« June 2007 | Main | August 2007 »

July 28, 2007

固いおとうふ

 
 
 固いおとうふ
 
   中島らも著
 
    1987年~1997年 双葉社
 
 
中島らもがあちこちの雑誌に書いた軽いエッセイを一冊にまとめたもの。
執筆時期的に、飲酒中のものと断酒中のものとに大きく区別出来るものの、統一したテーマと言えるものはこれといってなく、また、「今夜、すべてのバーで」でみせたような怜悧な切れ味は、ひとまず治められている。

ところで、時々差し挟まれるこの人のギャグのことを、私はちっとも面白いと思わない。 それよりもむしろ、なにげない独白の中に余程傑作で、また好いものがあると思う。(本当はそれも計算ずくやっていて、ちっともなにげなくないのかも、だけれど)

読んでいて感じたのは、この人はつくづくエエカッコしだな、ということ。 文章から、作者のどこか他人とは違う、普通じゃあない自分を見せつけたいという抑え切れぬ衝動が伝わって来るのだ。
それが好い方に働く場合があれば、上手くいかないない場合もある。 だがしかし、生憎と後者の目が出たとしても、こちらは、しょうがねえなあ、って感じでお終いまで付き合ってしまう。 中島作品にはそんなところがある。
おっそろしく人を食った、底の知れない面があるかと思えば、また、コワイくらいに素直で真摯な面をも併せ持っている。 おそらくはそれを保つために、中島はあんな生き方を選んだのか、などとと考えさせられるのだ。
  
 
 ・・・・・・
 
「らもさん、これうまいですよ、豚キムチ!」
「はあ、豚キムチですか」
「豚肉とキムチをザッと炒めたやつでね、これが酒にもご飯にも、よう合うんですわ」
「いただきます」
 破戒僧が殺生戒も畏れずすすめてくれた豚キムチは、ほんとうにうまかった。 そいつを肴に一杯二杯と飲むうちに、さっきまで自分ひとりで緊張していたのがふんわりとほぐれていった。
僕の横では、死刑廃止運動のTさんが熱心に僕をオルグしている。 生返事をしていると、そこへスナックのママさんが割り込んで来て話がわけわからなくなってきた。
 ふと自分の右側を見ると、二十前後の、かしこそうな顔の女の子が僕の袖をつかんで、つんつん、と引いている。
「なに。 どうしたの?」
「あのな。 なんでそんな自由そうにしてられるの」
「え。 なんでござりますかいな」
「なんにも執着がないみたいで、自由そうでうらやましいねん。 なんでそうなるの」
「それはたぶん、自分のことがあんまり好きでないからやろうね」
「自分のこと、好きとちがうの」
「うん。 そやから、自分を可哀そうに思ったり、大事にしてあげたりせえへんから」
「ふうん。 それって、気の毒やね」
「そうかもしらんけど、その”気の毒”やとも思わへんねん」
 いま考えても不思議なのだが、この女の子はいきなり横にきて、いきなり僕の心の敷居をまたいではいってきた。 普通、ノックくらいはするものなのだが。
 
 ・・・・・・
 
 
上記は然るお寺で講演を持った後の、レセプションのエピソードからの抜粋である。 あからさまに人を食ったギャグよりも、中島のこうした、心情を吐露しているのかエエカッコしか、判然としないビミョーな辺りが面白いと思う。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

July 23, 2007

マトリックス

 
 
 マトリックス
 THE MATRIX

  監督:アンディ・ウォシャウスキー、
      ラリー・ウォシャウスキー
  出演:キアヌ・リーヴス、
      ローレンス・フィッシュバーン、
      キャリー=アン・モス

        1999年 米国


子供の頃など、いろいろと妙ちきりんな空想に耽ったりしたものである。
例えば、今自分がいるこの世界は、何処かよその世界で眠っている、誰かの夢の中の出来事に過ぎないんじゃあないかって想った。 だから、次の瞬間、ぱっと眼が覚めると、別の世界の人として覚醒した自分がいたりする、なんて・・・・・かなりヘンな子供だったかもしれない。

