« October 2005 | Main | December 2005 »

November 27, 2005

陶芸やるゾ

「陶芸やるゾ  <コミックで楽しくわかる陶芸入門>」

   のがみけい著   集英社 2000年

器が好きなのである。 それも陶磁器。 あまり華美に走らない、どちらかと言えば渋めのものが好みだ。 少うし時代が付いていたりすると尚好い。 自分で収集をしたり、まして造ってみたりはしないけれど、陶芸というものにはかねて憧れを抱いている。

本書「陶芸やるゾ」は、女流漫画家のがみけいさんの実体験を元にした陶芸入門コミックである。 その方面には疎い私なので、これまでにのがみさんの作品を読んだことがなかった。 ネットで検索してみたら、随分とキャリアの永い人らしい。  本業の絵は如何にもの少女漫画風タッチだけれど、ここではそれを、ずっとくだけた親しみやすい画風に換えて、八ヶ岳山麓(標高1,100m)に猫たちと住まい、「歌って踊ってマンガも描ける陶芸家を目指す」と語る著者の、陶芸入門から窯焚き、そして個展を成功させるまでを漫画でガイドする。

土を捏ねるところから仕上げまでの、道具の使い方や様々な技法、陶芸のノウハウに付いては、のがみさんが漫画の中で丁寧に解説してくれるけれども、当面のところ実作する気の無いこちらとしてはむしろ、陶芸に憑かれたように取り組むのがみさんと周囲の人々との交流を描く辺りがもう堪らなく面白くて、だから大勢の人が関わる窯焚きや個展のシーンを専ら楽しんだのである。

のがみさんと言う人は、やりたい事ならば何であれガマン出来ないタイプのようで、目標に向かっては常に正面突破。 とにかく爆進あるのみである。 陶芸入門当初から自宅の裏に窯を作ってしまうし、土を捏ねていて徹夜することもザラ。 窯焚きに失敗して薪代がすっかりパアになったとしてもメゲたりしないのである。

そんなのがみさんの気さくな性格と、陶芸への直向きな情熱に、周囲の人々が次々と巻き込まれてゆく。
八ヶ岳山麓の自宅裏に築いた窯に火が点れば、のがみさんの苦戦苦闘振りを見かねたベテラン陶芸家が手伝いに来る。 「面白そうね!」と差し入れ持参で見に来るのは地元八ヶ岳山麓の友人ら。 故郷平塚からは旧友たちが馳せ参じる。 漫画家仲間のもりたじゅんさん。 ご飯の炊き出しをのがみさんの姉上たちが買って出れば、窯を中心にして人々が夜を徹して賑やかに過ごす。 のがみ流窯焚きはお祭なのである。

こうして作品が焼き上がると、早速個展を開いてしまう。 入門して未だ数年を経たばかりののがみさんである。 誰が考えても早過ぎな訳だけれど、とにかくこういう時ののがみさんは、もう誰にも止められないのである。
陶芸家デビューを果たした故郷の平塚での個展。 銀座の画廊での個展には本宮ひろ志・もりたじゅん夫妻も駆け付け、そして地元八ヶ岳と各地でも個展を成功させる。 その各々で、友人や姉上たちの力強いサポートを得たのは言うまでも無い。

陶芸を知らない私が言うのもナンだけれど、陶芸の入門書数多あるなかで、この陶芸入門コミックは痛快無比な存在である。 のがみさんの陶芸への愛情が感じられる丁寧な解説もそうだけれど、なにより前向きで明るい人生感と、それに応える周囲の人々との交流シーンが読んでいて気持ち好く、幸せな気分になれるのである。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

November 23, 2005

あれから一年

友人のサイトを廻っていて、今日と言う日は、ある音楽仲間の一周忌であることを知る。
その人の訃報を受け取った日、東京は、もう哀しくなってしまうくらいの好いお天気で、あまりにも穏やかであったのを、あれから一年経った今でもありありと覚えている。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

