« March 2005 | Main | May 2005 »

April 29, 2005

「徳川家康」第1巻 出生乱離の巻

「徳川家康」 第1巻 出生乱離の巻 (山岡荘八著 講談社文庫)

山岡荘八の「徳川家康」を読み始めた。 (おそらくは)なにより長いことで有名な、文庫版で全26巻にもなる、あの小説である。

未曾有の長編の第一巻は家康の誕生前夜、両親である松平広忠と於大の方の縁談話しから離別までを中心に話が進んで行く。
しかしこの「出生乱離の巻」。 戦国時代絵巻らしく豪快な戦闘シーンがあるかと思いきや、駿河の今川、尾張の織田と言う大国に挟まれて生きて行かねばならない小国の悲しみを弱者の視点で描いて、全編が諦観に満ちていているのである。
名君と称えられた先代松平康清へのコンプレックスと、やる気まんまんの家臣団の間で追い詰められる、最も戦国大名に向かない男、松平広忠の苦悩。

他家の大名が羨む程の鉄の団結を見せる松平家家臣団は、一人一人が魅力的な、個性溢れる男達として描かれている。 やがては天下の覇者となる三河武士ここにありと言う感じだ。
今川義元と言うと、よく公家かぶれのダメ大名として描かれるけれど、ここでは大国を取り仕切るに相応しい大人の風格あり。
そしてもう一方の織田家と言えば、桶狭間までは弱小国なのだと思っていたら、ここでは今川家に張り合う急進勢力となっているのが意外であった。 その織田家を引っ張るのが当主信秀は、息子の信長を彷彿とさせる猛将ぶりを見せ付けてくれる。 そして、早くも大器の片鱗を見せ付ける吉法師の登場。
まあこの辺は、大国間に揉まれる松平家や広忠のダメ当主ぶりと言う設定を生かす為なのかもしれない。


石川安芸 「殿!」
松平広忠 「なんだ」
石川安芸 「堪忍が大切でござりまするぞ」
松平広忠 「予は堪忍するために生まれてきたのかッ」
石川安芸 「御意のとおりでござる」
松平広忠 「いつまで・・・いつまで堪忍すればよいのだ。 死ぬまでか」
石川安芸 「御意のとおり」


<<あらすじ>>
岡崎の松平家は駿河の今川家、尾張の織田家と言う大国の間に挟まれた中、名君と慕われた先代清康の代から、今川に随身する政策を取って生き抜いて来た。 当代の主、松平広忠は水野忠政の娘、於大の方を娶る事になる。 二大国に挟まれた小国同志、手を携えて行こうという政略である。
最初は政略結婚に頑なだった広忠だが、於大の方の聡明さに、次第に心を開いてゆく。 織田と今川の小競り合いと言うべき小豆坂の戦いと前後して嫡子竹千代が誕生した。 同じ日、岡崎城の片隅ではこれも広忠の子である恵新が側室を母として生まれる。
数年後、於大の方の父、水野忠政が死去して水野家は信元の代となり織田家へ随身する事になる。 勢い広忠は、今川家への配慮から於大の方を離縁せねばならなくなった。
幼い竹千代を残して水野家に戻る於大の方。 最愛の妻との別れから乱心する広忠に、許婚お春を奪われた忠臣片目八弥の悲劇。 その一方で、竹千代が家中の期待を一身に担う。 広忠は心ならずも戸田弾正の娘、真喜姫と再婚する。