数年前に大ヒットしたこの映画を、今頃になって始めて見てみたら、似たようなことを考える人が、やっぱりいるモンだと知ってビックリしたり、納得してみたり。

この映画では、久々にSFらしいSFを堪能した気がする。 その世界観を提示されて、胸がトキメクのをおぼえたもの。 電脳空間と言うものを、ここまでリアルに構築し、見るものに待ったなしで叩きつけてくる映画ははじめて見た。 こんなならば、もっと早く見ときゃ好かったな。
ネオがカプセルの中で覚醒したシーンなど、背筋がゾクゾクと総毛立ったモンね。 こういうのは、ブレードランナー以来の興奮だ。

どうにも気が滅入ってしまいそうな、なんともキツイ世界観なんだけれど、悲劇的な終わり方にはしないでくれるのもブレードランナーと同様。 そのお陰で、見終わった後、随分救われた気がする。
香港から世界一流のワイヤーアクション、殺陣のチームを招いたと言うだけあって、アクションでも思いっきり魅せます。 空を飛び、壁を歩き、銃弾をかいくぐり、更には本格手なカンフー・アクションまで。
現実世界からマトリックスにやって来た彼らだから、常人離れした、物理法則無視の動きが出来るんだね。 ラストに至って、覚醒したネオなど、無敵フラグが立ってしまうし。

それから映像美。 退廃的かつ妖しげなサイバー・パンクの世界。 惚れ惚れするような、スタイリッシュなカットが随所に差し挟まれて、実にカッコ好いです。
大ヒットのワケは、ハードSFとして評価されたと言うよりも、むしろこの辺がウケたのかもしれない。
音楽の方は、あまり印象に残らない。 いまひとつ凡庸かな。
極めて斬新で複雑な設定の割に、ストーリーそのものはスッキリしていて、実に上手くバランスが取れている。

極めて上質のハードSFとして、息継ぐ間もないアクションとして、刺激的でスタイリッシュな映像として、これは滅多に出て来ない傑作と想う。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 21, 2007

NHK大河 風林火山「両雄死す」

今年のNHK大河ドラマは、井上靖原作の「風林火山」である。 武田信玄に軍師として使えた山本勘助の生涯を、一年掛けて描く。
私はこのドラマを第一回から見続けていて、今のところまだ脱落を免れている。 うん、面白いんだ。 途中の何話かを見逃しているかもしれないけれど。

「風林火山」は昨年の大河、戦国ホームドラマとでも言えそうな「功名が辻」(これはこれで、とても楽しかったけれど)とは対照的。 戦国時代の甲斐信濃を描くに相応しい、ストイックで少うし暗めの演出が好もしい。
また、山本勘助役の内野聖陽以下、武張った諸将のキャスティングも見事と思う。 このクオリティを続けてくれれば、このまま年末の最終回まで付き合っていけそうな気がする。

これは果たしてキチンと狙ってやっているのか、内野聖陽はじめコチコチの硬派な武将らを描くドラマ中に、時折(一話につき一度くらい)ひょうひょうとしたユーモアの漂うシーンが差し挟まれるのが実に面白い。
一方、音楽(千住明)は、メイン・テーマはまことに威勢が好いのだけれど、その他の曲はいささか深みに欠けると想う。

内野聖陽は、例年の大河ドラマの主役に類のなかったワイルドなキャラ。 野性味溢れる風貌に、野太い声音からは、如何にもの戦国武将らしさが横溢する。
武田晴信(後の信玄)役の市川亀治郎の、懐の深さとカリスマ性も特筆すべきところ。
そして晴信の下に集う武田家家臣たちの武張った雰囲気。 中でも最もハマリ役と思えるのが武田の重臣板垣信方役の千葉真一。

先日の放送「両雄死す」では、その「風林火山」も前半のクライマックスを迎えたところ。 武田晴信対村上義清の決戦。 上田原の戦いである。(1548年3月23日)
この戦いで武田晴信は痛恨の敗北を喫し、若き晴信をここまで支えてきた両雄、父とも頼む重臣の板垣信方(千葉真一)と甘利虎泰(竜雷太)を失うのである。

