« 御慶 | Main | ネームタグ »

January 10, 2006

手袋

大晦日に兄の家へ向かう途上、手袋を持って出て来なかったのに気付いた。 この寒風の下に、素手で歩くのはやはり辛い。 と言う訳で、途中で見付けた100円ショップに飛び込んで毛糸の手袋を買い求めた。
それにしても、今や手袋まで税込み105円で買える時代になったんだね。
この手袋は、値段なりにと言うべきなのか、保温性はそこそこだけれど、伸縮自在な素材で掌にピッタリとフィットするから、掌に嵌めていてなかなか快適である。
毛糸は濃い青色で、ちょいと渋めのデザイン。 コストパフォーマンスは抜群と言えよう。 なにしろ105円だもんね。 

兄宅で年を越して、自宅に帰って来てからも、ずっとこの105円を愛用していた。 当地では、あまり厚手の手袋など必要としないのと、伸縮自在のフィット感が気持ち好くて、すっかり気に入ってしまったのだ。

今日、1月9日。 全国的に成人式の日。 三連休の三日目。 自分的には三連続休日出勤の三日目でもあったけれど、その通勤の途上、なんだか左手の中指が涼しいなと思ったら・・・なんとまあ、手袋の指の付け根と言うか、指と指の股部分をブチ抜いて、人差し指がニョッキリ顔をだしていたのである。 あゝ驚いた。

掌に嵌めるとき、あんまり乱暴に指を突っ込んだのがイケナかったのだろう。 廉価な品物にはそれなりの理由があるに違いない訳だけれど、105円の手袋の場合は、良く見ると指の付け根部分がまるで強度不足なのである。 そこだけ糸が足りないのである。 それこそ、スケスケなのである。 
それにしても、手袋の指の付け根部分に付いて、このように思いを廻らせたコトなどかつて無かったなあ。 手編みの手袋など編まれる方は、この辺で苦労されたりするのではないだろうか?
さてこの105円。 小さな穴が開いてしまったとは言え、今でも一応防寒の用は足るので、まだまだ捨てたりはしないのである。
吝嗇ですねえって? いえいえ、未だ使えるなあって思うと、どうしても捨てらンない性分なんでさ。

|

« 御慶 | Main | ネームタグ »

Comments

俺も棄てられないタイプです。
モノにも心がある気がする。
粗末にするのは可哀相です。

手袋が105円。
強い円と、お隣の膨大な人口に由来する安い労働力のもたらす成果ですね。

Posted by: 晴薫 | January 13, 2006 at 01:18 AM

>晴薫さん

そうこうしている間に、一昨年だったか元町のGAPで買い求めた手袋、永らく行方不明(^^;だった奴がひょっこりと出て参りました。
こちらの方は至って頑丈に出来ているので、如何な物持ちの悪い私といえども、そう簡単に壊れそうもありません。 適材適所。 目下、105円君を生かし切るポジションに付いてあれこれと考え中です。(笑)

Posted by: もとよし | January 13, 2006 at 10:08 PM

もとよしさん、こんばんは。

その100均の手袋、とっても使いやすいだとかで家人も愛用していますよ。

100均といえば、著名演奏家のCDがあり結構驚いたことがあります(^^ゞ

Posted by: バルカローレ | January 13, 2006 at 11:45 PM

>バルカローレさん
100円ショップで売られているクラシックのCD。 フルトヴェングラーやカラヤン指揮の演奏だったりするんですよね。 ピアノだとホロヴィッツとか。
その他、落語のCDも出ていますね。 私は何枚か買ってみましたけれど、中には素晴らしい出来の、これで税込み105円は安過ぎだ~って叫びたくなるものもありました。

Posted by: もとよし | January 14, 2006 at 12:13 AM

もとよしさん こんにちは。

>未だ使えるなあって思うと、どうしても捨てらンない性分なんでさ。

お若い方が、そういうご性格なのは、はるかな人生の先輩として非常に嬉しいです。私の頃は戦争によって何もかもが不足していたので、例えばユカタ→オシメ→雑巾がボロボロになるまで…と。だから今でも物を捨てる事には罪悪感が伴います。
いっ時、消費が美徳と言われた頃は、もう付いていけない思いでした。特に食料を粗末にしてレストランで食べ物を残す人には強い反撥を感じます。ひもじかった昔や、今世界で飢えている人の事を考えてしまいます。

手袋はよく編みましたが、指の付け根は目を作って目数を増やすのよ。そすると立体的になりますが、多分、平面的な編み方だとそこから穴が開くのでしょうね。もとよしさんみたいな方には編んで差し上げたい気持ちになります。

関西の100円ショップ「ダイソー」は、100円の商品しか置いていないと思ってたら、そうじゃないのね。先日ドリップ用のコーヒーポット(ガラス)があったので、「これ100円!!」と感激してレジに持っていったら420円だって。買わないで元に戻しましたが〈笑) ご存知でした?

Posted by: sumiko | January 20, 2006 at 03:45 PM

>sumikoさん
お返事遅れてしまってゴメンなさい。(^^ヽ

私も食べ物を残すのが苦手です。 親から、そう言う風に躾けられたと言う記憶もないので・・・きっと、性分なんでしょうネ。

手袋をお編みになるんですね。 とっても難しいのではありませんか? やっぱり、指の付け根部分は大事なポイントだったんですね。 今度、毛糸の手袋を買うときには、ココのところを注意して見てみようと思います。(笑)

我が家のすぐ近くにもダイソーがありまして、やっぱり100円では買う事の出来ない商品が置いてありますけれど、これって、看板に偽りありですよねえ。(笑)

Posted by: もとよし | February 05, 2006 at 12:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/8088345

Listed below are links to weblogs that reference 手袋:

« 御慶 | Main | ネームタグ »