« 黒い革靴 | Main | 日曜日の世田谷線 »

August 29, 2005

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1~3番、ロンド

モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1番 K.207
         同・第2番 K.211
         同・第3番 K.216
         ロンド K.373
   ダヴィッド・オイストラフ(ヴァイオリンと指揮)
   ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
       EMI CDM 7 69176 2

これも、随分と以前に買い求めたCDである。 それを先日、何の気なしに聴き返してみたら、これがバカに好かった。

実はこのCD、買い求めた当時は、それ程好い演奏とも想わなかったのである。 モーツァルトのヴァイオリン協奏曲は、やはり全曲聴いておきたい。 名ヴァイオリニストのオイストラフの演奏も、また聴いておきたい。 きっと、その程度の動機で買い求めた筈である。
で、それを買い求めて、早速聴いてみたら、訴えかけてくるものの少ない、地味なばかりの演奏と感じたのである。 録音の方も一向にパッとしないので、聴いていて少しも面白くない。 ヴァイオリン協奏曲の第1番~第3番と言う演目共々、やっぱり地味でつまんないや、と。 オイストラフと自分とは、どうも相性が悪いらしい。 ベルリン・フィルと言えども、こんな地味で大人しい演奏をすることもあるんだね、なんて具合に想い込んで、以来、CDを部屋の片隅に放り込んだままにしていた。

その、自分にとっては一旦は不発に終わったCDを、今度、偶さかプレーヤーに掛けてみて、俄然見直してしまったと言う訳である。
オイストラフのヴァイオリンは、なよやかな美音で聴かせたり、あるいは嫋々と泣かせたりもしない。 派手さ、華やかさとも無縁で、その代わり、極太の筆致でぐいぐいと旋律を描いてゆく。 地味なのではなく、滋味豊かな演奏のだ。
フレーズの隅々にまで、弦の旨味が乗っているとでも言う感じで、その音色に身を任せるのが、ただひたすら快感である。 一体、このヴァイオリニストは、旋律を奏でるのに、定規をつかって引くような、真直ぐな線など決して描こうとしない。 そんなことには重きを置かないで、どこまでもフリーハンドの自然体を通す。 その結果、線が少しくらいいびつでも、芯がしっかりしているから、全体的に見て、少しも揺るぐことがないのだ。 そんなところに強靭な精神性と、確かな構成感を感じる。
生憎と録音は、やはり、今ひとつパッとしないので、聴くときは、少し身を乗り出すような気分でいた方が好い。
オケも、派手なところが全然なくて、当初は全くつまらなく感じたけれど、それが、今は少しもでしゃばらずに、それでいて、やるべきことを十全にやり尽くした名演なのだと判る。 全員で唄っている。 音楽的ってのは、こういうことを言うのだろう。
演目が、また素敵なのだ。 モーツァルトのヴァイオリン協奏曲と言えば、何と言っても第5番「トルコ風」。 その他に第4番も演奏される機会が多いだろうか。 ここに聴くことの出来る第1番~第3番は、どちらかと言えば、添え物的に扱われることが多いかもしれない、そんな曲たちも、このCDを聴くと、仰々しさなどまるで無い、小粋で、時に甘く切ないところもある、掛け値なしの名曲なのだと知れるのである。

|

« 黒い革靴 | Main | 日曜日の世田谷線 »

Comments

モーツァルトのバイオリン協奏曲では、3番が個人的には一番馴染んでます。管の編成はホルンとオーボエ(2楽章はフルート)だけなので自分で演奏した訳ではないのですが、ジュニアオケ時代にオリ番で横で聴いててはまりました。今でも主要箇所をソラで唄えます…多分(笑)。

自分がよく知ってるせいか、3番は割と演奏されている機会やCDが(5番の次ぐらいに)多いような気がしてました。1~2番は確かにあんまり聴く機会がないですね。

Posted by: くあい | August 29, 2005 at 08:11 AM

そういえば、ヴァイオリン協奏曲第3番の録音って、結構ありますね。(^^ゞ 第1番、第2番の方は、仰る通り人気薄のようで、私は、このCDの他では聴いたことがありません。
昔、クラシックのLPを集め始めた頃に第4番、第5番の収録されたフランチェスカッティ(Vn)+ワルター(Cond)の廉価版を買い求めて、そればかりを、さんざ聴き込んだものでした。(他に聴くものが無かったし(^^;)
大分後になって、同じ第4番、第5番を、今度はシュナイダーハン盤のLPを買い求めて、これも凄く好かったですねえ。

Posted by: もとよし | August 29, 2005 at 12:41 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/5683759

Listed below are links to weblogs that reference モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1~3番、ロンド:

« 黒い革靴 | Main | 日曜日の世田谷線 »