« アポロ13 | Main | NASAの磁気テープ紛失 »

August 13, 2006

浅草演芸ホール八月中席<住吉踊り>

2006年8月12日(土曜日) 浅草演芸ホール<昼の部>
 
 
睡い眼をこすって午前中から浅草演芸ホールに向かう。 お目当ては毎夏恒例の住吉踊り。
思えば私は、昨年の住吉踊りを見逃しているのである。 その頃仕事が立て込んだお陰で休日出勤が続いて、寄席通いどころではなかったからなんだけれど。 今年はこうして住吉踊りが見れるのだからして、なんのかの言っても、昨年よりはずっとユタカに暮らせていると想う。 その幸せを心して噛み締めるべし、である。 住吉踊りと言うことからか、この日の浅草演芸ホールは大入り満員。

今日はお終いに住吉踊りが控えているせいか、大概の噺が短めに切り上げられるし、なかには、パっと出て小話やってスっと下がる、なんてえ噺家さんもいる。 聴いているこちらも、一席一席を頑張って聴こうなンてことはしないで、(眠いのも預かって)思いっ切り寛ぎながら愉しませてもらうことにした。 よって、記憶もかなり曖昧になっちゃってる。 ゴメンナサイ、半分くらいはぼーっとして、夢うつつに聴いてました。
 
 
前座 初音家左吉 「たらちね」

五街道佐助 「鰻屋」
佐助は上手くなったね。 今日はトップバッターからして充実の出来だった。

柳家小菊 粋曲

三遊亭金時

笑組 漫才

三遊亭とん馬

三遊亭圓王 「お菊の皿」

翁家和楽社中 太神楽

桂小文治

雷門助六

すず風にゃん子・金魚 漫才

金原亭世之介

三遊亭吉窓

江戸家まねき猫 動物ものまね
猫がご飯をねだる時の鳴き声ってのを、はじめて知りました。

古今亭志ん弥

あした順子・ひろし 漫才

鈴々舎馬風

金原亭駒三

古今亭志ん駒

松旭斎美智・美登 マジック

春雨や雷蔵

金原亭伯楽

柳家小りん

三遊亭小円歌 三味線漫談

三遊亭金馬 「親子酒」

大喜利納涼 <住吉踊り>
住吉踊りは故古今亭志ん朝らが中心になって創めた寄席の踊り。 噺家を中心に芸人さん数十人が揃いの浴衣を着て、さして広くはない浅草の舞台を埋め尽くす総踊りは壮観だし、その間に差し挟まれる、いろんな踊りやギャグも粋だ。

志ん朝師をはじめとする発足当初の中核メンバーの何人かがもういない。 (そういえば一昨年、この場で中心になって踊っていた、圓彌師匠が今年他界されている) その反面、若手が次々に参加して住吉踊りの将来は明るいようで、まことに結構なことである。 メンバーは踊りの玄人ばかりではないようで、上手下手にかなり差が見て取れる。 そういうのがまた、アットホームな雰囲気につながって、好もしいのである。
それにしても、あー楽しかった。
 
 
        ▽▲▽▲▽▲
 
 
2006年8月12日(土曜日) 浅草演芸ホール<夜の部>

昼の部が終わって、そのまんま客席でぼんやりとしていたら、夜の部が始まっちまった。 そのまま愉しでゆくことにすることにする。
外は大雨なんだそうで、そのうちに雷が鳴り出した。 なにしろ、客席に座ってもゴロゴロ聴こえて来るくらい。 山の手線が止まったのなんのって騒ぎらしい、どうやら、夜の部まで居続けて正解だったみたい。
 
 
前座 林家たこ平

林家ひらり

花島皆子 マジック

川柳川柳

近藤しげる アコーディオン

林家うん平

昭和のいる・こいる 漫才

林家錦平

林家正楽 紙切り

入船亭扇橋 「ろくろっ首」

古今亭志ん五 「不精床」

翁家勝丸 曲芸

柳家さん喬 「代わり目」

ロケット団 漫才

林家種平

桂文楽 「権助魚」

三増紋之助 曲ごま

林家しん平

林家ペー 漫談

林家いっ平 「荒茶」
本来、この番組のトリは兄の正蔵だったのだけれど、その正蔵は徳島の阿波踊りに招かれたんだそうで、その代演としてのいっ平のトリである。
この「荒茶」、以前聴いたときに比べて格段の進歩が見られてかった。 いっ平の隈取の濃いルックスを生かした、戦国武将の演出が楽しい。 この噺、当人も余程好きなんだろうね。 加藤清正、福島正則をはじめ、戦国武将の厳つい顔立ちをコミカルに演じてみせても、決してスマートさを失わないのは、タレント一家に育った強みか。 ハイテンションで通す熱演で、これならばナットク。 この出来ならば、正蔵を聴くよりもかえって好いくらいかもしれないと想って、満足して帰路に着いたのである。

|

« アポロ13 | Main | NASAの磁気テープ紛失 »

Comments

>半分くらいはぼーっとして、夢うつつに聴いてました。
この夢うつつな脱力感が幸福だったりします。
お酒は飲んでましたか?

>なにしろ、客席に座ってもゴロゴロ聴こえて来るくらい。
こういう日ってハプニング的に居続けてノンビリしてると、夜の豪雨もまた一興ってきになりますよね(笑

>昨年よりはずっとユタカに暮らせていると想う。その幸せを心して噛み締めるべし、
私も今日から仕事でまた休み取り難き日々が続きますが、
何か小確幸(小さいけど確かな幸せ)を捕まえたらしっかりかみ締めたいと思います。

Posted by: 晴薫 | August 17, 2006 09:27 PM

>晴薫さん

>お酒は飲んでましたか?

あ、え~と飲んでません。(^^ゞ 浅草演芸ホールって、客席での飲酒オッケーなんですけれどね。
一昨年だったかの浅草演芸ホールで、近くの席に座った年配のご婦人が、開演前に缶ビールを愉しそうに飲んでるのを見て、粋だなぁって想ったことがありますけれど、その域までは、なかなか。(^^ゞ

幸せを噛み締めた翌週、つまりこの土日は出勤確定らしい、もとよしでした。(笑)

Posted by: もとよし | August 18, 2006 01:35 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 浅草演芸ホール八月中席<住吉踊り>:

« アポロ13 | Main | NASAの磁気テープ紛失 »