« ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展(再訪) | Main | 今日は »

May 22, 2005

鈴本演芸場五月下席

2005年5月22日(日曜日) 鈴本演芸場 <昼席>

今日は中々の盛況で、九割くらい入っていたろうか。 後ろの方は団体さんで、ちょっと落ち着きを欠く。 全体的に、あんまり沸かないお客だった。

開口一番 桂ゆう生 「垂乳根」

柳家小太郎 「家見舞い」
下根多が上手く受ける。 元気の好い噺振りに、客席のざわついた雰囲気が次第に納まっていくのが気持ち好い。

林家二楽 紙切り

林家ぼたん 「子褒め」
二つ目に上がって初めて聴く。 銀色(で良いのか?)の着物か初夏らしく、また若手らしくて気持ち好い。 噺の方も気合充分で、これまた気持ちの好い高座であった。 噺の後に、奴さんを披露。 ぼたん、踊りの方もなかなかである。

柳家さん生 「親子酒」
一席終わる毎に、客席(特に後方)のざわめきがなかなか納まらない。 枕はお酒の話しで、さてはと思ったら、やはり「親子酒」であった。 さん生の演じる酔っ払いは、ひたすら上機嫌で文句なしに楽しい。 客席も好く受けていた。

ペペ桜井 ギター漫談

入船亭扇橋 「道具屋」
客席後方から「聴こえないよ!」と声が飛ぶ。 確かに扇橋は大声ではないけれど、聴こえない原因は、客席(特に後方)がざわついて五月蝿いからなのだ。 「聴こえません? 無理しないようにやってますから。」とマイペースの扇橋師は流石。 噺が進む内に、客席(特に後方)も穏やかになった。

三遊亭歌武蔵 「長短」
最初、相変わらず客席(特に後方)のざわめき納まらなかった。 短気な男の科白が大音量!大迫力!だったのは、あるいは、ざわざわとなかなか鎮まらない客席(特に後方)に向けてだろうか? 気長の男の身振りが実に細やかで、それを巨漢の歌武蔵がやるのだから可笑しさ倍増である。

柳家とし松 曲独楽

鈴々舎馬風 漫談

   <お仲入り>

鏡味仙三郎社中 太神楽
今日は仙三郎、仙一、仙花のトリオ。 仙花は前回、小花とのコンビでは、ほぼノーミスで務めあげたけれど、師匠と一緒の今回は、ちょっと不安定だったかもしれない。 一度、放ったバチを客席に落としてしまい、師匠から「もういいよ!」と言われても、「ちょっとだけ」と言って芸を続けてみせる。 仙花ちゃんの勝気な面を見た思い。

柳家さん喬 「天狗裁き」
さん喬はピアニッシモの人だ。 もちろん、ここぞと言う処では大音声を張り上げるけれど、そこから一転して、囁くような小声でドラマを造ってゆく事の出来る人って、そうはいないのではないか。 さん喬の表現力や懐の深さは、もしも洋楽器に例えるならば、差し詰めクラリネットってところだろうか。
これが、今日一番の出来。

太田家元九郎 津軽三味線

柳家三語楼 「青菜」
枕で、言葉の間の間合いを妙に長く取っていたのは、客席を鎮めるテクニックなのかな? ちょっと興味深かった。
「青菜」とはまた、夏らしい噺が出た。 聴く者を自分の世界にグイグイ引っ張り込むようなタイプでない、端正な、隅々まで好く練り上げられた芸と思った。 これは、根多が「青菜」だったから、なのかもしれないけれど。

|

« ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展(再訪) | Main | 今日は »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 鈴本演芸場五月下席:

« ジョルジュ・ド・ラ・トゥール展(再訪) | Main | 今日は »