« ツィゴイネルワイゼン | Main | トビケリ歌句会お題「狸」終了 »

June 05, 2005

池袋演芸場六月上席

2005年6月5日(日曜日)池袋演芸場 <昼席>

九割方埋まった客席。 反応も好かった。
丁度、前座が演じ終わったところで入場。

柳家喬之進 「寿司屋水滸伝」
喬之進の「寿司屋~」を聴くのはこれで三度目くらいになる筈だけれど、以前と比べてずっと上手くなったと想う。 以前聴いた時は雲丹盛りのプロが出て来るまでだったが、今回はその後、寿司屋を畳んで洋食屋に改装したところまで語った。

林家ぼたん 「転失気」と踊り
二つ目に昇進したてのぼたん。 今回も凛としたハリのある声に、テキパキとした噺ふりが好かった。 踊りは奴さん。

柳家とし松 曲独楽

林家たけ平 「ぜんざい公社」
たけ平も二つ目昇進したて。 ぜんざい公社は久々に聴く、お役所仕事をパロッたある意味分かり易い根多。 最近は、公社と言う言葉を目にする機会が減ったかもしれないね。

入船亭扇遊 「厩火事」
始まったばかりで、なんだかいきなり大いな根多が出て来たな、なんて、若干途惑いながら聴き始めたのだけれど、次第に噺の中に引き入れられていった。 女房の騒ぎっぷりが幾分オーバーで大味のようにも感じられたのだけれど、手綱さばきが実に上手いと言うのか、終始一定の緊張を保って弛緩する事が無く、とても充実した時間を過ごしたと言う実感がある。 サゲはさらりとまとめた。
これが今日一番の出来・・・と、この時は思ったのである。

大瀬ゆめじ・うたじ 漫才

古今亭志ん輔 「宮戸川」
志ん輔の「宮戸川」を、実に久々に聴く事が出来た! これまで何人かの噺家で「宮戸川」を聴いて来たけれど、志ん輔の噺は、若い男女の恋をユーモラスに、爽やかに描いて、なおかつ仄かな甘酸っぱさが残る。 本当にこの人のキャラに合った噺と想う。 サゲのスマートさは、自分がこれまでに聴いて来た「宮戸川」の中で文句なしのベストだ。

   <お仲入り>

柳家小太郎 「羽織の遊び」
枕で、喬太郎が現時点で未だ楽屋入りしていない事に付いてカミングアウトしてしまう。 噺の方は、若旦那の勘違いぶりと奇妙奇天烈な声音が楽しい。 この後に喬太郎、さん喬とテクニシャンが続くだけに、ここにエネルギッシュな小太郎を入れたのは大正解と思う。 
ところで、喬太郎は着いたのか?

柳家喬太郎 「ちりとてちん」
喬太郎、どうやら間に合ったらしく無事に登場。 登場と共に凄い拍手が巻き起こって、今日は喬太郎ファンが大勢いるのだと知る。
噺の方は、そんなファンの期待通りの出来だったと想う。 お世辞の上手な金さん、知ったかぶりの六さんの演じ分けが取り分け見事だった。 喬太郎の人間観察力やデフォルメのセンスは凄いと思う。 圧巻は六さんのちりとてちんの嚥下シーンで、これでもかこれでもかと繰り返すのには客席大爆笑。
扇遊の「厩火事」も好かったけれど、この「ちりとてちん」はそれに勝るとも劣らぬ素晴らしい出来と思う。

林家正楽 紙切り

柳家さん喬 「井戸の茶碗」
さん喬の表現の幅の広さを堪能出来た一席。
派手さや賑やかさ、勢いで聴かせるのではなく、声の強弱、声音の微妙な変化を駆使した落語である。 取り分け、正直清兵衛の弱りっぷりが可笑しい。 一方、高木作左衛門と千代田朴斎は、頑固一徹と言うよりはむしろプライド高く、それでいて物腰は柔らかいスマートな武士と言うイメージを受けるのである。 千代田朴斎が小判を贈られる度に発する「それは・・・・困る。」の繰り返しギャグは最高。
今日は扇遊の「厩火事」、喬太郎の「ちりとてちん」と素晴らしい高座に恵まれたけれど、トリのさん喬も、また流石の貫禄を見せたと思う。 大満足。

|

« ツィゴイネルワイゼン | Main | トビケリ歌句会お題「狸」終了 »

Comments

こんばんは、もとよしさん。

落語、詳しいですね。
志ん生だけの私とはエライ違いだ。
認識を新たにし、不勉強を自覚しました。

今度行ってみようかなぁ・・・

Posted by: 晴薫 | June 06, 2005 09:25 PM

>晴薫さん
いや~、私も寄席に通い始めたのはつい最近のことで。(^^ゞ
CDで聴く名人上手も好いですけれど(私も志ん生ファンです)、生の落語もまた楽しいですよ。 映画やコンサートと同じで、当たり外れは、かなりありますけど。(^_^;)

Posted by: もとよし | June 07, 2005 12:41 AM

こんにちは。
宮戸川、2,3回聞いたことがあったんですが、ぴあの「落語ワンダーランド」で殆ど演じられないという後半を知りました。あの内容はまるで何とかサスペンス劇場でビックリしました。いつか聞いてみたい!と思っております。

Posted by: もみ | June 16, 2005 12:09 AM

>もみさん
「落語ワンダーランド」を見ると・・・おろ、お花半七のその後が、なるほど載ってますね~。 それにしてもお花坊・・・(嘆息)
古典落語の「その後」だと、私は「たがや」が気になって仕方ありません。(笑)

Posted by: もとよし | June 16, 2005 09:39 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 池袋演芸場六月上席:

» 国立演芸場「花形演芸大賞」受賞者の会 [HOME★9(ほめく)]
落語ブーム、お笑いブームと言われているのですが、確かに最近寄席や独演会に、若い [Read More]

Tracked on June 27, 2005 06:53 AM

« ツィゴイネルワイゼン | Main | トビケリ歌句会お題「狸」終了 »