« 「徳川家康」第4巻 葦かびの巻 | Main | トビケリ歌句会お題は「狸」 »

May 30, 2005

オペレッタ狸御殿

 「オペレッタ狸御殿」

 監督 : 鈴木清順
 出演 : チャン・ツィイー、オダギリ ジョー、
      薬師丸ひろ子、由紀さおり、平幹二朗、
      山本太郎、美空ひばり、高橋元太郎

   2005年 日本

鈴木清順監督の映画「オペレッタ狸御殿」を観た。
これは、唐の国から来た狸御殿の狸姫と、安土桃山の世継ぎ雨千代との恋物語。 1939年から59年にかけて、当時のスターを起用して大ヒットさせた人気シリーズ「狸御殿」の続編である。

    「狸と人は恋におちてはなりませぬ。」

オペレッタと題してはいても、そこは鈴木清順作品である。 伝統的なオペッレッタ、例えば「こうもり」などを連想して入ると、肩透かしを喰らうのは必定。
映画とは言え、極度に象徴化されたカットも少なくなく、演劇やオペラの舞台(それも前衛的な演出の)を見ているような気分にもなる。 かなりアートしていて、単純明快な娯楽作品とは聊か異なるのである。

鈴木清順監督作品に馴染みの無い自分としては時折、清順ワールドに入り損ねる事があって、冗長に感じてしまう部分もあったのも確か。 これが映画館ではなしに、独りでビデオで観賞したら、また印象が替わるのではないかと想うけれど。 それから、狸御殿の大宴会シーンなど、サービス精神旺盛なのは好いとして、ちょっと手馴れていない気もしたのである。 その辺は、つまり、こちとらが一生懸命に観過ぎたと言う事なのかもしれない。

時代設定を安土桃山時代としている事から、衣装は多彩かつ豪華で、中世風、戦国風、伴天連風、その他何でもアリなのが文句なしに楽しい。 時代劇とは言え、全編に渡って特殊効果が多用されているけれど、中でも水墨画や日本画に実写を嵌め込んだCGの素晴らしさは、よくぞやってくれましたと快哉を叫びたくなったくらいである。

出演者の中で、鈴木清順ワールドにもっとも見事に溶け込んだのが平幹二朗、由紀さおり、薬師丸ひろ子の芸達者な面々。 それぞれギトギトに濃い、そして一筋縄ではゆかない魅力的な人物像を演じていて、唄も踊りも素晴らしかった。
その他、狸御殿の面々が個性豊かで楽しい。 連夜繰り広げられる(らしい)大宴会の主役、狸楽団。 高橋元太郎@うっかり八兵衛ってこんなに「唄える」役者だったとは・・・露も知らなかったわい。 どこか剽軽な狸侍達。 端役ながら随所で見せます&聴かせますの狸腰元達。 そして雨千代役オダギリ ジョーは誠実さで魅せる。

それにしても、狸姫を演じるチャン・ツィイーの可愛いさは、もはや犯罪的と言うべきなのではないか。 踊りや所作の美しさは言わずもがな。 中でもオダギリ ジョーとのデュエット、「恋する炭酸水」で聴かせた甘~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~い歌声は、きっと、ここ暫くは、脳裏から振り払うことが出来ないと想うのである。

独特の清順ワールドは、観ていて何度も置いていかれそうになったけれど、なんとか最後まで喰らい付いていった積りである。 大団円の雰囲気には、何時までも浸っていたいと切に想う。 誰にでもお薦めできる作品とは言えないけれど、美術の好きの方には是非勧めてみたい映画である。

|

« 「徳川家康」第4巻 葦かびの巻 | Main | トビケリ歌句会お題は「狸」 »

Comments

もとよしさん、こんにちは♪
随分遅れてしまいましたが、やっと映画見ました^^
残念ながら、私はあんまりはまって見ることが出来ませんでしたが、もとよしさんの文、今見終わった後、ゆっくり拝見出来て、なるほど、うんうん、そうだよね~って思いました。

>冗長に感じてしまう部分もあったのも確か。 これが映画館ではなしに、独りでビデオで観賞したら、また印象が替わるのではないかと想うけれど。
 はい。まさに・・・・これ、映画館で見た方が、きっと家でビデオで見るよりも、良かったんじゃないかな・・・と思いました。家で見るとどうしても回りの生活感?とかも入って来ちゃうし・・・画面は小さいし・・・
映画館っていう限られた空間で見たら、もっと面白く見れたのかもしれません。
TBさせて下さいね^^

Posted by: latifa(ポコアポコヤ) | December 08, 2005 at 01:46 PM

>latifaさん
お、ご覧になりましたか~(^o^)
なんと言うか、ハイブロウな映画でしたね。(笑)
スタジオでの象徴化されたシーンなどは、繰り返し見れば、また違ったものが発見出来るんじゃあないかと想って、そのうちにまた狸御殿にチャレンジしてみようかって考えています。
鈴木清順監督のわが道を行く前衛的作風に、当代一流のスタッフが結集した、これってもの凄くセータクな映画と想うんですよね~。

Posted by: もとよし | December 13, 2005 at 12:37 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/4333717

Listed below are links to weblogs that reference オペレッタ狸御殿:

