« 「どろろ」 | Main | 干天の慈雨 »

March 14, 2005

シューベルトとシューマンの交響曲第4番

メンデルスゾーン 序曲「美しいメルジーネの物語」作品32
シューベルト 交響曲第4番 ハ短調 D.417「悲劇的」
シューマン 交響曲第4番 ニ短調 作品120
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団  指揮:ニコラウス・アーノンクール
録音:1995年1月 ベルリン、フィルハーモニー(ライブ)
TELDEC WPCS-21202

メンデルスゾーンの序曲と、シューベルトとシューマンのそれぞれ交響曲第4番を納めたCD。
これは昨年、あるオフ会の予習用として買い求めたものである。 最近、シューベルトの交響曲の話題に接したりして興味が湧いたものだから、また取り出して聴いてみる事にした。

ライブの故か、音質は少しこもった、客席の後ろの方で聴くような感じで、ダイナミックレンジもさほど広くは無いけれど、その分リアルでコンサートを彷彿とさせる響きと言える。

アーノンクールの指揮するCDを聴く度に連想させられる、混沌とした中から湧き上がって来るような、凝縮されたエネルギーをここでも感じさせられる。 筋肉質のゴツイ音で押して来るかと思えば、一転してしなやかで活き活きとした動きを見せる展開の素早さは、一流のアスリートを思わせるではないか。
叙情的な旋律美から、ここぞと言う処でパワー全開、火の玉のように燃え上がるオケはライブならではの魅力だろう。 ふたつの交響曲第4番とも、終楽章に至って、オケ全体に漲るギリギリの緊張感がいっそ心地好い。 それにしても、ここまで見事に演奏してしまうベルリン・フィルと言うのは、またなんて凄いオケかと思う。

|

« 「どろろ」 | Main | 干天の慈雨 »

Comments

ロマン派の神髄という感じの内容ですね。選曲も一味変わっていて面白そうです。ライブと言うのがまた良いですね。

ベルリンといったら、まあ神様の集まりみたいなものですから…

Posted by: くあい | March 15, 2005 at 12:48 AM

>くあいさん
ライブ、私も好きなんです。
演奏に少しくらいミスがあっても、あるいは音が好くなかったとしても、独特の雰囲気や緊張感には替えられませんね。
このCDは一夜のコンサートで収録したもの・・・かどうかは知りませんけれど、ともあれ、この日の聴衆が羨ましくてなりません。
そういえば、このところすっかりコンサートから脚が遠のいています。。。

Posted by: もとよし | March 15, 2005 at 10:41 PM

■速報■ シューマンピアノ協奏曲&交響曲第4番 <最新DVD> アルゲリッチ&シャイー指揮ライプツッヒ・ゲバントハウスでのライブ


Posted by: Cool & Cool | September 12, 2006 at 12:29 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/3289744

Listed below are links to weblogs that reference シューベルトとシューマンの交響曲第4番:

« 「どろろ」 | Main | 干天の慈雨 »