November 21, 2005

Vの悲劇

それは今朝方のこと、部屋の高い場所に仕舞ってあるものを取ろうとして、椅子の端っこに脚を掛けて伸び上がったら、その途端にすってんと椅子ごとコケた。

その椅子の上には元々、沢山の本とCDとを乱雑に乗っけてあったのである。 だから、椅子に脚を掛けるにしても、真中に体重を預けることが出来なかったと言えるのだけれど。 とまれ自分の体と共に、椅子の上を散らかしていた本とCDをも床にぶちまけることになった。

椅子から落ちても我が身に怪我は無かったのだけれど、その替わりに左足に何物かを踏んずけたと言う確かな手応え、いやさ脚応えがあった。
おそるおそる足元を覗いてみると・・・・・あ~あ、やっちまったよお。 見事CDの上に脚を付いてしまったのである。 犠牲になったのは、古今亭志ん朝師匠の「付き馬」と「三年目」を収録したCD。 普通、CDを真横から見ると'-'だけれど、志ん朝師のCDは真中で折れ曲がってしまい、横から見た形は'V'である。 なるほどねぇ、CDてえのはLPやお煎餅みたいにバキッと割れたりはしねえんだなぁ・・・・なんて感心してちゃあいけない。 こいつあ日頃の整理整頓が余程悪い、その罰が当たったてえ奴だ。 トホホ・・・・・

| | Comments (5) | TrackBack (0)

November 14, 2005

ご近所に旨いものあり

今住んでいる処に付いて自慢できることを列挙してみようか。
 ・JRの駅まで、かなり近い。(徒歩3分)
 ・歩いて行ける距離に川崎市民ミュージアムがある。
 ・多摩川の土手などへも歩いて行ける。
 ・あとは・・・・・家の近所、それも歩いて直ぐの辺りに、気に入りの蕎麦屋があるって言うことだろうか。
此処はガイドブックに載っているような名店ではないてけれど、自分にとって、まずは理想的な蕎麦を喰わせるのだ。 住宅街の只中の、一体どうしてこんな所にという感じの、全く目立たない場所に店を構えていて、それだけに穴場感を漂わす。 私見では、美味いラーメン屋を捜すよりも、美味い蕎麦屋にブチ当たる方が数等倍至難ではないかと想うのである。 これだけ質の好い蕎麦ならば、営業時間が限られているのも納得がいくね。 客あしらいが、なんかこう妙に無愛想・・・・これはとうに慣れたよ。 禁煙席の無いのが玉に瑕か。
時間が合えば毎日でも行きたいけれど、どう頑張っても週に一度行くのがやっとだ。 週に一度のお楽しみ。 そこがまた、好いのかもしれない。

| | Comments (8) | TrackBack (0)

November 09, 2005

シャープペン

こうしてブログを書いている分にはバレはしないけれど、元来私はものすごい悪筆である。 それは、子供の頃からの筋金入り。 幼い頃、大人になれば上手な字が書けるようになるものだと、理由もなしに信じていたけれど・・・・・当然、そんな訳はなかった。
なにしろ鉛筆の使い方からして、どうしようもなく下手であった。 真直ぐ安定した線が引けず、その線も、時に応じて太かったり細かったりと、まったく落ち着きがない。 それに、鉛筆を削る先から、すぐに芯を折ってしまう。 要するに不器用なのだ。

鉛筆に替えてシャープペンを使い始めたのは、一体何時の頃からだったか好く憶えていない。 これは、芯の太さがどこまでも安定していて、しかも芯が折れたとしてもノックするだけで後から後から出て来る。 本当にありがたかった。 爾来、鉛筆に戻った事は無い。

先日から新しく使い始めたシャープペンはサイドノック式。  これはシャープペンの端ではなく、握った人差し指の辺りにボタンがあって、それを押すことで芯が出て来ると言う仕掛けになっている。 そう言えば、このタイプを使うのは始めてである。 シャープペンを持ち直さずにノック出来ると言うのがウリなのだけれど、生憎と今ひとつ使い辛い気がする。

自分と相性の悪いシャープペンを使うと、すぐに芯が折れるのでそれと判る。 これが鉛筆ならば、鉛筆を削ってばかりで往生するところ・・・・・いいや、鉛筆ならば芯が折れぬよう、一層丁寧に書くことだろう。 便利なシャープペンのお陰で、何時の間にか字の書き方が尚更ガサツに成り果ててしまったと言うべきなのかもしれない。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 03, 2005

