« 覚弥の香々 | Main | 転出届に転入届、そして免許も »

December 11, 2006

NHK大河「功名が辻」

NHK大河ドラマの「功名が辻」が昨日、最終回を迎えた。 例年のことながら、大河が終わると今年もあとわずかって気になる。

今年は、山内一豊とその妻が主人公ってことで、当初はこんな地味な題材で果たして一年間も持つのかしらと想ったけれど、始まってみれば、これがとっても面白かったのである。
もっとも、私が見始めたのは長篠の戦いのあたりから、ぼちぼち、というところだったけれどね。 それでも、本能寺の変の辺りからは、すっかりハマッて毎週楽しみに見ていたっけ。

信長、秀吉、家康といった大河の常連、ビッグネームらが主人公の場合と違い、武力、知略共にそこそこのレベルにあって誠実律儀の一豊と、知恵女房千代の視点を通して戦国時代を描くことで、これまでにない、新鮮なドラマに仕上がったと想う。
それにして「功名が辻」はキャスティングが滅多矢鱈と好かった。 それこそ、大河史上最高ではないかと想うくらいに。 なかでも、取り分け印象に残った配役を挙げてみると・・・・・

豊臣秀吉:柄本明
柄本秀吉。 若い頃は流石に苦しくて、これはミスキャストだろうと想っていたら、その代わりに、壮年期以降が素晴らしかったのにはホントに驚いた。 秀吉と言う人の持つ多面性・・・・・ひょうきんさ、賢さ、怖さ、威厳、晩年の老耄までを演じ切って、これ以上の秀吉役はいないのでは、とまで想わせた。

淀の方:永作博美
誇り高く、でもそれと表裏をなす哀しさ。 美しさと毒気、驕慢さと愚かさを描いて、これもドラマ史上最高ランクと想った。

寧々:浅野ゆう子
正直、ここまでやれる人とは想わなかった。 シリアスなシーンで精一杯威厳を張り通す姿勢が好いし、また、秀吉とのコミカルな掛け合いも可笑しいのである。

石田三成:中村橋之助
正直一途。 建前を通した挙句に周囲から嫌われちゃう損な役回り。 その風格は流石と想う。 最初はヤな奴だったけれど、お終いにはいじらしくなってしまった。

明智光秀:坂東三津五郎
貴族的で気品のある、「大人」の光秀。 これならば、信長と上手く行く筈がないよね。 納得のキャスティングで、もう、やられたって感じ。

徳川家康:西田敏行
家康と言うと、その狸親父ぶりを嫌う人は少なくないけれど、ここでの西田家康は苦労人で懐が深く、それでいてどうにも捉えどころがない・・・・それ見ろ、やっぱりタヌキだ! これまでに見てきた中でのベスト家康と想う。

この他にも、井伊直政の篠井英介、黒田官兵衛を演じた斎藤洋介、本多平八郎忠勝をやった高田延彦(!)など、毎回楽しみだった。
忘れてならないのは一豊の重臣コンビ、五藤吉兵衛の武田鉄也と祖父江新右衛門の前田吟の好演。
中でも、五藤吉兵衛討ち死にの回は、俳優やスタッフのもの凄い熱気が伝わって来る、全編中の白眉だったと想う。

さて、来年の大河は井上靖の「風林火山」なんだそうで。 山本勘助を中心に描いて一年間も持つのかいな、なんて、またぞろ懸念してしまうけれど、来年の今頃には「あゝ、面白かった!」とか言っている自分がいるんだろうね。 きっと。

|

« 覚弥の香々 | Main | 転出届に転入届、そして免許も »

Comments


もとよしさん、こんばんは。

仰います通り 永作博美さんの淀の方、最高でしたね。
そして中村橋之助さんの石田三成、
もとよしさんの仰る「いじらしい」というお言葉に深く頷きました。

来年は「風林火山」なのですね?
これもまた楽しみですね。

12月に入りまして何かと忙しない日々が続いております。
もとよしさんもお身体にはくれぐれもお気をつけくださいませ(*^_^*)


