« ぐぐれば | Main | ヘンデル生誕320年 »

February 23, 2005

パーカーのアルト

これは今日(と言うか、もう昨日になるけれど)、昼休みに asahi.com を覗いて知った話し。
ニューヨークのオークションで、チャーリー・パーカーのアルト・サキソフォンが22万5000ドル(約2400万円)で落札されたのだそうな。
何時から何時まで、何年くらい、どんなセッションで吹いた楽器なのか、と言った詳細に付いては不明。
自分は、パーカーについて詳しい訳ではないけれど、ともかく、あんまり物持の良さそうな人ではないという気がするね。 楽器を質屋に入れちゃったとか、人の楽器を借りて吹いたら、この演奏がやっぱり凄かったとかいった話しは、ずっと以前に本で読んだ覚えがある。
サックスに付いても素人だし、2400万円が妥当なのか、それともトンデモナイ額なのかに付いて良く判らない。 ともあれ、これはヴァイオリンなどで良くあるような、なんとかの名器とかでは無くて、「パーカーのアルト」であり、そして「ジャズの歴史」そのものって事なんだろうね。

|

« ぐぐれば | Main | ヘンデル生誕320年 »

Comments

管楽器は所詮消耗品なので、弦楽器のような意味では価値はないと私も思います。
やっぱり持ち主故の値段でしょうね。シャツとかズボンとかにかなり近いレベルのような気が…

それにしてもサックスに2400万ですか…相当、すごいかも。

Posted by: くあい | February 23, 2005 at 01:06 AM

>くあいさん
なるほど、これは楽器として付けられた値段じゃないって事なんでしょうね。 いくらパーカーの楽器と言っても、パーカーの音はパーカーその人でなければ出せないでしょうけれど、ジャズの歴史と思えば、一度は見てみたい気もします。

Posted by: もとよし | February 23, 2005 at 02:29 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/3040789

Listed below are links to weblogs that reference パーカーのアルト:

« ぐぐれば | Main | ヘンデル生誕320年 »