<<登場人物>>
登場人物があまりに多岐に渡るので、整理しておくことにする

<松平家(岡崎城)>
松平広忠:松平家当主で先代からの今川家寄り 最も戦国大名に向かない男
松平清康:広忠の父 松平家先代当主で故人
竹千代:松平家嫡子
華陽院:故清康の妻 広忠の義母 水野忠政の元妻 於大の方の生母(複雑!)
於大の方:広忠の正室 水野忠政の娘
百合:於大の方の召使 竹千代の出生時に、於大の方の命により鳳来寺峰の薬師の普賢菩薩を盗み出す
小笹:於大の方の召使
お久の方:広忠の側室 於大の方とはライバル関係
勘六:広忠=お久の方の長男
恵新:広忠=お久の方の次男 竹千代と同じ日に生まれたために生まれて直ぐ僧籍に入れられる
お春:広忠の側室 岩松八弥の元許婚者
<松平家家臣>
酒井雅楽助:主家想いの賢臣
本多平八郎
鳥居忠吉:家臣中の最長老
阿部大蔵:老臣
植村新六郎
大久保新十郎
大久保新八郎:豪放磊落な好漢
大久保甚四郎
石川安芸
松平乗正:お久の方の父
岩松八弥:小豆坂の合戦で片目を失い、以来片目八弥と呼ばれる一途な忠臣 お春の元許婚者
須賀:老女

<水野家(狩谷城)>
水野忠政:水野家当主 今川家寄り
水野藤五郎信元:忠政の嫡子 忠政没後は水野家当主で織田家寄り(悪役!)
水野藤九郎信近:忠政の子 今川家寄りだったが、信元と対立して出奔後は小川伊織を名乗る
水野忠近:忠政の子
<水野家家臣>
土方縫殿助:忠政の寵臣
土方権五郎:忠政の没後、石山御堂に入る
杉山元右衛門:小笹の父
杉山元六
牧田幾之助
芥川権六郎:信元の懐刀 忍者
於俊:土方権五郎の娘 忠政の没後は石山御堂に入るも、小川伊織と出会い出奔

<熊の若宮>
竹之内波太郎:熊の若宮当主 美貌で謎めいたバイプレーヤー
国:波太郎の妹 水野信元に捨てられる

<織田家>
織田信秀:織田家当主
吉法師:信秀の嫡子
<織田家家臣>
平手政秀:信秀の重臣 言わずと知れた吉法師の爺
久松弥九郎

<今川家>
今川義元:今川家当主
<今川家家臣>
大原雪斎:禅僧にして今川家の柱石

<松平家(他)>
松平信定:広忠の大叔父、織田家に随身

<戸田家>
戸田弾正左衛門康光
戸田宣光:康光の嫡子
真喜姫:康光の娘、広忠の後妻に入る

<その他>

随風:諸国行脚中の僧侶 後の天海僧正か?


と言う訳で、第1巻 出生乱離の巻 は竹千代の誕生編と言う事になろうか。
信長や秀吉と違って、最初から周囲に愛され期待されている家康であった。 ただ、その周囲が常に逆境にあって、それを盛り立てて行かねばならない運命を背負わされているのである。 こういった主人公の設定は、この小説が書き始められたのが、戦後間も無くと言う事と関係しているのだろうか? 因みに、自分的にはむしろ、すぐにへこんでイジケル広忠の方に親近感が無くはないのである。

竹千代、未だ赤ん坊である。 しかし、家康よ、早く成長して活躍しろ、などとは思わない。 そのくらい、周囲の人々が魅力的に描かれているのだ。 未だ幼い竹千代と、松平家の人々、その、いじらしいくらい忠義な家臣達にはこれから長い試練が待っている。


天下泰平まで、あと25巻。

| | Comments (6) | TrackBack (0)

「落語ワンダーランド」

「落語ワンダーランド」(ぴあ)を読んだ。
お悩み別作品ガイド100席&古今東西の噺家100人以上登場!なんて言う、随分と長い副題が付いている。

コンセプトとしては初心者、または、これから落語を聞いてみようかと思う人が読む本を目指したと言う。
内容は実に多岐に渡っており、暇つぶしにパラパラとページを捲るには持って来いの内容と思う。 実際、この一月ばかり、自宅で手持ち無沙汰の時は、この本を眺めて過ごす事が多かったのである。

特に面白かった処を挙げてみると・・・
<噺の処方箋>
古典落語のあらすじを紹介するってのは、よくある企画だけれど、ここではより面白く読ませる工夫をしていて、上手く仕上がっていると思う。

