« May 2007 | Main | July 2007 »

June 30, 2007

リンダリンダリンダ

 
  リンダリンダリンダ
 
    監督:山下敦弘
    出演:ペ・ドゥナ
       前田亜季
       香椎由宇
       関根史織
 
         2005年 日本
 
 
学生の頃、友達と廊下で交わした立ち話や、部室にこもっての部員らとの駄弁りとか。 無為な、どうにもこうにもウダウダした、学生時代だけに許された時間。 大人になってから、そんな、当時は当たり前に享受していた時間が無性に懐かしくなったりするわけだけれど。
この映画の主人公、女の子四人からなるバンドのメンバーも、そんな青春の切なさに感付きつつ、後先知らずにその場その時を突っ走る。

大した期待もなしに映画の鑑賞に入った筈が、見終わってみれば、なかなか味わうことのない、大きな感銘を受けていた。 但し、私にとっては、鑑賞するにあたって、いささかハードルの高い映画でもあったのも確かなのだけれど。
 
 
「コンサートなんて始まったら夢中だから、後々なんにも覚えてなかったりする。 それよりも、こうやってみんなで練習したり駄弁ったりしてる時間がサ、案外想い出に残ったりするんだよね・・・・・」
「ナニ独りで浸ってんだよ(笑)」


※文化祭を目前に控えた、とある高校。 準備のために学校中がてんやわんやする中で、軽音楽部に所属する主人公ら3年女生徒のバンドは、諸般の事情からメンバーが離脱してゆき、三人になっていた。
なりゆきで急遽ボーカルに迎えたのが、韓国から来た留学生のソンちゃん。 引っ込み思案で、日本語もあまり得意ではない様子だが。
文化祭のステージへ向けて、四人の練習が始まった・・・・・

 
この映画を最初に見た時は、その独特のスタイル(?)に戸惑いっぱなしで、途中何度もドロップアウトしかけたことを白状しておく。
極々自然体に徹した演出とでも言うのか、まるでドキュメンタリーでも見ているような演技からは、芝居らしい雰囲気が感じられない。 人物を意図的に画面の中央に配置した、ニュース番組のような構図や、緊張感をまるで欠いた台詞まわし。 それを撮るカメラもまた、アングルを固定したままだらだらと長回しするし。
こういうスタイルを受け付けない人は、少なからずいることと想う。 かくいう私も、最初に見た際は、何度も挫折しかけたし。 それでも、最後までなんとか踏み止まりましたぜ。

映画としてこのスタイルを貫いた結果として、鑑賞する者は、出演者たちのラフな演技を、まるで物陰から覗くように傍観し、雑談めいた台詞に聞き耳を立てることになる。
こうして、普通の映画よりも更に一歩乗り出して観る分、動作や微妙な間合い、あるいは台詞の端々から、更にその場の空気から、微妙な人間関係や心の移ろいを汲み取ることになるのだ。 脚本や演出など、なにもかもテキトーにやっているように見えて、その実、緻密に計算し尽されていると思う。

私がこの映画をスゴイと思い始めたのは、ドラマも既に半ばあたりまで来てからのことである。 さっさと視聴を中断したりしないで、ホントに好かった。 持ち前の優柔不断な性格も、時には役に立つこともあるってこと。
2度目に見た際は、最初から最後まで映画の世界にどっぷりと浸かり込んで見ることが出来た。

バンドの4人目のメンバーは、韓国人女子留学生のソンちゃん。 異郷に来て独りぼっちでいた。 普通、小説や映画ではお約束で乗り越えてしまう「言語のギャップ」を、この映画では最後まで引きずっていて、だからソンちゃんは映画のラストまで、日本語で想いを充分に伝え切ることが出来ない。 だから、時には、相手に理解されないのを承知で、韓国語で語らずにはいられなくなることもある。

人気の無い夜の校内を独り歩き回るソンちゃん。 昨日まで孤独でいた留学生が、今ようやく味わう開放的な空気。 誰もいない体育館に入って、気分はオンステージ。 我々のバンド、3人の頼もしいメンバーを紹介します。 もちろん韓国語でネ・・・・・ 日本に来て、ようやく友を得た喜び。 バンドで唄える幸せ。 その抑え切れない昂揚感が伝わってくる。 私がこの映画で一番好きなのが、このシーン。

文化祭の最終日、体育館でのコンサートが始まった。
4人が寝過ごして(!)遅刻したため、繋ぎ(前座)役を買って出る中島、萌らの演奏がハイレベルで、その場の音楽的興趣が一気に高まってゆく。 そして、バンドの4人が雨でずぶ濡れになりながら登場。

引っ込み思案だったソンちゃんがステージでリンダリンダを唄い出し、クールに徹して来た恵がそのリフレインでシャウトする瞬間が、ワタシ的にこの映画のクライマックスである。 映画のラストは、カメラを引いて体育館の全景を見せ、見ている側の心の中にほのかな余韻を残して終わる。

