« 職場のお昼事情 | Main | ダ・ヴィンチ・コード »

April 08, 2007

一度の散歩で図書館を二つ見つけること

久々に散歩した。
目的地は定めずに、我が家の前を走る幹線道路沿いをひたすらテクテクと往く。
この道路、決して閑静な住環境とはいえない我が家の、主たる騒音発生源となっているだけに、交通量はかなり多い。 道幅も、そう広くはないところに、大型車両がバンバン走り抜ける。 その歩道側、場所によっては路側帯を歩くのだから、歩き心地はあまり好いものではない。

いずれは歩き心地の好いお散歩コースを見つける心積りでいるけれど、今のところはこうして自宅周辺の主要な道路を歩いてみて、まずは土地勘を身に着けてしまおうと目論んでいる。
で、この道路、歩けども歩けどもあまり変化も無く、それほど面白くもないわい、なんて考えていたら図書館があった。

まさか、散歩の途中で図書館にぶち当たるとは想ってもみなかった。 これが藤崎図書館。
幹線道路沿いに建つ消防署の建物の3、4階部分が図書館にあてられていて、以前住んでいた川崎市中原区の図書館よりもずっと小さいし、我が家から通うにはちょっと遠いけれど、ともあれ図書館の位置が確認出来たことはまことにメデタイ。

そのまま帰るには、まだ歩き足りない気がするので、更に先へ先へと歩いてみる。 もう、ここらで引き返そうかと想い始めたあたりで、商店街をみつけた。
こうなると、抜けてみないわけにはいきませんね。 端から端まで歩いてみて、なかなか感じの好い商店街と想った。 大型店に席巻され尽くした感のある津田沼駅周辺に比べて、こちらは小さな店舗が数多くあって、街が活き活きとしているのが好もしい。 商店街を歩き尽くした辺りで京成大久保駅へと出た。
こんなところに駅があったんだねえ。 なんて、先日の散歩で京成津田沼駅をみつけた時と同様、素直に驚いてしまう。 駅前にしばしたたずんでいたら、すぐ傍に大久保図書館があることを知った。

既に我が家からは相当歩いているというのに、ここまで来てまた図書館である。 ホント、間が悪いとしか言いようがない。 流石にこの距離だと通うのは辛いなあ。 それとも長距離の散歩がてら、偶には寄ってみようか?
この商店街の風情がとても気に入ったので、また来てみたいとは想うけれど。

そろそろ暗くなりかけていたので、この辺でさっさと帰ることにする。
通って通えないことはないけれど、決して近所とは言えない辺りに図書館を、それも二つも見つけてしまった。 なんかこう、妙な散歩だったなあ。

|

« 職場のお昼事情 | Main | ダ・ヴィンチ・コード »

Comments

充実したお散歩になりましたね。

お引越しは面倒ですが、新しい場所は新鮮で良いものです。
私はもう20年以上も同じ場所に住んでいるんで、ちょっと飽きた(笑
だからと言って引っ越すわけにも行かないんだけど・・・

商店街にお気に入りのお店があると良いですね。

遠い図書館は、借りる時は勢いで借りられるのですが、返すのがメンドウになるので、個人的には使わなくなりました。

Posted by: 晴薫 | April 09, 2007 at 10:04 PM

こんばんは。
「長いお散歩」映画の題名みたい^^
健康のために、歩け歩けです。遠い図書館もそう考えればいいのではないかしら。
ご近所探検面白そうですね。まだ続く~~なんでしょうか?