<噺家百傑>
東京の噺家から100人を選んで、写真入りで紹介。 噺家さん一人一人に付いているキャプションが実に上手くて、これを書いた人は相当の落語通なのだと判る。
自分の知っている噺家さんに付いては「そう、そう!」と肯きたくなるし、知らない噺家さんに付いても、何時か聞いてみたいものだと思わせられるのだ。 いかんせん、紹介する数が100人に絞られているため、相当数の噺家さんが漏れた側に回る事になる。 だから、「どうして自分の好きなあの噺家さんが入っていないのか?」などと詰め寄りたくもなるのである。 その辺りは選者の主観に任せて、こちとらはそれをも楽しむべしと心得てはいるけれどね。 なお、紹介されている中で、桂文朝さんは既に故人である。(合掌)

<師弟仁義>
柳家さん喬、柳家権太郎、三遊亭小遊三、三遊亭楽太郎、立川志の輔の各一門を写真入りで紹介。 好いな。 こういう昔ながらの師弟関係が残っているってのも、落語の魅力の一つだと思う。 写真はどれも、ある意味ベタな記念写真風構図なのだが、これが実に綺麗に撮れていて、ちょっと惚れ惚れしてしまう。

総じて読み応えのある記事が多くはないと思うけれど、入門者向きをうたう以上、内容が広く浅くになるのは仕方が無いかもしれないね。 
あと、初心者向きとすれば、値段が高すぎると思う。(寄席の木戸銭より少し安いくらい)
それから、とじこみ付録CD「不滅の東西名人名作落語集」は、これは断じてマニア向きだよ! 収録されている五代目古今亭志ん生、三代目柳家小さんなど、音源が古くてノイズの彼方から聴こえて来る噺は、初心者にとっては敷居が高すぎるのではないか。 落語未経験者に聞かせたら逆効果になると思う。
ちょうど、クラシック音楽の入門者に、フルトヴェングラーやメンゲルベルクのSP復刻版(ノイズの彼方から辛うじて音楽が聞こえて来る)を聴かせるようなものか。

雑誌の造りとしては綺麗で手馴れていると思うけれど、落語の雑誌とすれば残念ながらあちこちツボを外している気がする。 期待して手に取ったけれど、まあまあだったかな、と言うのが率直な感想である。

| | Comments (4) | TrackBack (4)

April 24, 2005

Y's Cross - 2nd

Y's Cross - 2nd  <歌う!笑う!戦う!二台ピアノ!!>

    2005年4月23日(土曜日) MUSICASA

標題のコンサートを聴いた。
第一線にあって多彩な音楽活動を続ける二人のピアニストからなる二台ピアノユニット Y's Cross の二回目のコンサートである。

会場の代々木上原 MUSICASAは、一般のコンサートホールとはかなり趣の異なる、しかしなかなか居心地の好い空間である。 音響も好し。 ピアノは、スタインウェイとベーゼンドルファーを備える。 と言う訳で、Y's Cross にとって持って来いのハコなのである。


     
  サン=サーンス:死の舞踏

  グリエール:6つの小品
    1 前奏曲
    2 悲しいワルツ
    3 シャンソン
    4 執拗な低音
    5 舞踏曲
    6 マズルカ

  ラヴェル:ボレロ

    <休憩>

  Ster Wars - Main Theme

  宇宙戦艦キャンディ

  風の谷のナウシカ

  あしたのジョー

  ルパン三世

  The Ultimate Heros
    ウルトラマン
    ウルトラセブン
    帰ってきたウルトラマン

  はじめから今まで

  ラムのラブソング

  宇宙戦艦キャンディ

  昭和怪傑列伝動画篇
  (なつかしのアニメ・ヒーロー・メドレー)
    デビルマン
    タイガーマスク
    科学忍者対ガッチャマン

  Follow me

  <アンコール>
   今日もどこかでデビルマン

前半の曲目では、グリエールの「6つの小品」が特に好かったと思う。 この編成のためのオリジナル作品と言うこともあるかもしれない。 聴き手に強烈なインパクトを残す作品ではないけれど、次々と変化する曲想を、巧みに捉えて弾き進むピアノには飽きることがなかった。

休憩を挟んだ後半、まずはゴキゲンだったのが名曲「ルパン三世」である。 もともと、如何にもピアノには持って来いと思われる曲想でもあり、この日もっともリラックスして楽しめた一曲だった。