この映画を見て、もうしばらく経つけれど、今でも思い出す度にジンと来てしまうよ。(好い歳をしてからに、もう)
一緒になってバカが出来る仲間と、好きなことに夢中になって取り組む。 演出のスタイルとしては異色ながら、青春ものの王道をキッチリと抑えた作品として、忘れられない映画になった。
 

| | Comments (6) | TrackBack (3)

June 24, 2007

蚊遣豚

今年も蚊の湧く季節がやって来た。 毎晩帰宅して、まずは蚊取線香に火を点けるのが、このところの日課となりつつある。

実は今の住まい、蚊がかなり多いのである。 以前住んでいた川崎の住まいは、そうではなかった。 蚊が湧くには、それなりの要因というものがあるのだろうけれど、実際のところ良く判らなくて、だから出て来た蚊をその場で退治するという、一時しのぎの対処しか出来ないでいる。

昨今、蚊の撃退には電子蚊取器を使うのが主流のようだけれど、私は頑迷固陋な蚊取線香派である。 昨年までは、「金鳥の渦巻かとりせんこう 30巻入り」の蓋の裏側に用意された、不燃性のシートの上で蚊取線香を焚いていたのだけれど、これは、あまり見てくれの好いものではない。
そこで、先日から蚊遣豚(蚊取豚)を使い始めた。 近所のイオンで買い求めた蚊遣豚は、素焼きの質素なブタ公なから、使ってみるとなかなかに存在感があり、意外に頼もしく感じる。

蚊取線香に火を点せば、気分はもう夏の宵である。
これはもちろん、そもそも害虫退治が目的なのだけれど、静かに香煙を吐く蚊遣豚を見ていると、こちらもゆったりとした気分となって、癒されている自分を感じる。 電子蚊取器には真似の出来ぬ、ヒーリング効果があると思う。

但し、夜中は大活躍するブタも、日中はなんとも影が薄い。 起き抜けなど、床に置いたブタ公を蹴飛ばしたりせぬよう、くれぐれも要注意なのである。 因みに、もう、3度も転がしちまった。(許せブタ公)

| | Comments (6) | TrackBack (0)

June 16, 2007

頭文字D THE MOVIE

 
 頭文字D THE MOVIE
 頭文字D
 InitialD
 
   監督:アンドリュー・ラウ
       アラン・マック
   出演:ジェイ・チョウ
       アンソニー・ウォン
   原作:しげの秀一
 
      2005年 香港
 
 
私、普通自動車免許を所持してはいるけれど、日頃はクルマの運転をすることなどまずない、つまりはペーパードライバーである。 クルマの車種や性能にもとんと疎くて、街を走るクルマの車名など、ほとんど判らない。
そんな、クルマに興味の薄い私だから、この映画の原作、公道レースの世界を描いたしげの秀一の、同名の人気コミックについても、ほとんど知らなかった。

※主人公の藤原拓海は、家業の豆腐屋の手伝いで、毎朝山向こうの得意先に豆腐を配達する。 早暁の誰も通らない峠道で、独りクルマを走らせ続けるうちに、いつしか驚異的な運転技術を身に付けていた。 その拓海が、配達中の峠道で公道レースの猛者を難なく抜き去ったのを切っ掛けに、走り屋としての自分に目覚めてゆく・・・・

そんな日本のマンガを、香港で映画化したという。
面白いのは、原作の設定を(言語を除いて)、そのまんま映画化したというところで、つまり舞台は群馬県であり、登場人物はもちろん日本人なのである。 全編に渡り日本ロケを敢行。 もちろん、香港映画だからして、演じるのは香港の役者(一人を除いて)だし、台詞は広東語である。
原作のテイストを大切にしたいばかりに、なんとも手間の掛かることをやってのけたわけだ。 そういや、日本の映画にも中国を舞台にした時代ものがあったけれど、演じるのは日本の役者で台詞は日本語だったりしたから、おあいこみたいなものか。

ともあれ、クルマにも香港映画にも疎い私にとって、興味は自然、香港映画と言うフィルターを通して見た日本、それも都会ではない一地方の風景やら、そこで暮らす人々の日常といった辺りに向かう。
でも、その点については、ちょっとばかり裏切られたの感がある。 つまり、日本の風景や日本人について、思いの他自然に描けているのだ。 例えば欧米の映画で描かれる日本に、往々にして見られるような奇天烈さを感じることが、この作品ではまったくない。 それでも、オープニングの映像と音楽の冴えた感覚や、如何にもの香港風ギャグとか、随所に非日本的な、香港映画らしい(?)ニュアンスを探り当てることが出来るのが愉しい。

さて、クルマ同士の追っ掛けっこ。 カーチェイスと言えば、なんと言ってもハリウッド映画の独壇場だろう。 どでかいアメ車のパワーを見せつける、豪快な走りっぶりが見ものである。
それが、この映画に登場するのは全て国産のクルマたちである。 アメ車に比べればちっぽけな車体を道幅一杯、対抗車線まで使い切ってドリフトさせる、クレージーでアクロバティックな走りは、アメリカ映画などには見られない新鮮さで、レースに興味のない私が見ても興奮させられる。

