« 衝撃降下90度 | Main | ご近所に旨いものあり »

November 09, 2005

シャープペン

こうしてブログを書いている分にはバレはしないけれど、元来私はものすごい悪筆である。 それは、子供の頃からの筋金入り。 幼い頃、大人になれば上手な字が書けるようになるものだと、理由もなしに信じていたけれど・・・・・当然、そんな訳はなかった。
なにしろ鉛筆の使い方からして、どうしようもなく下手であった。 真直ぐ安定した線が引けず、その線も、時に応じて太かったり細かったりと、まったく落ち着きがない。 それに、鉛筆を削る先から、すぐに芯を折ってしまう。 要するに不器用なのだ。

鉛筆に替えてシャープペンを使い始めたのは、一体何時の頃からだったか好く憶えていない。 これは、芯の太さがどこまでも安定していて、しかも芯が折れたとしてもノックするだけで後から後から出て来る。 本当にありがたかった。 爾来、鉛筆に戻った事は無い。

先日から新しく使い始めたシャープペンはサイドノック式。  これはシャープペンの端ではなく、握った人差し指の辺りにボタンがあって、それを押すことで芯が出て来ると言う仕掛けになっている。 そう言えば、このタイプを使うのは始めてである。 シャープペンを持ち直さずにノック出来ると言うのがウリなのだけれど、生憎と今ひとつ使い辛い気がする。

自分と相性の悪いシャープペンを使うと、すぐに芯が折れるのでそれと判る。 これが鉛筆ならば、鉛筆を削ってばかりで往生するところ・・・・・いいや、鉛筆ならば芯が折れぬよう、一層丁寧に書くことだろう。 便利なシャープペンのお陰で、何時の間にか字の書き方が尚更ガサツに成り果ててしまったと言うべきなのかもしれない。

|

« 衝撃降下90度 | Main | ご近所に旨いものあり »

Comments

サイドノック式のシャープなんて使ったことないけれど、なんだか使いづらそう(笑)
字というのは、その人のくせが出るもの。筆跡で人物鑑定する人もいますよね。うまい下手は別として^^。
相性のいいものがイチバンですよね。

Posted by: みい | November 09, 2005 at 02:11 PM

>みいさん
昔から、「字は人を表す」なんてコトを聴くたびに窮屈な想いをしてます。(^^ゞ もともとが悪筆な自分ですから、せめて筆記用具などは、尚更、自分に合ったものを選ぶ方が良さそうですね~。 使い慣れたタイプのシャープペンを買い直すべきか・・・・(^^;

Posted by: もとよし | November 10, 2005 at 08:37 AM

サイドノック式シャーペンね、近所の事務用具屋さんで今度、見てみる事にする。
私も長年、シャーペン族です。私のはノック式。そこを引っ張ると、細い消しゴムで、消しゴムの部分を引っ張ると芯貯蔵室。シャーペンを買う時は、それ用の消しゴムの買い換えを売っているか、確認してからシャーペンを買ってます。ノック式は、消しゴムを使う時にタッチを軽くしないと、芯がドンドン出て来るんですよね。
その意味でも、サイドノック式に興味が湧きました。

Posted by: でんでん虫 | November 12, 2005 at 12:24 PM

>でんでん虫さん
シャープペンの端っこに付いている小さな消しゴム。 アレって、私は殆んど使わないので、シャープペンが壊れるか無くなるかするまで、綺麗なまんまです。 確かに、ちょっと力を入れると字を消す前に芯が出て来ますね。(今、実験してみました(笑))

Posted by: もとよし | November 12, 2005 at 09:11 PM

もとよしさんって書道をやってそうなくらい、字が綺麗な人だと思っていました(^^;)。悪筆とは(きっと自分で思っていらっしゃるだけ)意外ですね。

ボールペンやらシャーペンとか人によって、拘りがあって面白いです。筆圧が強いからボールペンしか使わないという人もいましたね。

Posted by: バルカローレ | November 13, 2005 at 10:13 AM

>バルカローレさん
いえいえ、ホントーに酷い字なんですよ。 その癖、書くのが遅くてイヤになっちゃいます。(笑)
シャープペンや鉛筆の場合は、硬度の好みがありますよね。 私は軟派(^^;で、専らBを愛用しています。
ボールペンはインクの出にムラがあるので苦手(単に、使い方が下手なだけと想いますけれど)としています。
ぢつは密かに(^^;、万年筆に憧れているんですけれどね。 未だかつて、使いこなせた試しがありませんです。(ーー;)

Posted by: もとよし | November 13, 2005 at 05:39 PM

私も軟派。ペンテルの2B。消しゴムもシャーペンも(せっかちなのかプが落下する傾向)。こっちでウチの近所の日系100円店で芯を購入。0.5ミリと0.9ミリ。シャーペンと消しゴムは米国系文房具屋さんでペンテルの名に魅せられて買ったのですが、芯はミリ単位で売るのに、書く度に芯が少しヅツ中に入って行くのに遭遇するんですよね。肩すかしを食ったよう。100円店のペンテル芯はピッタリ合います。その店は閉店してしまいまして....。そんなん知るか?

Posted by: でんでん虫 | November 14, 2005 at 03:33 AM

私もBoPen、いや、ボールペン苦手。何でも同調するみたいなので、一つ違うのは私は達筆って沢山の人に言われるんですよね〜。
万年筆はサインする時に出すと格好いいって感じですが。
『おかあさん、僕の浸けペン、どうなったんでしょうね』

Posted by: でんでん虫 | November 14, 2005 at 03:44 AM

>でんでん虫さん
私のサイドノック式シャープペン(なんのかの言って、未だ使い続けてます(笑))はプラチナ製。 近所のコンビニで、確か100円で買った筈です。 おそらく、こういった小物文房具は、今や100円ショップが価格の基準を作ってしまっているんでしょうね。

>万年筆はサインする時に出すと格好いいって感じですが。
そこへいくと、こっちはハンコ社会ですからね~。 万年筆なんぞ、まず使う機会がありません。 万年筆、それから毛筆に対しても、上手く使いこなせないことへのコンプレックスを持っています。
付けペンですか? これは尚更お目にかからないですね~。 美術系の方は今でも使っているんでしょうかねえ? Gペンとか丸ペンとか。

かつては進学のお祝いと言えば万年筆や腕時計が定番でしたけれど、最近はどうなんでしょう? 「そんなものより、パソコン買ってくれ~」でしょうか?

Posted by: もとよし | November 14, 2005 at 03:14 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/6981920

Listed below are links to weblogs that reference シャープペン:

« 衝撃降下90度 | Main | ご近所に旨いものあり »