「あしたのジョー」
唄入りである。 それをソプラノやらせる。 なにしろ、聴衆の殆んどの中に尾藤イサオのハスキーヴォイスが焼き付いているであろうところに持って来たのであるから、これは、あまりにも挑戦的な試みと言わなければならない。

ジョーの運命を暗示するかのようなハバネラ風の伴奏に載せて始まる歌唱は、ソプラノとしてあくまで正攻法。 それでいて、充分に納得させられるだけの音楽に仕立ててあるのは、これはもう、見事と言う他はない。 尾藤イサオの歌唱には見られ無かった細やかな表現は、クラシックで鍛えられた歌手の力量であろう。
ホント、やってくれました。

「The Ultimate Heros」、「昭和怪傑列伝動画篇」
これらは、わざわざこのコンサートのために編曲委嘱したと言うけれど、確かにそれだけの事はあったと思う。 委嘱として最良の成果が得られたのではないか。 子供の頃これらの原曲に親しんで来たであろう編曲者の、その才気がここに爆発したという感じで、とにかく全編に仕掛けがてんこ盛りなのである。 弾く方も大変だろう(正に、戦うピアノ!)けれど、聴き手としても、一瞬たりとも油断は出来ない作品に仕上がった。 自分に全てが聞き取れたと言う自身は無い。
また、聴きたい。

「宇宙戦艦キャンディ」
これは自分にとって、かねてより曲名のみ知っていたけれど未だ聴いた事のない伝説的名曲?とでも言う一曲である。 二つのアニメ名曲を素材とした音のコラージュ・・・などと書いたらこの曲の表現として大人しすぎるだろうか? とまれ、思いっきり遊び心の横溢した逸品でなのある。
でもこの日、演奏者も聴衆側も、少しばかり硬かったかもしれない? ほんの微妙なところで、ツボを外してしまったような気がする。 1ファンとしては、ちょっと悔しいのである。 これが、コンサートでなしに、内輪の集まりで弾いたりすれば、爆笑間違いなしと思うけれど、コンサートでリラックスして聴かせるには、もう一工夫ありなのかもしれない。

<アンコール> 「今日もどこかでデビルマン」
最初、ソプラノが朗々と歌い始めたのは、美しくも格調高い日本の歌曲らしかった。 ほんとうに、これがアニメソングだなんて思えやしない・・・続く歌詞に「デビルマンが誰なのか~」と来るまでは。
ここへ来て「やられた!」と思ったのは、自分だけではない筈である。 アニメソングから、ここまで深い内容を掘り出してしまう演奏者の力量には脱帽の他は無い。

他ではまず聴けない内容と、奏者の熱い心意気に大満足のコンサートでした。
更に更にパワーアップした Y's Cross - 3rd に期待していますよっ!

| | Comments (4) | TrackBack (0)

フラウタルキ四重奏団

<2005年4月19日 (火曜日) フラウタルキ四重奏団 チャリティーコンサート 音楽の友ホール>

友人に誘われて、フラウタルキ四重奏団のチャリティーコンサートを聴いた。 会場は音楽の友ホール。 ここに入るのも本当に久しぶりである。
この演奏会は、チャリティーコンサートと言う事であり、「ルーマニア・フェスティバル2005」 ルーマニアの恵まれない子供達へ・・・ と言う副題が付いている。 つまり、一般の演奏会とは違うようで、そのせいか、客席にはルーマニア縁と思しき人が多かった。 演奏会としてのマネージメントも、良くない意味で素人臭いもので、あちこち途惑うことが少なくなかった。

フラウタルキ四重奏団はルーマニア国立ブカレスト「ジョルジェ・エネスク」フィルハーモニック・オーケストラの団員が結成したフルート+ヴァイオリン+ヴィオラ+チェロからなるグループ。 両端に位置するフルート奏者とチェロ奏者は貫禄充分の男性なのに対して、中央のヴァイオリンとヴィオラに美女と言うのは、なかなか絵になるものだ。
演奏の方は、決してパワーで押して来る訳ではなく、精緻を極める演奏と言う風でもないけれど、温かみや誠実さで聴かせる。 その辺が如何にも東欧的だよなぁ・・・なんて思ってしまうのはこちとらの思い込みなんだろうけれど。

