« 蚊遣豚 | Main | ザ・ウイスキー・キャット »

June 30, 2007

リンダリンダリンダ

 
  リンダリンダリンダ
 
    監督:山下敦弘
    出演:ペ・ドゥナ
       前田亜季
       香椎由宇
       関根史織
 
         2005年 日本
 
 
学生の頃、友達と廊下で交わした立ち話や、部室にこもっての部員らとの駄弁りとか。 無為な、どうにもこうにもウダウダした、学生時代だけに許された時間。 大人になってから、そんな、当時は当たり前に享受していた時間が無性に懐かしくなったりするわけだけれど。
この映画の主人公、女の子四人からなるバンドのメンバーも、そんな青春の切なさに感付きつつ、後先知らずにその場その時を突っ走る。

大した期待もなしに映画の鑑賞に入った筈が、見終わってみれば、なかなか味わうことのない、大きな感銘を受けていた。 但し、私にとっては、鑑賞するにあたって、いささかハードルの高い映画でもあったのも確かなのだけれど。
 
 
「コンサートなんて始まったら夢中だから、後々なんにも覚えてなかったりする。 それよりも、こうやってみんなで練習したり駄弁ったりしてる時間がサ、案外想い出に残ったりするんだよね・・・・・」
「ナニ独りで浸ってんだよ(笑)」


※文化祭を目前に控えた、とある高校。 準備のために学校中がてんやわんやする中で、軽音楽部に所属する主人公ら3年女生徒のバンドは、諸般の事情からメンバーが離脱してゆき、三人になっていた。
なりゆきで急遽ボーカルに迎えたのが、韓国から来た留学生のソンちゃん。 引っ込み思案で、日本語もあまり得意ではない様子だが。
文化祭のステージへ向けて、四人の練習が始まった・・・・・

 
この映画を最初に見た時は、その独特のスタイル(?)に戸惑いっぱなしで、途中何度もドロップアウトしかけたことを白状しておく。
極々自然体に徹した演出とでも言うのか、まるでドキュメンタリーでも見ているような演技からは、芝居らしい雰囲気が感じられない。 人物を意図的に画面の中央に配置した、ニュース番組のような構図や、緊張感をまるで欠いた台詞まわし。 それを撮るカメラもまた、アングルを固定したままだらだらと長回しするし。
こういうスタイルを受け付けない人は、少なからずいることと想う。 かくいう私も、最初に見た際は、何度も挫折しかけたし。 それでも、最後までなんとか踏み止まりましたぜ。

映画としてこのスタイルを貫いた結果として、鑑賞する者は、出演者たちのラフな演技を、まるで物陰から覗くように傍観し、雑談めいた台詞に聞き耳を立てることになる。
こうして、普通の映画よりも更に一歩乗り出して観る分、動作や微妙な間合い、あるいは台詞の端々から、更にその場の空気から、微妙な人間関係や心の移ろいを汲み取ることになるのだ。 脚本や演出など、なにもかもテキトーにやっているように見えて、その実、緻密に計算し尽されていると思う。

私がこの映画をスゴイと思い始めたのは、ドラマも既に半ばあたりまで来てからのことである。 さっさと視聴を中断したりしないで、ホントに好かった。 持ち前の優柔不断な性格も、時には役に立つこともあるってこと。
2度目に見た際は、最初から最後まで映画の世界にどっぷりと浸かり込んで見ることが出来た。

バンドの4人目のメンバーは、韓国人女子留学生のソンちゃん。 異郷に来て独りぼっちでいた。 普通、小説や映画ではお約束で乗り越えてしまう「言語のギャップ」を、この映画では最後まで引きずっていて、だからソンちゃんは映画のラストまで、日本語で想いを充分に伝え切ることが出来ない。 だから、時には、相手に理解されないのを承知で、韓国語で語らずにはいられなくなることもある。

人気の無い夜の校内を独り歩き回るソンちゃん。 昨日まで孤独でいた留学生が、今ようやく味わう開放的な空気。 誰もいない体育館に入って、気分はオンステージ。 我々のバンド、3人の頼もしいメンバーを紹介します。 もちろん韓国語でネ・・・・・ 日本に来て、ようやく友を得た喜び。 バンドで唄える幸せ。 その抑え切れない昂揚感が伝わってくる。 私がこの映画で一番好きなのが、このシーン。

文化祭の最終日、体育館でのコンサートが始まった。
4人が寝過ごして(!)遅刻したため、繋ぎ(前座)役を買って出る中島、萌らの演奏がハイレベルで、その場の音楽的興趣が一気に高まってゆく。 そして、バンドの4人が雨でずぶ濡れになりながら登場。

引っ込み思案だったソンちゃんがステージでリンダリンダを唄い出し、クールに徹して来た恵がそのリフレインでシャウトする瞬間が、ワタシ的にこの映画のクライマックスである。 映画のラストは、カメラを引いて体育館の全景を見せ、見ている側の心の中にほのかな余韻を残して終わる。