ドラマの中では甘利と板垣の最期の場面が、けだし圧巻であった。 板垣役の千葉真一さんは、このドラマの出演をもって、俳優業を引退されるとのこと。
俳優人生のラストを、主家を案じて無謀な戦いにのぞみ、乱戦のさなか、大立ち回りの末に討ち死にするという、一世一代の壮絶な演技で締めた。 アクション俳優として、本懐ではないだろうか。 子供の頃から千葉さんを見て来た、こちらもまた感無量である。

例年の大河ドラマに共通する設定として、(歴史的評価とは別に)主人公はあくまで「好い人」に徹すると言うのがある。 その点、今回は山本勘助が主人公だからして、信玄の持つダークな部分、外(他国)に対しては苛烈な侵略者として、また内(家中)に対しては時に暴君的に振舞う面をも自由に描ける訳だ。 一方、主人公と言うことで「好い人」属性を振られた勘助は、軍師としてそんな信玄の暴走ぶりに振り回される格好となる。

忠臣板垣信方の最期を見事なクライマックスにして「風林火山」の前半が終わった。 後半は川中島の戦いまで。 これからは上杉謙信が物語の主軸に絡んで来るのであろう。

| | Comments (6) | TrackBack (3)

July 16, 2007

なりたけ

正しくは、「こってりらーめん なりたけ」と称するラーメン屋さん。 その津田沼本店がここ。 九十九ラーメンと同様、我が家から程遠くない場所にあって、行列の絶えない店である。

例によって、行列に加わるのをよしとしないタチなものだから、味を試すチャンスが中々無かったのだけれど、滅多にない、行列の途切れる瞬間を捕まえて、ようやく入店を果たした。 カウンターのみの店内。 客層は、九十九ラーメンよりも少うし若いかな。

醤油ラーメンを注文。 やがて出て来た丼は、小雪の舞い散った跡のように、一面に背油が浮かんでいる。 豚骨ベース醤油味のスープは、控えめなコクが、背油の甘みと相まって美味しかった。
ただ、油の量がなにしろスゴイので、その分薄味に感じてしまって、濃い味嗜好の私には、ちょいと物足りない気もする。

これだけ油っこいと、好き嫌いは大きく分かれるのではないかと思う。 客層が若いのも、この油分の多さ故と頷ける。 と言うか、中高年はあんまり食べちゃイケマセンな。

こんなに油でギトギトして、体に好いワケないよな、なんてアタマの片隅で考えつつ、結局のところスープが尽きるまで愉しんでしまった。 今まさに、オノレの身にとって好ましからざるモノを摂取しているのだという、背徳感もまた味わいのうちである。(そう言えば、九十九ラーメンを食した時は、丼鉢の底が現れる前に試合放棄しちまったんだな)

この店にはまた入るかも、いや、きっと行くであろうけれど、体のことを考えて、喰い過ぎぬよう自戒自重しとこうと思います。 ハイ。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 10, 2007

姪っ子にウォークマン

姪っ子に高校の入学祝いをあげた。

どんなのが欲しいか、電話で聴いてみると、姪っ子のご所望はソニーのウォークマンであった。 それも、メモリータイプ。 パソコンのUSB端子に直接繋げる奴が欲しいと言う。
今時iPodでなしにウォークマンと言うのが、ちょっと意外だったけれど、ともあれ、ウォークマンならば、叔父さんもカセットの時代から何台も使っているからして、任しとけだ。

型番を訊くと、ソニーのメモリータイプのウォークマンと言うばかりで、良く判らないから、叔父さんが選んでくれと言う。 カラーは絶対にピンクと言う注文で、機械のスペックには全く関心が無い、この辺が女の子だね。
ウォークマンのメモリータイプは、USBメモリーにヘッドホンを付けたような格好で、本体をそのままパソコンのUSB端子に接続することが出来る。 これは凄く便利だし、なによりスマートなのが好い。

このウォークマン。 高機能だし、デザインも優れているけれど、ウォークマンとパソコンを接続するのに使う専用ソフトについては、まだまだブラッシュアップの余地ありだね。 姪よ、今時のウォークマンは扱いが結構難しいゾ。
思えば昔の、カセットのウォークマンは単純明快であった。 その替わり、カセットの片面30分に、どうやって無駄なく曲を詰め込むかに知恵を絞ったものである。 LPは高かったから、ソースは専らFM放送だったなあ。 そのために、FM雑誌を隔週で購読してたっけ。