モーツァルト:フルート四重奏曲第一番 ニ長調 K.285
ベートーヴェン:セレナード ニ長調 作品25
 <休憩>
ポルムベスク:望郷のバラード
プロコフィエフ:組曲
  1 「4つの小品」作品32より "舞曲"
  2 バレエ「石の花」作品118より "ロシア舞曲"
  3 歌劇「戦争と平和」作品91 より "ワルツ"
  4 バレエ「石の花」作品118より "ジプシーダンス"
ヘブライの伝統音楽メドレー
  1 Si Yona
  2 Mekhol Alaat
  3 Hanokdim
アルゼンチン組曲
  1 L.ボンファ:マンハ・デル・カルニヴァル
  2 L.アンダーソン:ブルータンゴ
  3 A.ヴィジャルド:エル・チョクロ
  4 C.ガルデル:ポル・ウナ・カベーザ
アンコール
  1 十五夜お月さん
  2 赤とんぼ

前半に、この編成のための名曲を二つ。 全体的に柔らかな響きでたっぷりと演奏してくれた。 決して派手さは無いけれど、その分曲の好さを噛み締めさせられるような、滋味深い内容であった。
休憩を挟んだ後半は、いずれもこの四重奏団のためのオリジナル編曲らしい。 どれもなかなか意欲的な編曲と思う。 特にヘブライの伝統音楽メドレーでの土俗的な表現や、アルゼンチン組曲の吹っ切れた明るさが印象的だった。

リーダー格のフルート奏者は銀の楽器を使用。 誠実そのものの吹きっぷりで、ヴィヴラートがとても浅いのと、終始細目の音に徹しているので、とても地味な印象が付き纏う。 (彼に金のフルートを吹かせてみたい) これはまた、この四重奏団のキャラクターにつながっていると思う。 並管は無論のこと、その他にピッコロ、アルトフルート、バスフルートを適宜持ち替え、また、パーカッション(鈴)も取り入れるなど、工夫を絶やさない、その意気や好し。
ピッコロの低音域を柔らかめに吹く音が、パンフルートそっくりに響くのにはちょっと驚かされた。 ルーマニアと言えば、パンフルート奏者のザンフィルを出しているけれど、このフルート奏者の場合も、ルーマニア人として、ごく自然に、パンフルート風の音色を紡ぎ出すのものなのかもしれない。

一方、ヴァイオリン奏者もヴィヴラートは少な目で、トラッド系と言うか古楽的と言うか、ちょっと個性的である。
そして、そのヴァイオリンとヴィオラの間で顕著なのだけれど、楽器間の旋律の受け渡しが上手くない、と言うか、多分そういうことに関心が薄いのではないだろうか。 個々の技量は充分な割りに、アンサンブルに隙を感じてしまうのだけれど、この辺りは彼我の感性の違いかもしれない。

滅多に聴くことの出来ない純ルーマニア産のフルート四重奏団に、これまた珍しいお国振りのアレンジで、楽しい一夜であった。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 22, 2005

コンセント

怒涛の一週間が、やっとこさ終わった。
明後日の日曜日、職場に電気設備関係の点検が入る関係から、全ての電気製品のコンセントを抜いてから帰るようにとのお達しがあった。
それもスイッチを切っただけでは駄目で、コンセントから引っこ抜かなければならないと言う。 その理由に付いて良く理解出来ていないのが、我ながら情けないところではあるが、ともかく帰り際にパソコン、ディスプレイ、プリンター、ハブ等のコンセントを次々に抜いた。
丁度隣の島で、未だ他の人が使っているハブのコンセントまで抜いてしまったらしく、「使えないよ~!」などと声があがったりする。 それぞれの仕事を終えて、後は周りのコンセントを抜くばかりと言うメンバーが集まって、早速その対処に取り掛かる。 ちょっとドタバタした、しかし、結構アカルイ、一週間の終わりだった。
そうこうするうちに、明日は Y's Cross のコンサートだ。 この分ならば聴きに行けそうで、ほっとすると共に、とても楽しみなのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 20, 2005