衝撃降下90度

「衝撃降下90度」 松本零士著
 戦場コミックシリーズ 小学館
  収録作品
   「衝撃降下90度」
   「晴天365日」
   「曳光弾回廊」
   「流星北へ飛ぶ」
   「爆裂弾道交差点」
   「富嶽のいたところ」

どれも短編マンガで、この作者得意のジャンルである、第二次世界大戦を戦った日本の軍用機とそれに関わる人々を描いている。 何れも70年代半ばから80年代初めに掛けての作品で、収録作品中の「曳光弾回廊」は私も読んだ覚えがあって、深く印象に残っていた。 先日ふと、復刻されたものを手に取って懐かしくなり、買い求めたものである。

ここでは、松本零士の描く航空機の画が実に素晴らしい。 何れも機械の鳥な訳だけれど、それが活き活きとして、パイロットと一体になって飛び、舞い、闘う。 あるいは、敵弾を浴びて断末魔の悲鳴をあげながら落ちてゆく。 こう言ったマンガを書く人は他に幾らもいるけれど、航空機を描いて、これほどまでに魅せる人は稀であろう。

戦争マンガだけれど、どれも悲劇的な、あるいは皮肉な結末を迎える。 勇壮さよりも、鎮魂としての色彩が色濃い。 その辺りがまた、松本零士らしいと想う。

| | Comments (9) | TrackBack (0)

November 02, 2005

危ふし我が家の洗濯機

我が家で長年に渡って使ってきた洗濯機にも、そろそろガタが来たようである。
運転中に止まってしまう。 脱水時に異音がする。 ホースから水が漏れる。 洗濯物をちょっと多めに入れると回らなくなる。 などなど、もはや満身創痍と言って良いような状態なのである。

この洗濯機、近所の電気屋さんで全自動の一番安かった奴を買ったものである。 確か、今の住処に越して来て直ぐの頃である。 以来ずっと、ベランダに置いて野晒し状態にしていたから、その分、痛みも早かったかもしれない。 思えば、随分と働いてくれたものである。 今のままでは不便だし、このまま何時まで使えるかも判らないので、早速ネットで後継機を捜し始めた。

それにしても、各家電メーカーから売り出されている全自動洗濯機の中で、我が家に丁度好いサイズ(4K台より下)のラインナップと言うのが意外に寂しいのである。 それとともに性能の方も、大型に比べて一歩譲ることになっている。
各メーカーとも、専ら大型機の方に力を注いでいるらしく、小型の方は如何にも、一応小さい奴も作っときましたと言う感じで、メーカーのヤル気を感じる事が出来ないのが残念である。
小型の全自動洗濯機は、随分と需要がありそうな気がするのだけれど。 小さくて場所を取らず、夜間でも気兼ねなしに動かせるくらい運転音の静かな奴。 そんなのを売り出せば、少々割高であっても、きっと売れると想うな。

全自動洗濯機の天下に、最近はドラム式洗濯機が台頭し始め、今や一大勢力を築きつつある。 洗浄力、静粛性、そして水の節約など、全自動に対抗し得るメリットは多いらしい。 でも生憎と、これは大型に限られるので、我が家には向かない。

全自動洗濯機は、小型とは言っても、結構大きいものである。 後継機には出来るだけ小さなものが欲しいと考えているので、実は二槽式洗濯機が気になり出している。
二槽式は洗濯槽の口径が小さくて済む分、全自動に比べて小さく仕上がる。 無論これは、全自動に比べて手間の掛かるものだけれど、構造の単純な分、洗いや脱水の個々の性能は良好らしいし、全自動に比べて、システムとして判りやすいのが自分好みである。

今ある洗濯機は、満身創痍ながらも、辛うじて動いてくれているので、もうしばらくは後継機選びを楽しんでみようと想っている。

| | Comments (4) | TrackBack (0)

« October 2005 | Main | December 2005 »