話しが脱線しかけた。
ともあれ、ウォークマンに同梱されているCD-ROMから、ソフトを姪っ子のパソコンにインストールする。 成り行きで、この辺も叔父さんがやってあげる羽目に。 因みにこのソフト。 パソコンに慣れた人でないと、難物かもしれんなあ。
手はじめに姪っ子所蔵の、倖田來未のCDをウォークマンに入れてみた。 今度、ネットで聖子ちゃんの曲を探してダウンロードしてみると言う。 聖子ちゃんって・・・・松田? オマエの母親くらい・・・か、どうかするともっとトシじゃあないのかい。 ま、悪いとは言わんが。 叔父さんが若い頃にヒットした曲まで知っている、今時の女の子の嗜好は判らん。

高校へは電車通学なので、ウォークマンは専ら電車内で楽しむ心積りらしい。 喜んでくれてホントに嬉しい。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

July 08, 2007

ダ・ヴィンチ・コード

 ダ・ヴィンチ・コード
 THE DA VINCI CODE


    監督:ロン・ハワード
    出演:トム・ハンクス
       オドレイ・トトゥ
       イアン・マッケラン
       ジャン・レノ
       ポール・ベタニー

          2006年 米国


つい先日、ベストセラーの原作に文句を垂れたところなのに、やっぱり観てしまった。
文庫版で3巻になる原作を、能う限り変更、省略なしに映像化しようとしている、その手際の好さには感服した。 但し、150分間にぎゅっと詰め込んだ分、抒情的側面、余韻みたいなものは端折られる傾向にある。
例えて言えば、強行スケジュールの海外観光ツアー。 これ見たらあっち行って、はい次はこっち。 時間がないから立ち止まらないで下さい! と言う感じだろうか。
原作を読んだ後から鑑賞に臨んだので、予備知識無しで見たら果たしてどうなのかは判らない。

世界的にベストセラーとなった原作を映画化するということで、映画の方もヒットが見込めることから、制作費をふんだんに掛けることが出来るのであろうけれど、その反面、原作から離れた独自の解釈を持ち込んだりする自由はなかったりするんだろうか。 ともあれ映画の製作サイドに、原作を超えた映画を撮ってやろうとかいった野心は、多分ない。 あくまで原作に忠実に。 宗教方面からのバッシングは、事前に回避して、とか。 きっと。

主人公ラングドンの慎重居士ぶりはトム・ハンクスにぴったりと想った。
オドレイ・トトゥのソフィーは、聖女ぽく(?)して来るかと想っていたら、やり手のキャリア・ウーマン風で、これは原作にとても近いイメージ。
ファーシュ警部役、ジャン・レノは何故か腰が引けていて、存在感が薄い。 原作にあった野心家、やり手の警部という感じがしないのである。
そしてアリンガローサとシリス。 この二人にもっとスポットを当てていれば、もっと奥の深いドラマになったのに。 でも、原作でもこの二人の扱いは不遇であったと想う。

「ダ・ヴィンチ・コード」の題名の由縁たる、最後の晩餐についての図解は、言葉のみでなく映像付きで説明されるため、実に判りやすかった。 映画化のメリットである。
一方、ソニエールの遺した暗号の方は、小説よりも更に判り難く、というより適当にスルーされているの感があるけれど、まあ、これは止む終えないことと想う。

原作で特に面白かったのが、ラングドンとティーピングによるキリスト教暗黒史の解説のくだり。 宗教象徴学者対聖杯オタクの薀蓄合戦の場面なのだけれど、映画では、NHKの歴史教育番組のような歴史再現映像が差し挟まれるなど、なかなか凝った描写がワクワクさせる。 これも映画化のメリット。
一方、音楽は荘重な雰囲気を醸して、映画をムリやり格調高く持ち上げようとするきらいがある。

この作品、キリスト教暗黒史を扱うと言うことから、いっそ破天荒なB級映画にしても好かったのかもしれない。 この手のテーマは野次馬根性全開で迫るのが相応しいものを、原作の虚構部分に説得力を与えようとしてか、無理やりに品好く、格調高い作品に仕立て上げようとている。

監督や俳優に文句はないけれど、大ヒットした小説の緊急映画化、ということの難しさを実感させられた作品であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

July 04, 2007

トトに!

