« バンダナ | Main | モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1~3番、ロンド »

August 25, 2005

黒い革靴

毎日の通勤に履いてきた革靴(ビジネスシューズ)が、気がつけばボロボロになっていた。 ボロボロって、比喩とかではなく本当に、文字通りボロボロのヨレヨレである。 靴底に未だ穴は出来ていない。

一体、靴には拘りを持たない性質である。 お洒落は足元からって話しを聴いたことがある。 出所は靴屋さんかもしれない。 あるいは、気に入りのを何足も買い集めて、履物道楽みたいにしている人も知っている。
自分はといえば、本当に必要最小限しか持っていないのである。 つまり、平日用の黒の革靴に、休日に履くスニーカーと。 それだけ。 (登山靴など、特殊な用途のもは別にして)

こんなボロ靴になるまで好く履いて来たわいと、吾が事呆れつつ、近所のマーケットで新しい靴を買って来た。
見たところ、これまで履いて来た革靴と何ら変わらないけれど、今度のはカンガルー革製である。値段は特に高くも、また安くもなかった。 そうですか。 カンガルー・・・ねえ・・・ 自分的には、この際、カンガルーでもコアラでも構わないので。 本当かどうか、確かめる術などないけれど、靴に挟んであった紙片にはそう書いてあったのである。
デザイン? どうでもよろしい。 黒い色を選んだのは、これまでに、黒しか履いた事がないから。 値段にも(少しでもお買い得な奴とか)それほど感心が無い。 それにしても、ちょっと、拘りが無さ過ぎじゃありませんかね。

で、履き心地の方は、これだけ、そろっぺえな買い物をした割には、これが、至って歩きやすいのである。 うん、悪くない。 これで、また暫くは、靴の事など考えなくなる日々が続くのである。

|

« バンダナ | Main | モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1~3番、ロンド »

Comments

こんにちは。
私も、靴は一度買ったら穴が空くまで履いてますね(笑)。
ただ、買うのはその下無しの安物が多いですが。

Posted by: くあい | August 26, 2005 at 08:40 AM

履き心地の良い靴が見つかって良かったです。穴が空いた靴は、覚悟を決めてゴミの日にさようなら。履けなくなった靴を、両足用とも収集する人を私は知っていますが、あれは場所をとりますよ。靴供養をする神社やお寺や教会やシナゴーグはNY市で(私の居住地)聞いた事ないし。

Posted by: でんでん虫 | August 26, 2005 at 10:46 PM

>くあいさん
私も、気が付いたら穴が開いてたってことが何度もあります。(^^ゞ
今回は、靴底こそノートラブルでしたけれど、考えてみると先日、このボロ靴を履いて客先を訪問してました。orz

Posted by: もとよし | August 27, 2005 at 10:01 AM

>でんでん虫さん
ありがとうございます。 ストレス無しに気持ちよく歩けるのは、なによりありがたいことです。
お察しかもしれませんけれど(^^ゞ、私、モノを捨てるのが下手で下手で・・・ 今度のボロ靴も、未だに手元にあるんですね。orz 週明けにでも、さっぱりと捨てることにしましょう。

Posted by: もとよし | August 27, 2005 at 10:33 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/5638249

Listed below are links to weblogs that reference 黒い革靴:

« バンダナ | Main | モーツァルト:ヴァイオリン協奏曲第1~3番、ロンド »