« なりたけ | Main | マトリックス »

July 21, 2007

NHK大河 風林火山「両雄死す」

今年のNHK大河ドラマは、井上靖原作の「風林火山」である。 武田信玄に軍師として使えた山本勘助の生涯を、一年掛けて描く。
私はこのドラマを第一回から見続けていて、今のところまだ脱落を免れている。 うん、面白いんだ。 途中の何話かを見逃しているかもしれないけれど。

「風林火山」は昨年の大河、戦国ホームドラマとでも言えそうな「功名が辻」(これはこれで、とても楽しかったけれど)とは対照的。 戦国時代の甲斐信濃を描くに相応しい、ストイックで少うし暗めの演出が好もしい。
また、山本勘助役の内野聖陽以下、武張った諸将のキャスティングも見事と思う。 このクオリティを続けてくれれば、このまま年末の最終回まで付き合っていけそうな気がする。

これは果たしてキチンと狙ってやっているのか、内野聖陽はじめコチコチの硬派な武将らを描くドラマ中に、時折(一話につき一度くらい)ひょうひょうとしたユーモアの漂うシーンが差し挟まれるのが実に面白い。
一方、音楽(千住明)は、メイン・テーマはまことに威勢が好いのだけれど、その他の曲はいささか深みに欠けると想う。

内野聖陽は、例年の大河ドラマの主役に類のなかったワイルドなキャラ。 野性味溢れる風貌に、野太い声音からは、如何にもの戦国武将らしさが横溢する。
武田晴信(後の信玄)役の市川亀治郎の、懐の深さとカリスマ性も特筆すべきところ。
そして晴信の下に集う武田家家臣たちの武張った雰囲気。 中でも最もハマリ役と思えるのが武田の重臣板垣信方役の千葉真一。

先日の放送「両雄死す」では、その「風林火山」も前半のクライマックスを迎えたところ。 武田晴信対村上義清の決戦。 上田原の戦いである。(1548年3月23日)
この戦いで武田晴信は痛恨の敗北を喫し、若き晴信をここまで支えてきた両雄、父とも頼む重臣の板垣信方(千葉真一)と甘利虎泰(竜雷太)を失うのである。

ドラマの中では甘利と板垣の最期の場面が、けだし圧巻であった。 板垣役の千葉真一さんは、このドラマの出演をもって、俳優業を引退されるとのこと。
俳優人生のラストを、主家を案じて無謀な戦いにのぞみ、乱戦のさなか、大立ち回りの末に討ち死にするという、一世一代の壮絶な演技で締めた。 アクション俳優として、本懐ではないだろうか。 子供の頃から千葉さんを見て来た、こちらもまた感無量である。

例年の大河ドラマに共通する設定として、(歴史的評価とは別に)主人公はあくまで「好い人」に徹すると言うのがある。 その点、今回は山本勘助が主人公だからして、信玄の持つダークな部分、外(他国)に対しては苛烈な侵略者として、また内(家中)に対しては時に暴君的に振舞う面をも自由に描ける訳だ。 一方、主人公と言うことで「好い人」属性を振られた勘助は、軍師としてそんな信玄の暴走ぶりに振り回される格好となる。

忠臣板垣信方の最期を見事なクライマックスにして「風林火山」の前半が終わった。 後半は川中島の戦いまで。 これからは上杉謙信が物語の主軸に絡んで来るのであろう。

|

« なりたけ | Main | マトリックス »

Comments

こんばんは。
今年の大河は主人公の負の部分も描いているあたり一味違う感じですね。板垣・甘利の最期は感動しました。

Posted by: スペードのA | July 21, 2007 at 10:33 PM

>スペードのAさん

おいでませ、問はず語りへ!(^ァ^)

板垣、甘利共に、最期のシーンは泣かされました。
次回からは、この二人が見られないと思うと、晴信や勘助ならずとも、寂しい限りです。(/_;)