「トトに!」と言う名のバトンです。
トトって「小さき勇者たち ~GAMERA~ 」に出たガメラのことですよね。 と言うわけで、晴薫さんのところから頂いて来たこのバトン、ずばり、怪獣がテーマです。
 
 
☆1番好きな怪獣は?
「帰ってきたウルトラマン」の古代怪獣ツインテール。
え、あんまりマイナー過ぎてご存知ない?
 
 
☆その理由
デザインの斬新さが衝撃的でした。
アタマが足許に来る、倒立状態。 締まりのないデカ口に、しれ~っとして緊張感というのものまるで無いマナザシ。 で、見掛けのインパクトが強烈な割りに、戦ったら弱いでやんの。
 
 
☆1番好きな怪獣特撮映画(TV番組)は?
そのツインテールが出ていた「帰ってきたウルトラマン」
 
 
☆その理由
初戦でウルトラマンが怪獣に敗けちゃったり、小学生のイジメがテーマになったり、主人公の恋人が殺されてしまったり・・・・などなど、斬新で結構シリアスな内容だったかと。 子供の頃から刺激系とクライのが好きだった私にはツボだったようです。 そして、音楽が本当に素晴らしかった。
 
 
この「トトに!」バトン、こちらから指名してお渡しはしません。
「心がつながった誰かが、自ら受け取ってくれるバトン」なのです。

| | Comments (4) | TrackBack (1)

July 02, 2007

ザ・ウイスキー・キャット

 
 
 ザ・ウイスキー・キャット
 
   C.W.ニコル 著
   C.W.Nicol
 
   松田 銑 訳
 
 
猫はウイスキーなんて飲まない。 でも、昔ながらのやり方でウイスキーを造り続ける蒸留所、酒蔵には、必ず猫がいるものなのである。

舞台は英国、スコットランド。 シングル・モルト・ウイスキーを蒸留、貯蔵するレンガ造りの古い酒蔵は、原材料の大麦が仕込まれ、また小さな隠れ場所にもこと欠かないことから、ネズミたちにとっては格好の住処となっている。
そこで古くから、酒蔵ではネズミ退治のために猫を飼って来た。 夜毎、何匹もの得物を仕留める彼ら、彼女らウイスキー・キャットは、誇り高きプロのハンターなのである。 そして、そんな猫たちを、同じ酒蔵を守る仲間として遇する、ウイスキー造りの男たち。

この小説は、長年に渡りウイスキー・キャットとして勤め上げた老牡猫ヌースの昔語りとして描かれる。 ごく平易な文体に、趣のあるスコットランドの酒造所の写真や、イラストのイメージから、なんとなく子供向きの童話、あるいは、女性向きのお洒落なライト・ノベルなどを想像したのだけれど、そこはC.W.ニコル。 まったくの男性の視点で貫かれた、酒と猫を愛するオトコの小説である。

片田舎の古びた酒蔵の、のんびりとした営みの中にあって、しかしウイスキー・キャットらの毎日はけっこう忙しい。
夜は酒蔵を隈なく見回り。 自慢の早業でしとめるのはネズミばかりではない。 昼は酒蔵を抜け出して周囲を見回り、兎、鳥などをハンティング。 雌猫のお相手などにも、抜け目無く通じていながら、酒蔵で働く猫と言うスタンスから離れることは決してない。
ヌースと言う牡猫の、しっかりと地に脚の付いた生き方。 したたかな処世術、ユーモアに、わずかばかりのセンチメンタリズムを交えた、ニャンとも好い話しになっている。


最近はシングル・モルト・ウイスキーも随分と手に入れやすくなった。 我が家の近所のイオンなど、売り場の一角をそのために割いているくらい。
彼の地のシングルモルトを、愛すべきウイスキー・キャットたちに思いを馳せつつ味わう、というのも、また悪くないではないか、なんて想っている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« June 2007 | Main | August 2007 »