« 職場が暑い! | Main | 桜 »

March 17, 2006

ご近所にジムあり

アパートの郵便受けには、郵便物だけでなしに、日々色んなチラシが放り込まれるものである。 中には歓迎されない内容のものや、私に渡されてもムダなんだけどねえって教えてあげたいものなども来る。 いや、どちらかと言えば、そういったムダ弾の方が多いかもしれないな。

今日、帰宅しなに覗いた郵便受けに入っていたのは、我が家の近くにあるボクシングジムの新規会員募集チラシであった。
そもそも私は、ボクシングの試合を生で観た事が無い。 テレビでタイトルマッチがあったとしても、まず見ることがないし、ましてや自分でやってみようなどと考えたことも無いけれど、A4版両面カラーの中々丁寧に出来たチラシからは、ジムの真面目で明るい雰囲気が伝わって来るような気がして、しばし見入ってしまった。
このジムでは、プロコースはもとより、アマチュア、体力アップ、ダイエットの他、キッズなど、さまざまなコースを用意していて、初心者、女性、中高年から子供までと幅広い層にアピールしている。 一日無料体験なんてのもやっていて、一体どんなコトをさせて貰うんだろう・・・・ちょっとだけ、好奇心をそそられるけれど。
ともあれ、ボクシングジムと言えども、もはや(その昔読んだボクシング漫画のように)ハングリー精神やど根性でやっていくご時世ではないんだろうね。

因みに、会費は男女によって異なる。 すなわち、入会金は男性よりも女性の方が少し高く、月会費の方は逆に女性は男性の半額なのである。 これって、なかなかに興味深い料金設定と想うな。

|

« 職場が暑い! | Main | 桜 »

Comments

私はやっていた、というレベルではないのですがボクシングジムには通っていたことがあります。(15年位前です)

当時はまさか女性が来る時代になるとは思わなかったです(笑

入るなら実際に行って雰囲気を読んでからがイイですよ。

一見退屈そうですが、私はウエイト・トレが続いています。
コッチは一人で出来るし料金が安いのがイイです。

結構オススメですよ。

Posted by: 晴薫 | March 19, 2006 at 01:33 AM

なるほど、ボクシングジムにもいろいろあるんでしょうね。
件のジムのチラシにはトレーニングする女性の写真がありました。 ランキング何位とかの選手は未だ出していないみたいですけれど。

ウエイト・トレーニングは、習慣にすることができれば、結構気持ちイイのではないかと勝手に(!)想っています。 
これでも、数年前まで週末のサイクリングに凝っていたんですけれどね。 何時しか止めてしまったのが悔やまれます・・・・orz

Posted by: もとよし | March 19, 2006 at 12:44 PM

料金システムが微妙に面白いですね。「何で、何でそうなるの、答えてもらいましょうか、さあさあさあ」と思わずマイクを向けたくなるくらい興味津々(笑)。でもボクシングにはあまり関心がないほうかも。コンタクトレンズで視力矯正をしている者にはとてもできそうにないスポーツだもん。それに、いったんグローブをつけてしまうと他のことが何もできなくなりそうだし(笑)。ユニフォームにも影響されるね。どうでもいいけどオリンピックなどで行なわれるプロレスリングのユニフォーム。女子のスクール水着みたいなやつ。どういう必然があってあのようなデザインなのかが不思議でしょうがないです。

Posted by: 屁爆弾 | March 20, 2006 at 05:01 AM

>屁爆弾さん

>料金システムが微妙に面白いですね。

会費が半額ってのは、ある意味判りやす過ぎかも。(^^;

レスリングのユニフォームね~。 確かに、見ていてやや落ち着かないかも。(^^;
いやいや、これは見る側の心得がワルイのであって、決して筋骨逞しい選手達があろうことかスクール水着を・・・・なんて連想してはイケナイんですってば。(笑)

Posted by: もとよし | March 20, 2006 at 09:52 PM

>なかなかに興味深い料金設定と想うな。

そうですよね。ほんと、何でだろう。興味津々。

タイボが好きで3年前までは熱心にジムに通ってましたが肩甲骨に腱鞘炎を起こして、痛いのなんのって。ボクシングの様にパンチング バグや対象とのインパクトが無いからイイかもと思ったのが、反って腕や脚を空中に出して水泳の様な水からのレジスタンスが無いものは下手すると、そうなると医者に言われた。
もう3年、活発なエクササイズから離れているから開始しようかなあ。払っただけで無駄になる傾向になると勿体ないけれど。

性差別みたいですが男女混合のジムは自意識過剰になってしまう女性には女性だけのジムはいい。それに女性の体をよく考えた方向づけがあるし。私のはそれです。でも男性が時々居るんですよね。機械を使いに来るようですが。聞いてみた所、地理的に一番近いのと、女性だけで男性を入れないのは性差別だそうです。
だけど女性がグループで床運動などをしている時に、そちらを向いた方向にある自転車に乗っていたりされていると、ちょっと床運動をしている側にしたら自意識過剰になる。それに、かさ張らなくて動きやすいように運動着も下着もミニマムになっている所へ白を着ていてビッシャリ汗だくになったりしたら、もう、ヘルプレスですね。

ウチの人はウエイトの機械を使いに男女共学ジムに行ってますが、視覚のエンジョイをしてるはず。考えたら、視覚のエンジョイが無い方がおかしいですが。
結婚指輪を外さずに(グリップに邪魔になるそうですが?)行った時に、傍の男性から、現代に稀な男性だと驚嘆されたらしい。普通、こっそり外して来る心理らしい。横道にそれたオシャベリをさせてもらいに来ました。じゃ…

Posted by: でんでん虫 | March 24, 2006 at 11:27 PM

>でんでん虫さん
ジムのように本来ストイックな世界で、男女席を同じゅうするとなると、男性の気が散らされてトレーニングにならんのでは、などと考えてしまうんですけれど。(^^; なるほど、逆に女性の側が自意識過剰になってしまうっていう問題もまたあるワケですね。(^^;;

美女の視線に気付いた男が実力以上のダンベルに挑んで・・・・なんてのは、コメディのネタにありそうですけれど。(笑)

我が家の近所のジムのようなところの場合、男女それぞれの自意識への心使いが、商売繁盛の秘訣かもしれませんね。

Posted by: もとよし | March 26, 2006 at 04:32 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/9124728

Listed below are links to weblogs that reference ご近所にジムあり:

« 職場が暑い! | Main | 桜 »