« ジャックダニエル | Main | 覚弥の香々 »

November 28, 2006

夢で逢いましょう

夢で逢いましょう

  2006年11月25日(土曜日) 池袋演芸場
 
 
久々に池袋演芸場まで足を運んで、一騎当千の若手実力派真打四人が揃った会を聴いて来た。 それにしても、重量級のプログラムですな、これは。 こちとらの体調が、睡眠不足気味故に十分とはいえないのが、ちと気掛かりではある。

ちなみにこの会、演目については、あらかじめ四人ともネタ出ししているけれども、その順番は未定。 つまり、誰がいつ出て来るかは、その日その時までのお楽しみと言う趣向である。
 
 
開口一番 三遊亭歌すみ 「子ほめ」

   
入船亭扇辰 「心眼」
久々に聴く扇辰師匠。 遅れて会場に入って来るお客もいて、まだまだ浮つきがちな客席を、いきなり濃密な噺の世界に放り込む。 開演して間もない出番での「心眼」だけれども、集中力に欠けるなんてことは微塵もなかった。

あえて声量を絞ったと想われる、繊細な語りが効果的で好かった。 デリケートなアプローチで表現し得た、眼を病んで按摩で生計を立てる梅喜の哀しみと虚勢。
それから梅喜の女房、お竹の健気さ。 梅喜が浮気心をおこす芸者小春のコケットリー。 この師匠、持ち前のイカツイ風貌とはうらはらに、女性を演じるのが上手いんだよなあ。
しつこさなど皆無で、最後までさらりと演じ切るところが、師匠らしいなあ、と想う。


橘家文左衛門 「芝浜」
ここで、客席の誰しもが仰天したに違いない、文左衛門師匠の登場。 だって、二番手で「芝浜」ですよ。
これって、一体どういうことなのか。 さっさと出番を済ませて、早く楽になっちまいたい(?!)のか、それとも自信満々、意欲十分で、先に俺にやらせろ!ってところなのか、この師匠の場合、どちらも考えられるよなぁ。

文左衛門師匠の描く魚勝は、とにかく会話よりも先に手が出るタイプ。 流石、この師匠がやると説得力抜群。 ファンの期待を裏切りません。 ハイ。 そんな亭主に対して、一歩も引かない女房もまた好い。
それまで呑んだくれていた魚勝が改心するところや、女房に三年越しの秘密を打ち明けられたところなど、割合にあっさりとして、少し物足りなく感じてしまうけれど、でも、自分の中にはリファレンスとして、何度も聴き込んだ志ん朝のCDがあって、どうもそれと比べてしまい、もっと繊細な表現を期待してしまっているのも確かなんだな。
ここは、お終いまでパワー全開で演じる切る文左衛門ワールドを楽しむべし。
 
惜しむらくは、私の体調がいまひとつで、聴いていてちと疲れてしまった。 長い噺を、十分集中して聴く事が出来なかったのが残念至極。
 
 
柳亭左龍 「浮世床」
枕を「いや~、(「芝浜」が)長かったですねえ。」なんて話題で始めて笑いを取る。 確かに「芝浜」は、一時間ばかり掛けた長講だった。
そのクールダウンと言うんではないけれど、この日唯一の滑稽噺がこれ。 姉さまの戦いと芝居の部分を、巧みに組み合わせた構成が好かった。 お陰さまでリラックス出来たのは確かだけれど、こちらの体調がイマイチで、十分には楽しみ切れなかったのが残念。 熱演の左龍師匠にも申し訳なし。
 
 
柳家三三 「ねずみ穴」
さて、本日のトリは三三師匠が取った。
しかし、例えば「芝浜」なんて聴いちまった後で、一体どうしようと言うのか。 ここまで三席が続いた後でのトリと言うのは、結構プレッシャーなのじゃあないかと想うけれど。
でも、一旦噺が始まると、三三師匠の気合十分な語りに そんな心配は杞憂であったと知った。 なにしろ、さっきまで体調のダルかった自分が、ここへ来てパッと目覚めたくらいだもの。 そういえば、三三「師匠」の噺を聴くのはこれが初めてということになるか。

竹次郎が一文無しから大店を構えるまでに到るサクセスストーリーと、急転直下の挫折、そして兄弟の愛憎。 波乱万丈の大河ドラマにでも仕立てられそうな内容を、手際よく一編の噺にまとめてみせた。
竹次郎の兄を過度に憎ったらしく演じない、リアルな描写がイイし、なにより、長講を少しもダレることなしに、聴き手をして、ぐいぐいと噺の世界へと引っ張り込む力は流石。
 
四人の噺家の個性のぶつかり合いに立ち会って、質量共に十二分、とっても刺激的なスゴイ夜でした。

|

« ジャックダニエル | Main | 覚弥の香々 »

Comments

この間、上野に行った時、黒門亭に行こうかと思ったのですが、詳しい場所もやっている時間も調べてないのに気が付きました(笑

黒門亭は、若手中心の処のようですね。
最初に行くならもっと一般的な処からの方が良いのでしょうか?

年末に落語会の年越しイベントにも申し込もうとしたら、チケットは瞬間蒸発したらしく買えませんでした。
スゴイ人気なんですね。

Posted by: 晴薫 | December 02, 2006 11:13 PM

>晴薫さん

ああ、黒門亭は奥まって、ちょっと判り難い「ええっ!」って感じの場所にありますからねえ。
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Map.aspx?ID=6
ここは、噺の中に楽屋ネタや、他の噺のパロディとかがバンバン出てきますし、そういうのを全部理解出来なくて構わないから、とにかくマニアックな雰囲気を感じてみたい人(σ(^^)のことです(笑))には好いと思います。
でも、なにしろ、もの凄く狭いので、最初の内は、落語を聴いているというよりも、高座から見られていると言う意識がついてまわりますけど。(笑)

出演は、若手から中堅、ベテランまで多岐に渡っています。 但し、大人気の噺家さんは(ってヘンな言い方ですけれど)滅多に出ないみたいですね。

上野ですと、鈴本演芸場が安心してお勧めできます。 場所も判りやすいですし。 内容もバラエティに富んで、いつ入っても楽しいですよ。
http://www.rakugo-kyokai.or.jp/Map.aspx?ID=1

年末年始の興行は大変な人気のようですね。 私は家でゴロゴロして(^^;、年明けは末の内も過ぎて落ち着いた頃から通うつもりです。

Posted by: もとよし | December 03, 2006 11:42 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 夢で逢いましょう:

« ジャックダニエル | Main | 覚弥の香々 »