ちなみに私は方向音痴一度行ったくらいでは、覚えられませぬ(笑

Posted by: みい | April 09, 2007 at 11:02 PM

>晴薫さん

津田沼駅の周辺は、住む環境としてはイマイチかもしれませんねえ。 住むんだったらやっぱり図書館の近所で、商店街があって・・・・なんて、今頃になって考えてます。(^^;
図書館から借りるときはともかく、返すときなど、確かにやや面倒に感じてしまいますね。(^^; それも、不便なところにあれば尚更。
大久保の商店街では古本屋をみつけてあって、それだけでも行く価値がありそうです。

Posted by: もとよし | April 10, 2007 at 08:38 PM

>みいさん

>健康のために、歩け歩けです。遠い図書館もそう考えればいいの
>ではないかしら。

ハイ、それじゃ、ここはひとつ頑張ってみますか。 本を借りたり返したり、それだけで結構歩数を稼げそうですし。(笑)

実は私も重度の方向音痴でして。(^^ゝ 未踏の路は、けっこうドキドキしながら歩いていますよ。
で、帰宅すると早速ネットの地図検索で今日歩いて来たルートを確認しています。
近所の探検は当分続きそうです。

Posted by: もとよし | April 10, 2007 at 08:40 PM

散歩していて「少し歩き足りない」という感覚はユニーク(笑)。疲労感という基本の尺度しかないと思ってたけど、充足する歩行の量というものがあるわけね(^^;)。でも見慣れない町で商店街にたどりつくと心なしか妙にホッとしますね。ただ、図書館が近くにないのではちょっとつらいね。書店とかビデオ屋さんはある?もしかして牛車とかも通ってたりして。ぎゃははは。

Posted by: 屁爆弾 | April 17, 2007 at 07:44 PM

>屁爆弾さん

>散歩していて「少し歩き足りない」という感覚はユニーク(笑)。

貧乏性なので、偶に散歩する時くらい、テッテーテキに歩き込みたくなるのかもしれませんね。^^;


>書店とかビデオ屋さんはある?

津田沼はムダに本屋さんの多い街です。(笑)
一軒くらい、当地にはないブックオフに入れ替わってくれるとありがたいんですけれど。(^^;
レンタルビデオ屋さんは人口に比べて、不思議と少ないですね。
DVDを扱う書店やCDショップは幾らもあるんですけれど。

Posted by: もとよし | April 19, 2007 at 12:52 PM

こんにちは!

あたしの今住んでる所は四国の高知~
どなたか来たことありますか?

そうそう、あの坂本竜馬の生誕地でーす
(簡単な自己紹介終わりハハハ)

図書館のお話でしたよね
あたしも読書大好きな人でして・・・・
図書館の無い暮らしなんて「クリープの
無いコーヒー」より辛い

県立、市立図書館(各支所図書館)があります
せまい町ですから、せいぜい行ったところで
しれてるし、各所に無ければ方々から集めて
もらえるんです

大体手に入ります

図書館といえば、あの入った時の心のふくらみ
とでも申しましょうか、これぜーんぶあたしの
もんやー(失礼)的な喜び・・・・は何物にも
代えられません

ちなみに今、長年にわたって封印してきた「三島」
を読んでいます

これって、体力と知力勝負ですねハハハ

Posted by: ママ | April 21, 2007 at 12:55 PM

>ママさん

おいでませ、問はず語りへ。(^ァ^)

私は生憎と、四国へは行ったことがないのですけれど。
ずっと以前になりますけれど、竜馬がゆくは読みました。 で、いつか桂浜の竜馬像を見上げてみたいな、と。(笑)
それから、去年のNHK大河「巧妙が辻」では、終盤、高知が舞台になりましたね。

ママさんは図書館使いの達人の方とお見受け致します。
書架の本、ぜ~んぶ自分のモノって感覚は激しく共感しますね。(^^)

今は三島作品を読破中ですか。 私も先日映画の「春の雪」を見て以来、気になっていたところなんですが、なかなか食指が伸びません。orz
いつかは豊穣の海を紐解く日が来るのだろうか。(汗)

よしなにお願い致します。(^^)

Posted by: もとよし | April 21, 2007 at 10:06 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/14610311

Listed below are links to weblogs that reference 一度の散歩で図書館を二つ見つけること:

« 職場のお昼事情 | Main | ダ・ヴィンチ・コード »