« 去り往く秋を感じ入るのだ | Main | 大晦日 »

December 25, 2005

雪見

繁忙とプレッシャーの日々もだんだんと先が見え始めた中で、先程休日出勤の二日目から帰宅した。 それにしても寒い。 この処めっきりと寒さを増して来て、暖冬とか言っていた年のあったのがまるで嘘のようである。
寒いとは言っても、耐え難い程の厳しさと言う訳ではないけれど、それでも例年に比べれば、ずっと冬らしい冬の到来と言う気がするのである。 この処のニュースでは、各地での積雪を伝えているけれど、当地には未だに雪が来ない。

私の場合、どちらかと言えば夏の暑さ方に参ってしまうクチである。 もしも冬の寒いのと、夏の暑いのとどちらが苦手かと問われれば、暑過ぎるのだけはご勘弁をと答えるのに躊躇はしない。 一体、私が子供時代を過ごした静岡市~清水市界隈は、背景として霊峰富士を戴きながら、まったくと言って良いくらい、雪の降らない土地であった。
それで、小学生の頃には「雪見」と称する行事に何度も参加したのである。 これは、地区の子供会でバスを仕立てて、みんなで富士山の裾野辺りまで出掛けて、雪遊びをすると言うもの。 スキーなんて誰も出来やしないから、雪の上を歩き廻ったり、雪合戦なんかで愉しんだ。 雪なんて常日頃、触れる事はおろか直に見たこともないから、みんな結構コーフンするのである。
同じ町内に住まう小学生の親子連れだからして、子供らは元より、親たちも近所付き合いがあって、だから行き返りのバスの中でも賑やかだった。 思えば無邪気な冬のお楽しみであったなあ。  私の中にある、雪に付いての原風景と言えば、この雪見なのである。

|

« 去り往く秋を感じ入るのだ | Main | 大晦日 »

Comments

こんばんは!お忙しそうですね。風邪には気をつけてくださいね。今年はホント豪雪地帯の皆さんは大変です。

「雪見」なんて、それも富士山の裾野いいですねえ。羨ましい雪の思い出ですね。

ではよいお年を^^

Posted by: みい | December 27, 2005 at 09:01 PM

寒い冬に夏の暑さは苦手と云えるのは完全に暑さに勘弁願い。
すぐ同意すると云われそうですが、私もです。

静岡といえば、踊り子のモデルになったと自称する女性の方が修善寺で小さなお店を出していた。細長い黒竹に、彫ってもらいたい言葉を彫ってくれるんです。もう亡くなられているはず。かなりお年だった。今も使っているブックマークです。

沼津の漁港にある魚市場の奥に、最高中の最高の寿司を食べさせてくれる所がある。あんな美味しい寿司は2度と食べた事ないです。競りがひけた早朝の2−3時間だけ開ける。

どこの港だったか、ホテルの様な船も止まっていました。中が素敵でしたね。この船は航海には2度と出ない古い船でした。確かピアノやウナギの産地でもあったと記憶する。

富士山の姿は、あれ最高ですよね。足首の下だけ雨が降っていましたよ。これホント。

じゃ、もとよしさんに雪のある新年が来ます様に。

Posted by: でんでん虫 | December 29, 2005 at 08:49 AM

>みいさん
ありがとうございます~。(^^)
思えば雪には殆ど縁無く暮らしてきたもとよしです。 そう言えば、先日八ヶ岳に行く計画があったのですけれど、その前日から超弩級の繁忙期に突入してしまって、計画はふいになってしまったのでした。(ーーメ) やはり雪には・・・いやそれだけじゃなくお楽しみの白葡萄酒と湯豆腐までふいにして、とにかく白いものには縁のない最近のもとよしです。orz

Posted by: もとよし | December 29, 2005 at 09:06 PM

>でんでん虫さん
ありがとうございます!(^ァ^)
NYは素敵なホワイトクリスマスだったでしょうか。 こちらは相変わらず雪を見ません。

修善寺から浜松(ピアノとウナギと言えば)まで、でんでん虫さんは静岡を幅広くご存知ですね。(笑)
静岡で海産物と言えば、桜海老が美味かったです。 これの天ぷらを母親が気に入って、しょっちゅう食べさせられました。 もう随分長いこと喰ってませんね。私にとってはオフクロの味の一つです。
富士山には、何年か前に登ったことがあります。 山の天候って不思議、と言うか神秘的ですね。 元来、超強力雨男の筈の私ですけれど、この富士山行の時ばかりは、何故か雨には祟られませんでした。

Posted by: もとよし | December 29, 2005 at 09:08 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/7824877

Listed below are links to weblogs that reference 雪見:

« 去り往く秋を感じ入るのだ | Main | 大晦日 »