Posted by: ひよきち | December 13, 2006 at 12:24 AM

>ひよきちさん

ひよきちさんもご覧になってましたかあ。 今年の大河は特に面白かったですよね。 信長が活躍した頃から家康が天下を取る頃まで、時代を大きく俯瞰出来たのも好かったです。

「風林火山」は原作が割と短いので、もしかして、ドラマ独自のエピソードとかが加えられたりするんでしょうか。 甲信越が舞台なんだし、山岳シーンが沢山あると好いな。(笑)

Posted by: もとよし | December 14, 2006 at 12:24 AM

その前の「義経」はタッキーが義経をやるにしてはトウが立ちすぎている、と思いつつも(^^;)、完走しましたが、今年の大河は観ていませんでした。そんなに面白かったら観とけば良かったなぁ。

「風林火山」は内野聖陽さんが山本勘助なんですよ。
これは観なきゃ、と思っています(笑)。

Posted by: バルカローレ | December 14, 2006 at 11:25 PM

>バルカローレさん

私の方は逆に「義経」をほとんど見ていませんでした。 ちらっと、何度か見た時は、義経の郎党役でナンチャンやうじきつよしが出ていて面白かったです。(^_^)

まぁ、「功名が辻」の山内一豊の場合、貧乏侍からスタートして、最後は土佐二十万石の主になると知っていたので、安心して見てられたってのも、楽しめた要因かもしれませんね。


>「風林火山」は内野聖陽さんが山本勘助なんですよ。

内野聖陽さん・・・一体なんて読むんだろうって、マジで悩みました。(^^ゞ

Posted by: もとよし | December 15, 2006 at 12:43 AM

おはようございます。
 このドラマ時々しか見てません^^  もとよしさんの記事読んで、私も全部み見ておけばよかった、なんて思っています。私は、人間・石田光成、明智光秀に興味をもってしまうのです。
永作博美さんの場面は見ました。あの童顔なのに、凄かったです!

Posted by: みい | December 15, 2006 at 10:45 AM

>みいさん

今年の「功名が辻」では、明智光秀が織田信長よりも余程大人に見えたり(^^ゞ、石田光成がエラソーなことを言ってクラス全員を敵に回しちゃった学級委員長みたいに見えたりで、面白かったです。

>永作博美さんの場面は見ました。あの童顔なのに、凄かったです!

永作博美さんの淀の方は、これまで他のドラマで見てきたどの淀の方とも違う、ホントに凄い域に達してましたね。 仰るとおり、あの童顔で周囲にスゴイ毒気を振りまくのが、見ていてお終いには痛々しく感じてしまう。 キャラが立ってましたね。

Posted by: もとよし | December 16, 2006 at 09:07 AM

もとよしさん、こんにちは!
今年も色々ありがとうございました
来年も宜しくお願いします(*^_^*)

これ、未見だったのを後悔しているドラマの一つです。
年末に連続放送とかしていましたよね。
歴史もののドラマは結構長いので、続けて毎週見るのが
ベストですね。

Posted by: latifa | December 31, 2006 at 09:59 AM

>latifaさん

こちらこそ、お世話になりました。
来年も、よろしくお願い致します。

「功名が辻」の総集編。 やってますね。 でも長時間なので、付いて行けそうにありません。(^^ゞ やっぱり、大河は毎週日曜夜を楽しみに、一話づつこまめに観ていくのがヨロシイようで。

来年の「風林火山」は、一体どんな感じのドラマになるんでしょうね。 楽しみです。

Posted by: もとよし | December 31, 2006 at 01:04 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/13035426

Listed below are links to weblogs that reference NHK大河「功名が辻」:

» 山本梓:山本梓(やまもと・あずさ)画像動画掲示板 [山本梓 画像:管理人]
突然お邪魔します。torabaいただいていきますね。放送中のNHK大河ドラマ「功名が辻」に山内家の侍女役として出演ほか、WOWOWのキッズ向けアニメ「和・和・和 ワッピちゃん」の主人公役で声優初挑戦。グラビア以外の活動も絶好調の山本梓さんが、『山本梓 オフィシャルカードコレクション ... [Read More]

Tracked on December 14, 2006 at 03:57 AM

« 覚弥の香々 | Main | 転出届に転入届、そして免許も »