桂文朝師逝去

落語家の桂文朝さんが急逝された。 突然の知らせに愕然としている。
文朝さんは、自分が落語ファンになるきっかけとなった噺家さんの一人である。 CDを繰り返し何度も聴いたし、寄席に足を運んで実際の高座にも接している。 特に好きな噺家さんとして常に注目して来たのである。 もっともっと、いろんな噺を聴かせて欲しかった。
心からのご冥福をお祈り致します。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 18, 2005

終日寝て過ごす

昨日、日曜日は終日寝て過ごしてしまった。
起床は割りと早めである。 このところ早起きがすっかり習慣になっているからね。 しかし、それにしても眠い。 ともあれ朝ご飯、と。
食べ終わってネットを一巡りしたらとってもダルくなって来たので、なんとなくそのまま横になり、寝てしまう。 やっぱり、疲れているのだろうか。
昼頃にむっくりと起き上がって、外出。 (好いお天気だ!) いつものように書店をひやかしてから、なんだか義務のように昼食を摂りに近所の食堂へ。 麻婆豆腐が美味。
帰宅すると、なんだか押し潰されそうに眠くなって来て、また寝る。 (我ながら、いくらなんでも寝過ぎと思うのだけれど) 目が醒めたら、もう夕方だった。 一日を無為に過ごしているようなバツの悪さを感じつつ、夕食の材料を買いに出掛ける。
帰ったら、即夕食。 (我ながら、よく喰うもんだ) 当面、やっておきたい事に付いて、あれやこれや考えるも・・・面倒だ・・・もう寝るかぁ? で、自分でもまさかと思ったけれど、昼間あれだけ眠っておいて、まだ眠れてしまうのだ。 とにかく、一日掛けて、オソロシイくらい眠っている。 かつ、その間にはしっかりと食事を摂っているしねぇ・・・

仕事が特に忙しかった時期、睡眠時間をかなり切り詰めていたので、今になってその分睡眠を欲するのだろうか・・・ これで今日(月曜日)は至極フツーに活動しているからのだから不思議と言うか、我ながら呆れるばかりの寝坊助ぶりなのである。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 13, 2005

痛たたっ!

午後からセキュリティー関連の講習会に参加。 個人情報の漏洩に付いて色々と聴かされる。 で、その時に配られた資料はホチキスであったんだけれど、何の拍子でか、右手中指の先が針に刺さってしまった。
それほど深く刺さったと言う訳ではないし、出血も殆んど無かったのだけれど、未だに軽い痛みが残っている。 まぁ、右手でなくて好かったというべきか。

今日はなんだか身体が芯から疲れている感じで、終日元気が無かった。 この処無理を重ねて来た反動が、じんわりと出て来ているのだと思う。 今日は仕事も早めに終えて、早々に帰宅したのである。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

April 12, 2005

眠い・・・

漸く少しは余裕が出て来たと思ったら、この数日は昼間からもの凄く眠い・・・・
このところ、結構無理をして来たという自覚があるので、まぁ、当然かもしれない。
それにしても、昼間から眠いのには参ってしまうけれど。

  風船の萎びた中に居残つた空気のやうに眠たし春は

ここへ来て急激にテンションが下がり始めていて、ちょっとばかり危機感を感じてもいる。
仕事中など直ぐに目が乾いてしまって目薬が手放せないのだけれど、これは花粉症も絡んでいるかもしれない。
まだまだ頑張らないと。

| | Comments (0) | TrackBack (0)

April 10, 2005

干天の慈雨

仕事の事情いろいろが重なり、怒涛のような日々が続いて、その間、この「問はず語り」もずっと更新しないでいた。 とにかく、それどころではなかったんである。

それがここへ来てようやく、少しは余裕が持てる様になった。 こうして自分のブログの更新をすると言うのも、本当に久々のことである。

楽器ケースも本当に久しぶりに開けた。 弾いてみれば音も、当たり前の話しだけれど、一通りは鳴ってくれて少しほっとする。 C線のブ~ンという響きが、干天の慈雨のように心に染み込んだ。

| | Comments (2) | TrackBack (0)

« March 2005 | Main | May 2005 »