« ピアノオフ2007節分 | Main | 乾杯 »

February 10, 2007

トップガン

  トップガン
  Top Gun

     出演:トム・クルーズ
     監督:トニー・スコット

        1986年 米国
 
 
大ヒットした航空映画。 あの「素晴らしきヒコーキ野郎」から76年後の、Magnificent Men の物語である。

はねっかえりで怖いもの知らずの若い戦闘機パイロットが、米海軍の空中戦訓練学校(トップガン)で猛訓練を受ける中、女教官との恋や、僚友との事故を経験し、パイロットとして、そして人間として成長を遂げると言う、まあ、よくありそうなストーリー。
見ものは、なんと言っても戦闘機同士の空中戦シーンで、こればっかりは、繰り返し何度見てもワクワクしますな。
それにしても、当時のトム・クルーズの若いこと。 製作年度を見てみて、二十年ほど前の作品であったことに気づき、ビックリしてしまった。

主人公(トム君)が駆る戦闘機はF14トムキャット。 複座だし、双発だし、可変翼だしで、なんだかやたらとデカく見えるヒコーキである。 それが、ジェットの圧倒的なパワーを駆使して自在に飛び交い、また、くるくると軽快に舞って見せる。
このF14、1970年代にデビューして、映画の撮影当時も米海軍の主力艦上戦闘機だったけれど、昨年遂に退役したとのことである。

トム君ら教習生を飛行訓練で鍛え上げるベテラン教官が操るのはA4スカイホーク艦上攻撃機。 こちらはF14よりも更に古くて、1950年代半ばから飛んでいる。 単発、単座。 とにかく小さくてすばしっこい。 私には、やたら図体のデカイF14よりも、このA4の方が余程カッコ好く見えるけれど。

敵国の戦闘機に扮するのは、実は米国製のF5タイガー。 スリムで優美なボディライン(なんだかコカコーラのビンを連想してしまう)を持つこの機も、F14よりずっとスマートに見えるなあ。

映画は、早暁のインド洋上を航行する航空母艦からの、艦載機離着艦シーンから始まる。 映像美と、ジェットの圧倒的なパワーを見せつけて、掴みはバッチリ、なのである。
そしてなによりの見せ場はトップガンでの、教官対生徒の空中戦訓練シーン。 すべて実写。 ホンモノのジェット戦闘機同士の追っ駆けっこは、大空を自由に飛んでみたいという人類有史以来の夢を、現実のものとして見る者に叩きつけてくれる。 こんな映画は、CG全盛の今となっては、もう再現不可能なのではないか。

その一方で、人間ドラマ的にはイマイチの感がある。 主人公(トム君)の俺様ぶりからは、それほどの魅力を感じないし、ヒロイン(ケリー・マクギリス )も、ちっとも綺麗と想わない。(それよりも、僚友の奥さん役のメグ・ライアンが好い) でも、これはそもそも空中戦シーンばかりが見たい映画なので、然程気にもならないのである。

音楽は至って軽めのロック。 飛行シーンに流れるチャカポコしたサウンドも、聴き慣れてくると、ヤバイくらいに心地好く感じる。 とはいえ、時々ベタベタに感傷的で甘ったるい曲が流れるのにはマイッタな。 このお陰で、映画の格を相当落としている気がする。

映画の構成上、クライマックスは敵国戦闘機との空中戦で、敵機を見事撃墜してみせなきゃならんのであろう。 けれども、映画のラスト、トップガンの卒業式から敵機とのドッグファイトまでの、なんだか安直な演出からは、「本当はヒコーキが飛び回る映画が造りたいだけで、戦争映画なんて興味ないんだよね」とでも言いたげな、製作者側のバツの悪さを・・・・私の妄想でしょうか・・・・感じてしまう。 だからしてこの作品、戦争映画というよりは、あくまで航空映画と呼ぶべきと思うのである。

|

« ピアノオフ2007節分 | Main | 乾杯 »

Comments

>飛行シーンに流れるチャカポコしたサウンド
ハ~イウェイ・トゥ~・ザ・デンジャーゾーン(笑
ですよね。
この曲、メチャクチャアタマ悪そうで良いんだ。
好きです。

>本当はヒコーキが飛び回る映画が造りたいだけで、戦争映画なんて興味ないんだよね
おっしゃる通りで、これはT・クルーズがジェット戦闘機で飛び回る映画が作りたくって作った、という話しを聞いたことがあります。

でも男の夢だよね。
ジェット戦闘機に乗りたいです。

Posted by: 晴薫 | February 11, 2007 at 11:08 PM

もとよしさん、こんばんは。
トップガンというと、take a breath away~♪とついつい口ずさんでしまう私です(^^;)。

映画・サントラ(80年代という時代がとても感じられる)とも物凄くヒットした作品ですよね。
今のトム・クルーズがあるのはこの作品のおかげ(笑)。

あの冒頭シーンは私も秀逸だったと思います。
あそこは映像・音楽がぴたっと合い、一気に引き込まれましたね。

あと、飛行機が海に墜落するところの映像と音楽が哀感を誘い、ここも好きでした。

Posted by: バルカローレ | February 11, 2007 at 11:10 PM

>晴薫さん

音楽に、戦争映画風の重厚でシンフォニックな曲でなしに、ああいう軽いロックを使ったところがユニークですね。 最初はちょっとビックリ、だったんですけれど、慣れてくると、ま、これでイイカって気になって来て。(笑)
空対空ミサイルの発射シーンも、なんだかゲーム感覚ですし。 やはり、戦争映画じゃないですよね。(^^ゞ

>おっしゃる通りで、これはT・クルーズがジェット戦闘機で
>飛び回る映画が作りたくって作った、という話しを聞いたこ
>とがあります。

やはり、そういうコトでしたか。(笑)

Posted by: もとよし | February 12, 2007 at 12:49 PM

>バルカローレさん

この映画、私は封切り時には見ていませんでしたけれど、なるほど80年代を感じさせますね。
ドラマを一通り楽しんだ後は、DVDの字幕を消して、飛行シーンだけ見てました。(笑)
折りしも冷戦末期。 この数年後には湾岸戦争が起こるわけですけれど、この時代のトップガンの訓練生たちは、なんか無邪気に、飛ぶことを楽しんじゃってますね。(^^ゞ

Posted by: もとよし | February 12, 2007 at 12:50 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/13861030

Listed below are links to weblogs that reference トップガン:

» 本とビデオ [行間の宇宙]
こんにちは。問はず語り、を読ませていただきました。トムクルーズのトップガンはとても好きな映画です。戦闘機もいいですがバイクもアメリカには似合いますね。また読ませていただきたいと思います。... [Read More]

Tracked on January 20, 2008 at 09:00 AM

« ピアノオフ2007節分 | Main | 乾杯 »