登場するクルマたちは、いずれもチューンナップを施されているのであろうけれど、素人目には極々フツーの、如何にもそこいらの道路を走っていそうな車体ばかりである。
主人公の駆るのはトヨタ・スプリンター・トレノ。 型は旧く馬力もないけれど、ドリフトさせれば無敵という、コダワリの車種らしい。 豆腐の配達に使うため、どてっ腹に「藤原とうふ店(自家用)」と記しているのがご愛嬌(らぶりい)であります。

主人公、藤原拓海役のジェイ・チョウ。 無表情を通す。 でもってクールと言うのか、終始眠たげ顔つきで、済まして構えて。 原作のイメージからいくと、こうなるのだろうか? 無表情に徹した演技は、ワタシ的に、どうにも馴染むことが出来ない。 感情移入のし難い主人公だった。

その父、藤原豆腐店の店主、藤原文太役にアンソニー・ウォン。 飲んだくれだし、口よりも先に手が出るしで、どうしようもないオヤジなのだけれど、若い頃は公道レースの王者だったらしい。
ドラマの進行と共に、懐の深さ、アヤシさとちょいワルさをあらわにし、その存在感を増してゆく、一筋縄ではゆかぬ男である。 この映画、レース・シーンは申し分ない出来だけれど、ドラマとしては、この俳優一人で持たせているかの感がある。 素晴らしい役者を知りました。

拓海の相手役なつきに鈴木杏。 この映画で唯一の日本人俳優。 拓海とのシーンは、安手のテレビドラマみたいで、テンション下がりっぱなし。 ユルすぎ。 演出上の問題で、当人に非はないのだけれど。

この映画はどこが好いって、かつてないスタイルで見せるレース・シーンの迫力と、日本の一地方に暮らす主人公親子の生活を、過度に好くも、また酷くも描いていない点。 確かなバランス感覚でもって日本を描いてくれた。 こういうのは嬉しい。
 

| | Comments (4) | TrackBack (0)

June 02, 2007

ドクター・ドリトル

 
 
 ドクター・ドリトル
 Dr.Dolittle

   監督:ベティ・トーマス
   出演:エディ・マーフィ

      1998年 米国


主演のエディ・マーフィのことは知っていたけれど、特段ファンと言うわけではない。 まして、普段私が興味を持つことのないタイプの、一見してファミリー向きと思われるこの映画を、あえて見てやれという気になったのは、ひとえに「ドクター・ドリトル」と言う題名に惹かれてのことである。

なにしろこの映画の原作、ヒュー・ロフティング作のドリトル先生シリーズは、我が少年時代の最高の愛読書であったからして。
ドリトル先生の名を冠したこの映画も、だから、一応見といてやるか、と言うくらいの至って軽い気分で鑑賞に入った。 それに、日々お疲れ気味のところに、こういった、屈託なしに愉しませてくれそうな映画は、まったくお誂え向きかと思って。
 
と言う訳で、大した期待もなしに見てみたけれど、なかなかどうして、結構愉しかったですよ。
原作からは、動物と言葉を交わすお医者さんと言うプロットだけを借りて来て、あとは、ドリトル先生に扮するエディ・マーフィがその本領を発揮する、現代のアメリカ社会を舞台にした明るいコメディに仕上げてある。 まあ、予想通りの展開です。
世評の高い、エディ・マーフィのお喋り、と言うか話芸。 私は英語が判らないので、その真髄をちゃんと愉しむことが出来ないのはザンネン無念である。 まぁ、仕方ないか。 その代わりに、日本語吹き替え版の声優さんたちが、大健闘していたと思います。

それにしても、こういうファミリー、子供向きの映画でありながら、脚本や演出の隅々まで、手抜かりなく実にしっかりと造り込まれているのにはほとほと感心しています。 流石はハリウッド作品なり。
動物が喋るドラマは、古今東西珍しくもないけれど、この映画ではCGを駆使して、人間と動物たちとをごく自然に共演させることに成功している。 声優さんたちの話芸と相まって、これまでの「動物が喋る」ドラマとは一線を画していると思う。
虎や梟など、捕食する側の動物の性格が一様に温和で、ネズミなど小さな動物らの、どれも鼻っ端が強いのが、さもありなんという感じですな。 軽いシモネタもあるので、必ずしもファミリー、子供向きの映画ってわけではなかったのかもしれない。

原作の世界からは随分と掛け離れた映画だけれど、小説のファンのために、さりげなく小ネタも用意されている。
サーカスの虎を問診するドリトル先生(ドラマ中の英語ではドゥーリィルと聴こえる)の背後を横切る双頭の珍獣オシツオサレツ。 それと、視力の衰えた馬のためにあつらえた特大馬用メガネ。 どちらも、原作を読んだ方ならば「ニヤリ」の場面であります。

| | Comments (8) | TrackBack (1)

« May 2007 | Main | July 2007 »