« 鈴本・早朝寄席 06年09月17日 | Main | 蛙茶番 »

September 24, 2006

ねこに未来はない

  「ねこに未来はない」
     長田弘.著   角川文庫
 
 
オドケテるんだかニヒルなんだか、いまひとつ捉えどころのない、不思議な標題を持つこの本は、その昔、学校の図書室にあったのを見た記憶があるから、また随分と昔の作品と言うことになる。(実際、1970頃の刊行らしい)
その、表題ばかりが気になっていた本を、今回初めて、実際に手に取って読んでみた。 それで、永らく、この本のことを、子供向けの物語、それとも絵本かなにかと想い込んでいたのだけれど、そうではなくて、見方によっては深い含蓄のある、大人向けの私小説(多分)なのだということを、今頃にしてようやく知った。

本書によれば、一体、猫と言う生き物は、脳内の未来を知覚する部分が未発達であって、だから、こやつらは、自分の将来にバラ色の希望を抱くと言うことがない。 その替わり、先々に不安を感じたりすることも、またないそうで。 つまり、猫にとっては「今」しか考えられない訳だ。(そんなのは、なにも猫に限らないんじゃあないかって突っ込みも、あるかもしれないけれど) とまれ、猫を飼うと言うのは、そういう刹那的人生と寄り添いあって、生きて行くことなんだね。

それまで猫嫌いを通して来た詩人が、結婚して安アパートに所帯を構えると同時に、生まれて初めて猫を飼うことになる。 子供のいないこともあって、もう夫婦して夢中になって可愛がるのである。 小説は、その猫たちとの交流を中心に描かれるんだけれど、なにしろ二人とも猫のことなんて何も知らないもんだから、飼う猫、飼う猫を次々と行方不明にしたり、あるいは死なせてしまう。 このあたり、猫好きの人は、見ちゃあおれんでしょうね。 さして猫好きとは言えない私でも、こいつあ如何な最中と想ってしまうくらい。 よってこの本、愛猫家にはお薦めすることが出来ません。
 
文章からして、おそらくは渋谷のNHK放送センターの近くに居を構えていたと想われる作者。 そこに描かれる日常からは、1960年代も終わり頃の東京の街角を背景にして、無名の文学青年の姿(それもベタな)が浮かび上がって来る。 とは言え、高潔な理想と厳しい現実の狭間で傷つきもがく若く貧しい詩人・・・・なんて、如何にもありがちで自己満足的なパターンに陥らず、それはもう軽いかるい、そしてまた馬鹿っ丁寧なくらいの文体からは、逆に詩人のデリカシーと、現実を見詰める厳しい視線が伝わって来るのだ。
いや、そんな小理屈は別にしても、私はこの私小説を熱烈に支持したい。 その個性的な文体は、読み手の私をして、かつて他の小説からは見出すことの出来なかった、それこそネコにマタタビ的な魅力を発散している。

それにしても、ちょっとばかりまわりくどかありませんかね、この人の文章。 いや、そこがまた好いんだけれど。 おそらくはこの作者、2点間を歩くのに最短コースを選んだりしないね、絶対に。 きっと、細い脇道を好んで歩いたり、猫みたいに、自分だけのお気に入りのルートがあったりするんだ。 私には判る。 なにしろ、私もそうだから。

|

« 鈴本・早朝寄席 06年09月17日 | Main | 蛙茶番 »

Comments

まず題名が秀逸ですね。「猫に未来はない」

>こやつらは、自分の将来にバラ色の希望を抱くと言うことが>ない。その替わり、不安を感じることもまたないそうで。 >つまり、「今」しかない訳だ。
なるほどね。
だからあれほど色っぽいのかもしれません。

色々考えこむ私には羨ましい能力だなぁ。
うーーーーむ。
とまた考えこむのだった。(笑

Posted by: 晴薫 | September 24, 2006 at 07:10 PM


もとよしさん、こんばんは。

>きっと、細い脇道を好んで歩いたり
 猫みたいに、自分だけのお気に入りのルートがあったりするんだ。 

先日、細い脇道を好んで歩いていた私としましては
ちょっとドキッと致しました(笑)。


>それこそネコにマタタビ的な魅力を発散

わぁ 面白そう♪
読んでみたくなりました(*^_^*)