» 大傑作! だが、オススメしない(爆)―――オペレッタ狸御殿 [かめ?]
わしはいいご身分なので、平日の昼間に映画を見に行った(仕事がなくなっちゃったの。営業しなきゃ:泣) 鈴木清順監督「オペレッタ狸御殿」。 イヤ〜、こいつはすごかった。 スゲー怪作(笑) がらさ城の城主・安土桃山は「この世で一番美しい」座を息子・雨千代に奪... [Read More]

Tracked on June 02, 2005 at 07:32 AM

» ★「オペレッタ狸御殿」 [ひらりん的映画ブログ]
この映画は、はっきし言ってチャン・ツィイー目当てです。 ストーリーよりキャストより鈴木清順監督が話題になってるけど。 カンヌ映画祭でも特別招待作品として上映されたみたい。 2004年製作のミュージカル・ラブ・コメディ、111分もの。 あらすじ 美も名声も一番じゃないと気がすまない、がらさ城城主の安土桃山。 自分の息子・雨千代が間もなく父の美しさを凌ぐであろう・・という予言を聞く。 部�... [Read More]

Tracked on June 02, 2005 at 11:24 PM

» 「オペレッタ狸御殿」私的に楽しむ [わたしの見た(モノ)]
鈴木清順監督の「オペレッタ狸御殿」観ました。 すごく楽しい気持ちで劇場を出ることが出来ました。 監督に感謝。   清順監督の作品は、小難しくて、敷居が高い気がしていたが、 それは間違いで、私の食わず嫌いでした。 早急に過去の作品を観ます。   “狸と人は恋に落ちてはなりませぬ。” 狸と人とのラブストーリーは、とにかく楽しい、賑やか。 見たことのないない映像世界。 監督の想像力の豊か... [Read More]

Tracked on June 03, 2005 at 03:42 PM

» オペレッタ狸御殿 [逃源郷]
 「ツィゴイネルワイゼン」「陽炎座」の巨匠鈴木清順監督の4年ぶりとなる新作。 はじめてみた鈴木清順の映画。予告を観て、あとタイトルのオペレッタから察して、単純明快な娯楽映画ではあろうと思っていたが、まったくその通りだった。観たあと頭であれこれ思索することのない、愉... [Read More]

Tracked on June 10, 2005 at 02:05 AM

» 『オペレッタ狸御殿』 [ぺぺのつぶやき]
2004年 日本 111分 監督 鈴木清順 脚本 浦沢義雄 音楽 大島ミチル 、白井良明 出演 チャン・ツィイー 、オダギリジョー 、薬師丸ひろ子 、由紀さおり 、山本太郎 「オペレッタ狸御殿」公式サイト→ココ ストーリー(チラシより) ...... [Read More]

Tracked on June 15, 2005 at 12:25 PM

» 『オペレッタ狸御殿』〜シュール極まる絵巻物〜 [Swing des Spoutniks]
『オペレッタ狸御殿』   公式サイト   監督:鈴木清順出演:チャン・ツィイー オダギリ・ジョー 薬師丸ひろ子   【あらすじ】(goo映画より)我こそは生きとし生けるものの中で一番美しくなければならないと固く信じる、がらさ城城主・安土桃山(平幹... [Read More]

Tracked on June 16, 2005 at 10:46 AM

» オペレッタ狸御殿★★★★☆ [なおのオススメ文芸。]
International Title:Princess Raccoon 『狸と人は恋に落ちてはならないといわれている中、唐の国から狸御殿に招かれた狸姫とがらさ城城主の世継ぎ・雨千代はひと目で恋に落ちてしまう。 』 director ...鈴木清順(殺しの烙印) 狸姫 ...Zhang Ziyi(2046) 雨千代 ........ [Read More]

Tracked on June 18, 2005 at 12:26 AM

» 「オペレッタ狸御殿」の衣裳 [◆Ahaha堂本舗◆]
この映画を見た夜に、「衣裳」についても書いていました。(全体の感想はココ ) 書き終えたとき、倉橋由美子さんの訃報を読んで、テキストファイルを保存せずに×してしまったようです。それで、もう一度、トライしました(涙) そうすると、どんどん長くなりました(--; 公開中にアップできなかったのが、ザンネンであります。 鈴木清順監督は衣裳にも凝る方だとかねがね拝見していました。... [Read More]

Tracked on June 19, 2005 at 03:42 PM

» オペレッタ狸御殿・・・感想・・・ [ポコアポコヤ]
鈴木清順監督のツゴイネル・ワイゼンと陽炎座が好きだったのと、 オダギリジョーとチャン・ツィイーが最近のスターの中では好きだったので この組み合わせはどうかな?と楽しみにしていました。 が・・・・どうも私には、いまいちしっくり来ない映画でした。 元々ミュージカルものが苦手なのもやっぱり痛かったです。 鈴木清順監督ならではの、摩訶不思議な世界がオペラ・ミュージカル +現代のCG�... [Read More]

Tracked on December 08, 2005 at 01:47 PM

» オペレッタ狸御殿 (DVD) [映画と本と音楽にあふれた英語塾]
オペレッタ狸御殿 プレミアム・エディション 2005年5月28日全国公開 ゴウ先生ランキング: A- 公式サイト: http://www.herald.co.jp/official/tanuki_goten/index.shtml [Read More]

Tracked on February 21, 2006 at 08:23 PM

« 「徳川家康」第4巻 葦かびの巻 | Main | トビケリ歌句会お題は「狸」 »