない。
その後、サーバーが無事なのを確かめて、それから、雑用の数々につき合わされ・・・・・嗚呼、また、草臥れちまいましたぜ。

翌月曜日。 サーバー、ちゃんと動いてくれますように。
この日は移転先のビル内で終日、梱包した資材を解く作業、それとPCの再セットに費やす・・・・・目論見でいたら、突発で他の仕事が入ってくれるし。 ふぅ。

そして今日、火曜日に至っても、未だ全然落ち着く気配のないない我が職場なのであります。

それにしても今回、引越しとか大掃除といった、それこそ猫の手も借りたいような、そこいら中大忙し系のイベントにあって、私はまるで役に立たない奴なんである、というのをツクヅク思い知った次第。 
ホント、効率的にテキパキ動くのがニガ手、と言うより、気働きが利かないんだよね。 別にサボろうって気はないだけに、我ながら、ちょっと情けなくなっちまう。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 09, 2007

Spain

 
  スペイン
    ミッチェル・カミロ/トマティート
 
  Spain
    Michel Camilo / Tomatito
 
       Piano:Michel Camilo
       Guitarra Flamenca:Tomatito 
           1999年  米国
 
  1. スペイン・イントロ
  2. スペイン
  3. ベサメ・ムーチョ
  4. わが息子ホセへ
  5. 「あなたに逢いたくて」より愛のテーマ
  6. トロイとサルガンのために
  7. ラ・ヴァシローナ
  8. タンゴのムード

 
すっかり秋めいて来たこの頃。 ちょっと振り返って、この夏一番聴いたCDのことなど書いてみる。

夏の初め頃、地元のタワーで、POPに惹かれて買い求めたのがこの一枚。 こういったジャンルには滅法疎い私としては、ギタリスト、ピアニスト共に未知であって、ほぼ衝動買いに近かったのだけれど、それが、この夏一番のCDになった。 (そう言えば、去年の夏は、こんなCDを聴いていたっけ)
 
ギターとピアノ。 この組み合わせって、珍しいだろうか? 昔、ビル・エヴァンスとジム・ホールのレコードをよく聴いた。 でも、こちらはフラメンコ・ギターとジャズ・ピアノのデュオである。 弦を爪弾くギターに、弦をハンマーで叩くピアノ。 どちらも減衰音の楽器同士の、相性と言うことになると、好く判らないのだけれど。

ギターとピアノの名人同士による、丁々発止の掛け合いが、ともかく愉しい。 一曲の中で、ソロとバックがくるくると交代して、それぞれが、メインに出たり、脇に廻ったりする、その切り替えの呼吸がスリリングなんだ。

1曲目は、アランフェス協奏曲のテーマから。
2曲目、「スペイン」はチック・コリアの名曲。 ユニゾンのところなど、バンドでやるときのような、壮麗な盛り上げは見られないものの、どちらもアタックのハッキリした楽器同士によるシンクロぶりは、取り分けスリリング。
3曲目、「ベサメ・ムーチョ」と来て、そこから先はもう、私の知らない曲ばかり。 どれも好い曲、そして演奏だけれど、中でも、6曲目「トロイとサルガンのために」の小粋さに強く惹かれる。

このCD、CDラジカセに入れっぱなしにして、毎晩寝しなに愛聴していた。
緩急自在。 ホント、上手いって好いな。 こんな風に弾けなたら、もう、言うコトないでしょう。
どの演奏も、ホットでクール。 適度な哀愁、ウエットさもあって、夏の夜には、持って来いの一枚だった。
 
  

| | Comments (6) | TrackBack (0)

October 07, 2007

機動戦士ガンダム00

 
 
 機動戦士ガンダム00
   第1話 「ソレスタルビーイング」


TVの秋の新番組。 懐かしや、ガンダムではありませんか。
休みの過ごし方を考えてなかったので、こんなのばかり見ている。

昔のガンダムでは巨大なスペースコロニーが印象的だったけれど、今度のガンダムの作品世界では軌道エレベーターが建造されていて、大規模に運用されているのが面白い。
天空に聳え立つ柱。 こればっかりは、生きてる内に、実用化された姿を見上げてみたいもんだ。

ガンダムそのもののデザインは、昔のやつとあまり違わない。 けれど、主要キャラたちの瞳がやたら大っきいんだよね。 そして、アムロがそうであったような、思春期の男の子的な昏さがない。 こういうのは、ターゲットとする視聴者層を意識してのことと想うけれど、とまれ、昔のガンダムとは隔世の感がありますなあ。
 

| | Comments (2) | TrackBack (2)

October 06, 2007

ULTRASEVEN X

 
 
 ULTRASEVEN X 
   Episode1 DREAM
 
 
開放感ありまくりで、なかなか眠くならない金曜日の夜。 TVでウルトラの新番組が始まったので、しっかりと見てしまった。 なんで、セブンかって言うと、今年はウルトラセブンが放送されて40年目になるから。
今度のウルトラは思いっきり深夜枠(2:25)の放送。 完全にオトナ向きということですな。

舞台になる近未来の東京は、徹底した管理社会という設定で、そのクラ~イ描写は、なんちゃってブレードランナーってところ。 主人公も、ハリソン・フォードを意識してるかのようなイメージ。 格闘シーンは、マトリックスを髣髴とさせる。

