« 豚と軍艦 | Main | ウォークマンを買う »

September 23, 2005

にあんちゃん

映画「にあんちゃん」(1959、日)
監督: 今村昌平
出演: 長門裕之、松尾嘉代、沖村武、前田暁子

標題の映画を観た。 これも今村昌平監督の作品。
舞台は、昭和28~9年頃の、佐賀県にある小さな炭鉱。 石炭産業が不況のどん底に喘ぐ時代、両親を失い他に身寄りの無い兄弟四人が、懸命に生きてゆく姿を描いた作品である。

両親を亡くし、今や唯一の稼ぎ手となった長男の失業。 口減らしのために長女が奉公に出たり、未だ小学生の次男と次女は知り合いの伯父さんの家に預けられたりと、四人兄弟は分かれて住むことを余儀なくされ、更に、これでもか、これでもかと、困難が降りかかる。
どんなに生活が苦しくとも、兄弟四人揃って暮らしてゆきたいと言うのが、彼らの唯一の望みなのだが、貧困のためにそれも叶わない。 やがて、炭鉱も閉山と決まる。

こういったシチュエーションから予想される愁嘆場とか、お涙頂戴の名場面とかは、しかし、今村監督作品の場合出て来ないのである。 その代わりに、過酷な現実を、ひたひたと、クールに描き綴ることで、却って四人兄弟それぞれの強さ、前向きさが伝わって来る。

長男役は長門裕之。 ここでは一家を背負って立つ純朴な青年役で、「豚と軍艦」でのようなハジケ方は見せない。 映画そのものは、どちらかと言えば暗い話しなのだけれど、隣家の伯父さんや、先生、長男の親友など、兄弟の周囲に好人物を絡めて、ドラマを軽快に進める。 コミカルな場面もある。
この映画からは、 「豚と軍艦」のような圧倒的なパワーは感じられないのだけれど、小学生の次男と次女の視点から描いて、将来への希望を語らせることで、ラストを明るくしているのである。 観終わって、気分の爽やかになる秀作であった。

|

« 豚と軍艦 | Main | ウォークマンを買う »

Comments

古い映画は音声が聴き取りにくいというのは同感です。新作映画のDVDでもなぜかTVを見るときの通常のボリュームよりは少しアップしないとちょっと聴き取りにくいものがあります。ところで『にあんちゃん』という題名は何に由来しているものなんでしょう?二番目のお兄さん、という意味?まさか「にやけたお兄ちゃん」ってわけじゃないよね(^^;)?今村昌平の映画は私はほとんど観てないです。手元のメモを見たら、今村作品でこれまでに観たのは『楢山節考』、『黒い雨』、『うなぎ』の3本くらいかな。
邦画には詳しくなくてあまり批評めいたことは言えないんですが、
伊丹十三の映画は面白かったなあと思う。
長門裕之とサザンの桑田さん、うわ、ほんとだ、全然気がつか
なかったけど言われてみると似てる似てる!形態模写のコロッケ
さんは模写しなくても歌手のピーターさんにそっくりですよね。

Posted by: 屁爆弾 | September 24, 2005 at 06:22 PM

「にあんちゃん」・・・ハッキリとは判らないんですけれど、きっと、二番目のお兄ちゃんと言う意味なんではないかと思います。 この映画は、一番下の女の子の日記が原作なのだそうなので。 その子から見ると、上から順に、あんちゃん、ねえちゃん、にあんちゃん。 と言う訳ですね。
今村昌平作品。 私も未だ4本しか観ていませんけれど、もう、どっぷりとハマってしまっています。 それにしても、屁爆弾さんは代表作をしっかりと押さえられてますね。(笑)

Posted by: もとよし | September 25, 2005 at 11:30 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/6080580

Listed below are links to weblogs that reference にあんちゃん:

« 豚と軍艦 | Main | ウォークマンを買う »