« 「砂の器」 | Main | 歯の治療終了 »

January 04, 2005

G線が切れた

昨日、チェロケースを開けるとG線のペグが弛んでいた。 G線ぶ~らぶら~。 乾燥するこの時期にはよくある事である。 2番目に太いG線なので、さしたる注意も払わずにぐんぐん巻き上げていったらブチっと切れた。

一番細いA線ならば、チェロを始めて間もない頃に何本も切った事がある。 チューニングする際に、強力なテンションを上手にコントロールする事が出来ず、焦って一気に巻こうとするのが原因なのであるが、こう言うのはペグの廻し方を覚えるまでは仕方ないかと思う。 最初の内は取り扱いが厄介極まりないけれど、一旦要領を覚えてしまえば、後は大概上手に付き合って行けるものだ。

A線を一日に2本切ってしまった事がある。 それも安価とは言い難いヤーガーで。 A線2本分の値段を考えて途方に暮れた後、近所の楽器屋に走って一番安かったプリムを買って来って来た。

それにしても、G線がこうもあっさり切れるとは思わなかったな~。 ここ暫く弦を切った事が無かったので、すっかり油断していたんだ。 指板の、C線とD線の間にぽっかり空き地が出来たようで情けない事この上ない。 生憎スペアの弦を切らしている。 早速買って来ないと。

|

« 「砂の器」 | Main | 歯の治療終了 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/2471226

Listed below are links to weblogs that reference G線が切れた:

« 「砂の器」 | Main | 歯の治療終了 »