ULTRASEVEN Xの造型はなかなか凝っていて、これまでのウルトラヒーローにはないマッチョな体系、そして小顔。 顔つきも精悍に・・・・と言うか、目付き悪いゾ。
それにしても頭部、小っさ過ぎないか。 この容積の中に、どうやってスーツアクターが収まるのやら、心配になっちまう。 ともあれ、40年の間にスーツも、かく進歩したということ。

ウルトラの主人公といや、世を欺く仮の姿として、防衛チームの一員に身をやつすのが常なわけだけれど、今回は、エイリアンを追う秘密組織のエージェントと言う設定。 但し、基地も、制服も、戦闘機もなし。 特撮シーンの街並みは、ミニチュアのセットではなしに、実写と合成しているらしいし、 深夜枠に相応しく(?)、低額予算ウルトラマンって感じ。 それはそれで、面白そう。

役者は、若手を揃えたのは好いけれど、凄んでばっかりで、その割りに緊迫感がない。 第一回を見た限りでは、ウルトラセブンの持っていた一見して明朗な、でも深いドラマ(回によっては、救いのない)とは、方向性を異にしたカタチを目指しているのは確かと想う。
BGMはなんだかメタルっぽくて・・・・あちゃ、こういうのニガ手なんだよな。
 
 

| | Comments (0) | TrackBack (1)

October 04, 2007

ヱヴァ序、ふたたび

またも、見て来ました。 「ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序」

初めて見た折に比べて、新鮮味は薄くなる代わり、二度目ともなると、細部まであちこち見て取ることが出来(=よりアタマに入って)、ヱヴァのように、細かい部分をつつきまくって愉しむことの出来るドラマの場合、より深く楽しめるってことがある。

序について、一回目で見落とし、または勘違いしていた点を書き留めておこうと想う。
・冒頭の海辺のシーンは、旧作のラストシーンを引き継いでいるのか? この後、それを暗示するような描写が続出。
・半ば廃墟と化した都市の中に、使徒との戦いがあったかのような、巨大な人型の白線。 多分、これが第三使徒で、この時点で既に殲滅済みなのかもしれない。 (でも、どうやって?)
・ゲンドウがゼーレに提出した人類補完計画の中間報告が、TV版の第17次から第27次へとカウントアップされている。
・ネルフの地下で磔刑に処せられている巨人の名はリリス。
・月面で目覚めたカヲル君曰く、碇シンジ君は「また、三番目」だって。

なにはともあれ、ヤシマ作戦は何度見ても燃えますな。 今回、CGを多用した細かな描写を、しっかり見ることが出来たと想う。 シンジ君が零号機のエントリープラグのハッチをこじ開けてからの、綾波とのやりとりは、やはり泣かせます。

次回は、ヱヴァ弐号機以降が続々登場する模様。 前作では、5号機以降は全て同じデザイン(スナメリみたいな頭部を持つ)の量産型だったけれど、破の段では、まったく新たな展開になりそう。
アスカ登場編のTV版第八話は、弐号機八艘飛びの名場面があって好きなんだけれど、その辺りはカットされてしまうのだろうか。 ちと、気懸りではあるな。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

October 02, 2007

携帯5文字バトン

また、バトンです。
今回はモモタロスさんから廻って来ました。

☆説明!!☆
回ってきた5文字を携帯の記憶している変換機能で1文字ずつ変換。
その変換候補に出てくる上位5つを惜しげもなくさらす!
そして次に回す人に新たな5文字を指定する。

☆回ってきた5文字

「ひ か る の ご」

☆start☆

◆ひ: 日帰り 一休みする 一晩中 一目ぼれ 久しぶり
◆か: 神戸 関係 河井 () カード
◆る: ルーズ ルックス ルール 涙腺 ルート
◆の: 飲みに行く? 飲み会 乗り越す 飲み歩く 乗り換え
◆ご: 小森 来ない 個人 こんばんは 今夜の予定は?

なんか、モロに人名が入っちゃってますけど。 まいっか。

1)まわしてくれた方の印象をどうぞ
モモタロスさん
 熱い人。 その文体も、スコブル歯切れが好いです。
 イマジンかどうかは未確認。

2)周りから見た自分はどんな人だと思われてますか?5つ述べてください。
保守的 ←新しいもの好きだったりします
無口  ←図に乗り始めるまではね
奥手  ←時々暴走するんですけど
激辛党 ←実は甘いのもイケます
穏健派 ←これで結構、前衛好き

3)自分の好きなタイプを述べて下さい。
ワガママで一途。
>>
ちびのミイ
マレッタ・クレージュ
惣流・アスカ・ラングレー

4)では反対に嫌いなタイプは?
自分と似たようなタイプ、かな。
何故だか、近親憎悪に陥りやすいのですよ。

5)自分が『こうなりたい』と思う理想像とかありますか?
せめて見た目だけでも(!)余裕綽々、
お気楽に世渡りの出来る奴。

6)自分の事を慕ってくれている人に、叫んで下さい。
げこっ

7)バトンタッチ!(5名印象付き)
バトンの趣旨から外れるかも、ですけれど、
「問はず語り」のローカルルールにより、特段ご指名はしません。
興味があれば、何方でも持ってって下さい。

8)タイトルに回す人の名前を入れてビックリさせましょう♪
・・・・・

9)みんなにやってもらう5文字

「こ し ひ か り」


| | Comments (6) | TrackBack (0)

« September 2007 | Main | November 2007 »