Posted by: もとよし | July 21, 2007 at 11:46 PM

もとよしさん~こんにちは☆
私もつい1、2ヶ月くらい前まで、見ていたんですが、
あの姫のエピソードが中心になって来てからは、
萎えまして・・・(1ヶ月くらい前から、もう出なくなったんですよね^^聞いたものの、その後もなあななに、なってしまいました)

私も、もとよしさんと同じ感想!
テーマ曲は良いけど、他はあまり印象に残ってないです。
配役は、千葉さんは良い役ですね。
主役の内野さんは、すごく格好いいです(このドラマ以外の、普段の時の白っぽい内野さんは、べつに~なんだけど)

Posted by: latifa | July 23, 2007 at 10:20 AM

>latifaさん

由布姫。 今だにチラッと顔を出しはするものの、登場シーンは大分少なくなりました。 四郎(後の勝頼)が生まれて姫と、その周囲が安定したってこともあるのでしょう。


>白っぽい内野さん

白っぽいって(笑)、現代劇に出たりする時でしょうか?
ところで私は内野さんを、勘助役の時以外見た覚えがありません。 聴く処に寄れば、昔、NHKの「ふたりっこ」に出てらしたそうですね。 どんな印象だったか、ぜ~んぜん記憶にないんですけれど。orz

Posted by: もとよし | July 23, 2007 at 08:06 PM

もとよしさん、そうなんですよ。普通の現代劇とかドラマとかに出ていらっしゃったんです。
今、ぱっと思い出せるのでは、ミセスシンデレラってドラマでは主役やってました。あと、「ハル」って映画にも昔出てました。なんか、こう・・・白っぽいんですよ(爆)
ふたりっこは、未見でした^^

Posted by: latifa | July 24, 2007 at 10:40 AM

>latifaさん

内野さん。 NHKの朝連ドラマ「ふたりっこ」では将棋士の役だったそうです。(今調べた(^^;) やっぱり覚えてませんけど。orz
でも、軍師と将棋指しで、どこか相通じる気もしますね。
勘助があんまりハマリ役なんで、内野さんが現代人に戻ったところって、想像し難いです。(^^;

Posted by: もとよし | July 25, 2007 at 06:38 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/15828251

Listed below are links to weblogs that reference NHK大河 風林火山「両雄死す」:

» 風林火山〜第28話・板垣信方 [一言居士!スペードのAの放埓手記]
風林火山ですが、板垣信方(千葉真一)と甘利虎泰(竜雷太)の武田二十四将双璧ともいえる二人が討ち死にしてしまいます。宿敵・村上義清との上田原の戦いということで合戦シーンも多いですが、武田晴信(市川亀治郎)も鬼気迫る熱演だったと思います。(風林火山、第28話・両雄死すの感想、以下に続きます)... [Read More]

Tracked on July 21, 2007 at 04:36 PM

» NHK大河ドラマ「風林火山 両雄の死」再放送 [長野から2010バンクーバーへ]
先週合宿で前半しか見れなかった風林火山の 再放送「両雄の死」を見た。 やっぱ千葉真一の板垣は、気合の入った殺陣で 散っていきましたが、死に様がカッコ良かったです。 でも、ハードな立ち回りに 若い頃と違って息切れしたので酸素ボンベを吸入したとかで アクションスター引退を決め、千葉真一を葬るとか 上田原には板垣信方のお墓があるのだが 長門牧場にも千葉真一の終焉の地って 碑でも立てたらどうだろうか{/panda_2/}・・・・ってくらい ドラマも盛り上がってましたね。 竜雷太の... [Read More]

Tracked on July 22, 2007 at 03:04 PM

» 風林火山は名作になる!!&関が原に夢抱く [ひとこと日記]
久々にキマシタネ~~これ!!! なんていっても武田軍のキャストがハンパないです。 [Read More]

Tracked on July 28, 2007 at 05:54 PM

« なりたけ | Main | マトリックス »