« たいてう、わろし | Main | トリノ冬季五輪(フィギュア) »

February 23, 2006

トリノ冬季五輪(スケルトン)

そもそもがテレビを殆んど観ない生活を送っているので、冬季オリンピックも動画ではあまり観ていない。 私にとっての五輪情報は、ネットから得るがもの殆んどである。
それにしても、スケルトンって「凄え!」と思よ。 似たような競技にリュージュがあって、これもスゴイと想っていたけれど、うつ伏せと仰向けの違い・・・と言うよりも、足元から降りるか頭から突っ込んで行くかという姿勢の違いは、選手にとって相当のじゃあないかと思う。
なにしろ顔面スレスレに氷面が来る訳だから、それがまた猛烈なスピードで滑走するんだから、世の中のありとあらゆる乗り物のなかで、体感速度はピカイチなんじゃあないかって気がしている。 そんなに言うならオマエ乗ってみなって言われたら・・・・かなり心が揺れるかもしれません。 ハイ。

|

« たいてう、わろし | Main | トリノ冬季五輪(フィギュア) »

Comments

私冬季オリンピックのTVはほとんど見てないんですが、屋内の氷の上をモップでふいて歩くようなかっこうの、あれもスポーツと申すものでございましょうか。古くさい江戸下町育ちの私のコケのはえた感覚ではどうも合点がいきませぬ。日本の選手たちが奮闘してくれているのだろうに、ルールの見方も知らなくてごごご、ごめんなさい、って感じ(^^;)。もとよしさんがおっしゃるスケルトンですが、NHKの深夜番組で選手の練習光景のドキュメントをやっていたのを見たことがある。一人の闘いだから自分で自分のコーチをさがすところから始まるんですね。フィジカルな面とメンタルの問題、両方を自分一人で管理していく。それは無論どんなスポーツ選手でも同じなんでしょうが、チームで闘う種目の選手とは少し異なる精神の強靭さをかいまみたような気がしました。もとよしさんがおっしゃるように、あの地面と顔面の接近怒、確かにこわいですね。

Posted by: 屁爆弾 | February 24, 2006 at 04:18 PM

>屁爆弾さん
氷上のチェスとも言うアレ、ですね。 モップに漬物石。 生活感溢れる、しかし歴としたウィンタースポーツとのことです。 ところで竹箒を使ったら反則になるのでしょうか。 あ、いや失礼。m(__)m それにしてもこの競技、テレビでほんの一瞬見ただけですけれど、結構面白そうですね。
スケルトンは、仰るとおりとても孤独なスポーツなんでしょうね。 独りで滑走する訳だし、そもそも一旦滑り始めたら余所見するどころではなさそうだし。 そのストイックさは、傍目にも楽しそうにプレイしているカーリングなどとは対極な世界なのかもですね。

Posted by: もとよし | February 25, 2006 at 12:46 AM

こんにちわ。
カーリングは意外に観るのが好きな人が多そうですね。飲みに行ってもギャーギャー言って観ている。私は焦れったくて観ていられないのだけれど。
米国で日本チームがプレーするのを観た事がないのですが、プレー中にどんな日本語を叫び合うのですか? 非常に興味があります。カーリングはゲーム中、ものすごく大きな声で叫び合ってますよね。「ヤーーーー」とか「ギャーーーー」とか。やっかましいな、も〜、ですが、かえって可笑しくなります。
スケルトンは恐怖でしょうね。のんびり ソリ滑りとは勝手が違いそうで。乗ってみる?と言われたとしたら、乗らなければ本気で撃ち殺すと言われない限り、興味なし。

Posted by: でんでん虫 | February 25, 2006 at 03:26 AM

>でんでん虫さん

最近あちこちに出来てきたスポーツバー。(米国ではなんと呼んでいるのか知りませんけれど) ああいうところで皆でワイワイ言って、飲みながら観戦するのは楽しそうだな

野球やサッカーと違ってカーリング用語ってのを知らないこともあって、日本代表チームが何言ってんだか良く判りませんでした。(笑)
それにしても、ああいう競技(皆でストーン追いかけて、俯いてモップを掃く)ですから、大声を出し合って、盛り上げていかないと暗くなっちゃうのかな? と思います。(笑)

Posted by: もとよし | February 26, 2006 at 10:03 AM

私はけっこうスピード狂を自認しているのですが、スケルトンは出来ないな(笑。
これは怖すぎるよ。
どんなヤツが考えたんだろうか?
顔がみたいと思うと、最近は下手するとネットで見れたりするからまたそれも別の意味でコワイですね(笑

Posted by: 晴薫 | March 03, 2006 at 07:27 PM

>晴薫さん

そうですね。 これ、傍目にはスリルを楽しむ為のスポーツって風に見えます。(^^;
長野のスパイラルではスケルトン体験会ってのをやっているそうですね。 参加資格は小学校4年生以上。 費用はソリレンタル料と滑走料の他、保険料。(爆) なかには、コワイもの見たさの人も参加するんでしょうか?(^^ゞ

Posted by: もとよし | March 04, 2006 at 10:15 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/8794340

Listed below are links to weblogs that reference トリノ冬季五輪(スケルトン):

« たいてう、わろし | Main | トリノ冬季五輪(フィギュア) »