« ココログメンテナンス終了しました | Main | 竹シーツ »

July 15, 2006

題詠マラソン2005拾遺集

PCの中を整理していたら、ひょっこりと短歌の原稿が出て来た。 昨年のこと、題詠マラソン2005で100首の題詠を捻っていた折に詠んだ歌の数々である。

題詠マラソン2005では、提示された100のお題についての題詠をやった訳なのだけれど、その内、一旦詠んではみたものの、内容がイマイチで結局新たに詠み直すことになったり、あるいは捻りすぎてお題から食み出してしまったりしたものなど、つまり没にした歌たちが何首かある。
これらには、没とは言え没なりに、自分らしさが出ていると思うし、題詠マラソン2005と言う枠を取り払ってしまえば、お蔵にしておく理由もない訳だしで、そんな、一年ほど前の没短歌たちをここに並べてみようと思う。
 
 
 
008:鞄
三月の光うつろふ十字路に鞄の中身ぶちまけておく
 
 
013:焦
枝垂れ梅駆け抜けやうとする吾に何を焦つてゐるかと問ひをる
 
 
021:うたた寝
※これは気に入っている歌なんだけれど、題はあくまで「うたた寝」なので、「背をむけ寝る」この歌は、没にせざるを得なかった。
   
だつて飛ぶ為に生まれたのでせうと問へば背を向け寝る渡り鳥
 
 
022:弓
※これは、擦弦楽器を齧った人でないと判らない歌なので、一般性を欠くと言う理由で没にした。 楽器ケースに弓だけしまい忘れるってドジをやらかさないために、実際にこうやっている人を知っている。

蓋閉じる前に読むべし貼り付けた紙片に曰く「弓は入れたか?」
 
 
024:チョコレート
※寄席で時折耳にする、八代目林家正蔵のエピソードをそのまんま詠んだ歌。

アーモンド・チョコレート食す彦六の正蔵曰く「たぁねぇがぁでぇてぇきたぁ」
 
 
026:蜘蛛
「雲形の定規」と聴いて蜘蛛の巣の形を想ひ独り唸つた
 
 
041:迷
だうしても逃れられないものと知り、迷子になつた夢を見てゐた
 
 
049:ワイン
手に取つたグラスの中身こぼさずにこの場一気に駆け去る呼吸
 
 
054:靴下
※お題の「靴下」が、捻っている間に何処かへいっちゃった。 当然のことながら没。

まうづつと履くことの無い山靴も春ぢやはるぢやと囁いてくる
 
 
055:ラーメン
今生の終はりに食すものとしてラーメン選んだ男のはなし
 
 
061:じゃがいも
※この歌は自分でも中々気に入っているのである。 でも、じゃがいもでもう一首、更に気に入りの歌が詠めたので、残念ながら没にせざるを得なかった。 不運な一首。

これはまう大雑把でも好いのだと気付くじやがいもの皮剥きながら
 
 
088:食
なんとなし丸め込められた気持ちして桜餅をば余さず食べる
 
 
095:翼
鷹揚とふ言葉が好きで自信とは鷹の翼を広げた形
 
 
100:マラソン
マラソンの先導務む白バイに視線捧げり少年吾は
 
 
 
 
そう言えば、昨年の題詠マラソン2005を走り抜いてからこっち、気が抜けちまったんだか、あんまり歌を詠まなくなってしまった。 以前は忙しい中で、いやそれだからこそ、そこから素材を見出して、いろいろと詠んでいたっけ。 そのうちに折を見て、また詠んでみますかね。

|

« ココログメンテナンス終了しました | Main | 竹シーツ »

Comments

そろそろ「最近詠まれてませんね」とつっこもうかと思っていました(笑)。

もとよしさんはかなり熟考されて詠まれるのか、インスピレーションで一気に詠んでしまうのかどちらなんでしょう。

Posted by: バルカローレ | July 16, 2006 09:37 AM

>バルカローレさん

歌を詠む、その取っ掛かりはインスピレーションが頼りです。 でも、その後未完成の歌をあーでもない、こーでもないといじくり回して仕上げる時間がもの凄~く長いです。(^^ゞ ま、それをやっている過程が一番愉しいとも言えるんですけれど。

Posted by: もとよし | July 16, 2006 02:19 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 題詠マラソン2005拾遺集:

« ココログメンテナンス終了しました | Main | 竹シーツ »