この映画を見て、もうしばらく経つけれど、今でも思い出す度にジンと来てしまうよ。(好い歳をしてからに、もう)
一緒になってバカが出来る仲間と、好きなことに夢中になって取り組む。 演出のスタイルとしては異色ながら、青春ものの王道をキッチリと抑えた作品として、忘れられない映画になった。
 

|

« 蚊遣豚 | Main | ザ・ウイスキー・キャット »

Comments

うん、この映画は良かった。

映画も良いけど、曲もまた良いんだ。
だから二重に盛り上がる気がしました。

>韓国人女子留学生のソンちゃん
決して美人ではないけど、ちょっとノンビリした感じが抜群の魅力でした。
俺も忘れらないキャラクターです。

>今でも思い出す度にジンと来てしまう。(好い歳をしてからに、もう)
なんの、なんの、こういう気持ちがなくなったら、なんと寂しいことでしょう。
俺は一生持っていたいよ。

Posted by: 晴薫 | June 30, 2007 at 08:52 PM

>晴薫さん

>映画も良いけど、曲もまた良いんだ。

青春真っ只中の彼女らにピッタリ来る、ブルーハーツの曲がどれも好かったですね。

ソンちゃん役のペ・ドゥナは、演技の魅力はもちろんですけれど、実年齢的に結構イイお歳だったようで(^^ゞ、にも関わらず、現役の学生たちに混じっての高校生姿に少しの違和感もないのが驚異です。(笑)

>俺は一生持っていたいよ。

そうですね。 心はいつもブルーハーツで行きたいです。(^ァ^)

Posted by: もとよし | July 01, 2007 at 07:08 AM

もとよしさん~こんにちは☆
2回ご覧になられたんですねー。
うん、うん、解ります!
1回目は、す~っと見れる感じじゃないんですよね^^
2回目の方が楽しめそうな映画かもしれません。

私は自分の学生時代とシンクロする部分が無かったので
普通に面白く見れたって程度でしたが、ちょっとでも
映画の中のシーンで自分の体験とかぶる処がある人には
たまらない映画なんじゃないかな~って思います♪

Posted by: latifa | July 03, 2007 at 08:28 AM

>latifaさん

>1回目は、す~っと見れる感じじゃないんですよね^^

そうなんです。 最初は何度も置いて行かれそうになって。(^^;
やっと付き合い方が判ったのは、後半に入ってからです。(笑)

>私は自分の学生時代とシンクロする部分が無かったので

そう言えば私も、あまり懐かしいって感じばかりでは、見てなかったですね。 ウチの高校は共学じゃあなかったし、お堅い校風で文化祭も詰まンなかったし。(^^;
それでも、彼女ら奮闘ぶりに感情移入出来たのは、映画としての力量と言うべきでしょうか。

Posted by: もとよし | July 03, 2007 at 08:43 PM

要所要所で韓国語になるペ・ドゥナの解釈に納得。
自分も外国に行けばきっとそうなると思います。

覗き見るという表現、ステキです。
確かに覗いている感じがします。
きっと私には覗き趣味があったんですね♪

Posted by: あるきりおん | December 29, 2007 at 12:15 AM

>あるきりおんさん

おいでませ、問はず語りへ~(^ァ^)

山下敦弘監督の作品を見るのはこれが初めてで、始めのうちは、独特の雰囲気に馴染むことができませんでした。
ようやく楽しめるようになったのは、ソンちゃんの、夜の体育館での長広舌の辺りからです。 自分のためにする独り芝居にして、この映画きっての名場面。 どうやら、私も覗き嗜好のようです。(^ァ^)

Posted by: もとよし | December 29, 2007 at 06:59 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/15601197

Listed below are links to weblogs that reference リンダリンダリンダ:

» リンダ リンダ リンダ [雨の日の日曜日は・・・]
主演の女子高生役4人組みが溌剌としていて、それが題名にもなっている名曲「リンダ リンダ」と溶け合ってとても元気な良い映画でした。 [Read More]

Tracked on June 30, 2007 at 08:54 PM

» リンダリンダリンダ  ペ・ドゥナ [ポコアポコヤ 映画倉庫]
映画芸術で、2005年邦画NO1にも選ばれた「リンダ・リンダ・リンダ」をやっと見ました。私は普通に面白かったという印象でした。 まずは心配していた、あのソンちゃん役の「ベ・ドゥナ」ですが、なかなか良かったので、ほ... [Read More]

Tracked on July 03, 2007 at 08:22 AM

» 【DVD】リンダ リンダ リンダ [新!やさぐれ日記]
■状況 ライブラリより拝借 ■動機 自分がブルーハーツのコピーをしているため ■感想 結構好きなタイプの音楽映画 ■あらすじ 文化祭を控えたある日、軽音楽部の5人組バンドのギタリスト・萌(湯川潮音)が骨折してしてしまう。それを機にヴォーカル・凛子(三村恭代)がバンドを離れバンドは空中分解してしまう。残されたドラムスの響子(前田亜季)、ベースの望(関根史織)、キーボードの恵(香椎由宇)は、それでもステージに立つことを諦めなかった。そんなとき、彼女たちはたまたま目の前を通った韓国人留学... [Read More]

Tracked on December 28, 2007 at 07:49 PM

« 蚊遣豚 | Main | ザ・ウイスキー・キャット »