« 大晦日 | Main | 手袋 »

January 04, 2006

御慶

例年の通り、兄の家で年を越した。 すっかり大きくなった甥っ子姪っ子たち。 昔とは違って、合うなりこっちに跳びついて来て、まとわり付いた離れないなんてことはしない。 そんな今は、かつてと比べて楽かと言えば確かにラク。 ちょっとは寂しいかと問われれば、やはりそうなのである。

年越しの準備など一切合財サボったお陰で、大晦日は至ってのんびりと過ごした。 年越し蕎麦を造りはじめたのも、NHKの「ゆく年くる年」が始まってからである。 なんとはなしの成り行きで、今年は私が担当者である。 今年の蕎麦は例年にない上出来と自負しているけれど、家族の反応はイマイチなのが、担当者としてはちと物足らぬ。

年を越して1時間程経過してから、急に初詣に出掛ける事を決めて、クルマを駆って布施弁天と言う処に行く。 善男善女で中々の賑わいを見せる。 今年は兄の長男の受験があるからして、まずは何を置いても合格祈願の兄一家である。 お御籤もひいて、家族して盛り上がる。 凄く寒かったけれどその分、甘酒が美味い。 なにより、こうして家族でする初詣は、とても気分の好いものである。

元旦のお昼頃、お年玉ですっかりリッチになった甥っ子・姪っ子たちと、近所の古本屋(フックオフのような処)に行く。 早速コミックを買い漁る子供ら。 書籍もいろいろと取り揃えてあったのだけれど、これと言う、興味の湧く一冊を見出せない・・・・・と言うよりはテンションが弛みまくって、結局自分では何も買わないままである。
そのまま姪っ子らと、今度は東武ストアに行って、衣類やら菓子パンなど、いろいろと買わされる。 上の姪は買い物には矢鱈と時間を掛けるタイプらしくて、婦人服売り場に突入した切り、スポンサーである私を待たせたまんま、中々戻っては来ない。 こういう買い物の仕方は、父親である兄よりも、むしろ叔父さんである自分に似ているなあ。

その夜は子供らとテレビを観て、翌日の昼近くに自宅に戻った。 お正月をのんびりと過ごせて、自分としては充分に満足している。

2006年。 今年は一体なにがあることやら。 考え出せば不安は尽きないけれど、まずは皆様、今年もよろしくお願い致します。

|

« 大晦日 | Main | 手袋 »

Comments

明けましておめでとうございます。
昨年はたいそうお忙しい年だったとのこと。
今年もほどのよい多忙さをお祈りいたします←ヘンテコな文
そして、今年もよろしくお願いいたします。

Posted by: ahaha | January 04, 2006 at 02:00 AM

あけましておめでとうございます。うちも元日に近所の親戚が集ってお年玉配りを行なうので新年早々ふところ具合に寒風が押し寄せるざんす。「おめえら、いつか少しは恩返ししてくれるんだろうな、こら」などと腹の中で悪態ついたりするんだけど、思えば自分も昔は両親、祖父母、叔父叔母たちから毎年お年玉をもらってたのにお返しらしいお返しはしなかったような・・・(笑)。こういうのはめぐりめぐって元へとかえる南京たますだれのようなもので、要するに「順番」なのかも知れませんね。もとよしさんも年末年始ごゆっくり過ごされたようで何よりです。今年もどうぞよろしく。

Posted by: 屁爆弾 | January 04, 2006 at 08:32 PM

微笑ましい光景ですね。スポンサーさんとしては待ってるだけで一緒に選んだりされないんでしょうか(笑)?

親戚つきあいって大変なんですけど、もとよしさんところはいつも和やかな感じでいいですね。

Posted by: バルカローレ | January 04, 2006 at 10:54 PM

>ahahaさん
おめでとうございます。
こういうご時世ですから、あんまり忙しいのなんのと文句を言っていては罰が当たるかもしれませんね。(^^;
でも、程好い位の忙しさが望ましいですよね。 やはり。(笑)
本年もよろしくお願いします。

Posted by: もとよし | January 05, 2006 at 12:04 AM

>屁爆弾さん
あけおめでございます。(^o^)
ウチは親戚の殆んどが関西在住でして、首都圏には兄一家しか居ません。 なので、お年玉も兄の子供らに納めるだけで好いのです。
これは、とっても助かります。(笑)
親達の世代へのお返し・・・・私も出来ていませんねえ。orz
今年もよろしくです。

Posted by: もとよし | January 05, 2006 at 12:12 AM

>バルカローレさん

>スポンサーさんとしては待ってるだけで一緒に選んだりされないんでしょうか(笑)?

いへいへ、婦人服売り場まで付いてゆく度胸のない叔父さんなのでした。(^^;

>親戚つきあいって大変なんですけど、

実は、こっちに居る親戚って兄一家だけなんですよ~。 だから、親戚付き合いも滅茶ラクなんですね。(^^ゞ その代わり、親戚の殆んどが集結している関西に出掛けた日にはエライ事になりますけれど。(爆)

Posted by: もとよし | January 05, 2006 at 12:17 AM

もとよしさん
おめでとうございます!ワン!
お忙しい昨年も過ぎてしまえば過去、今年も何かいいことあると信じてがんばっていきましょう^^

親戚もあまり多いと疲れますが、もとよしさんはのんびり過ごせたようで良かったですねえ♪

今年もよろしく^^

Posted by: みい | January 05, 2006 at 04:56 PM

>みいさん

謹んで新年のお慶びを申し上げますワン

4日から早速忙しくしていますけれど、お正月だけはゆっくり出来たので満足です。
子供の頃は、お正月ともなれば親戚の大勢居る大阪で賑やかに過ごすことが度々だったんですけれど、大人になってからは、すっかり疎遠になってしまっています。 平和(^^;なお正月ですけれど、やはり、ちょっと寂しいのも確かですね。
今年もよろしくお願い致します。

Posted by: もとよし | January 05, 2006 at 08:42 PM

おめでとう、もとよしさん。
>今年は一体なにがあることやら。 考え出せば不安は尽きないけれど
私もそうです。
私が新年に願ったことは、
「今年訪れる困難と闘う勇気を与えて下さい」です。

年末は31日まで大変でしたね。
私は、31日から4日まで休めましたが、明日は一日、明後日も午前のみ働きます。
しっかりやるつもりです。


Posted by: 晴薫 | January 07, 2006 at 12:46 AM

>晴薫さん

あけましておめでとうございます。
仕事の方が4日から早速の大忙しで、お正月の休みは、あれは夢か幻だったのかしらと言いたくなります。(笑)

>私が新年に願ったことは、
>「今年訪れる困難と闘う勇気を与えて下さい」です。

そうですね。 私もまた、勇気が必要な処に来ています。 好き言葉を、ありがとうございます。
今年もよろしくお願いします。

Posted by: もとよし | January 08, 2006 at 01:05 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/7988909

Listed below are links to weblogs that reference 御慶:

« 大晦日 | Main | 手袋 »