Posted by: ひよきち | September 24, 2006 at 08:27 PM

こんばんは。なんだか面白そうな本ですね。
今しかない・・・人間にもいますよね。そんな猫っぽい?人。
今を生きる。我が家のワンちゃんたちは、いつも今この瞬間をいきているみたいですよ(笑

あ・私もどちらかといえば、脇道、新しい道を探して歩くタイプかも^^

Posted by: みい | September 24, 2006 at 09:28 PM

>晴薫さん
 
>まず題名が秀逸ですね。「猫に未来はない」
 
ホント、すれ違いざま、思わず振り向きたくなるって感じの(?)ソソル題名でありますね。(笑)
この気になる題名の本の存在は昔から知っていて、長年ずっと気になっていたものの、今度初めて読んでみたと言うワケです。
 
 
>色々考えこむ私には羨ましい能力だなぁ。

私も考え込んでしまうタチですねえ。 それも、歩きながら。 オマケにわざわざ好ましくない方向に向かって歩いてゆく傾向があるみたいです。 一体、なに考えているんだか。(^^;

Posted by: もとよし | September 25, 2006 at 10:31 PM

>ひよきちさん
 
自宅付近の裏道、小道などはあらかた踏破済みだったりしませんか?(笑)
 
この小説、平仮名が多いし、イラストは長新太だしで、それこそ児童文学みたいな雰囲気を持つ割りに、なかなか凝った文体で、読ませます。
ひよきちさんに、きっと気に入って頂けると思いますよ。(^0^) 角川文庫に入っています。 背表紙は橙色(?)の薄っぺらい本です。

Posted by: もとよし | September 25, 2006 at 10:34 PM

>みいさん
 
今しか考えない猫イズム。 ワンちゃんにも通じるところがありましたか~。 あれこれ余計な心配をしたあげくに、結局「今」を大切にしていない感のある私としては、猫の人生感にちょいとばかり憧れがありますね。(^^ゞ
みいさんも脇道探訪派なんですね。 「ふくろうの三十一文字」の風景写真などを拝見すると、なるほどと思います。(笑)

Posted by: もとよし | September 25, 2006 at 10:36 PM

もとよしさん、こんちです。コメント入力欄の設定をわざわざ変更してくださったなんて恐縮です。ありがとうございます。長田弘の本は評伝と読書論に内容の豊かなものが多いですね。哲学書から絵本まで幅広い領域の本の紹介をしていて、私はこの人のおかげで最近すごくイイ古本をたくさん知ったんです。とくにアウシュヴィッツの収容所体験などを書き残したポーランド文学の作家のことを知ったのは大収穫でした。こういう読書案内をしてくれる存在ってすごく貴重。もとよしさんがおっしゃるように長田の文章表現はやや「くどい」印象もあるんですが、読書案内本を何冊か読んでいて、この人は「言葉を発する」感覚が非常にていねいなんだなと思うようになりました。「本の話は情報とは本質的に違うんだ」、「より新しい情報をより早く発信した者勝ち、というような感覚からは抜けて、もっと落ち着いて本を読むべきだ」という長田の考え方、私はとても好きです。

Posted by: 屁爆弾 | October 10, 2006 at 07:01 PM

>屁爆弾さん

>コメント入力欄の設定

あ、だうぞお気遣ひなくぅ。(^^ゞ

長田作品を、私は「ねこに未来はない」しか読んでいないんですけれど、巻末の解説によれば、素顔の長田さんて、やさしい、女性的な文体とは正反対にキレるとものすごくオッカナイそうですね。^_^;
そんな長田さんのクドイ文体には私も強く惹かれていまして、知らず知らず影響を受けている気がします。
仕事中に文章を認める折など、ついつい無駄に回りくどいのを書いてしまって(^^ゞ、この嗜好を暫し振り払うのに苦労したコトがありますし。(笑)

Posted by: もとよし | October 10, 2006 at 10:53 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/12021141

Listed below are links to weblogs that reference ねこに未来はない:

» 子供に見せたい絵本 [子供に見せたい絵本]
子供に見せたい絵本〜子供達にきちんと読ませてあげたい絵本を厳選してご紹介します。〜 [Read More]

Tracked on October 22, 2006 at 04:10 AM

« 鈴本・早朝寄席 06年09月17日 | Main | 蛙茶番 »