« 秋葉原と書いてアキバハラ | Main | ステレオグラム »

January 20, 2005

「猟奇の果」

「猟奇の果」江戸川乱歩著(江戸川乱歩全集 第四巻 講談社)を読んだ。

ごく普通に生活する市民、もしもその前に瓜二つの人物が現れたり、さらに本人を名乗って勝手に動き回るとしたら・・・と言う不安を中心に据えた作品で、二部構成となっている。

前篇「猟奇の果」
最初、犯人の意図がなかなか見えて来ない事もあって、どこと無くユーモラスな(あくまで乱歩にしてはであるが)雰囲気を湛えてさえいる。 退屈で退屈で堪らぬと言う主人公の設定もなかなか好い。 小さな事件が連続する中で、主人公が次第に追い詰められて、この先は一体どうなると言う処で終わってしまう。 自分的には悪くない展開と想った。

後篇「白蝙蝠」
後半では名探偵明智小五郎が登場。 これと同時に、作風もガラリと変化して捕り物が中心となってしまう。 なってしまうと書いたのは、それだけ不満があるからで、明智小五郎ものとなった後半には、前半にあった趣が少しも生かされていないからである。 前後篇を、各々全く異なる二つの作品と思えば、その方がより楽しめるかもしれない。 後篇がこうなったにあたっては、著者や出版社の事情がいろいろとあったようで、後世の読者としては、その辺りも鑑みて味わうのが良いのかもしれない。

先日読んだ「孤島の鬼」が感銘深かっただけに、我ながら今回は点が辛くなってしまったなぁ。

|

« 秋葉原と書いてアキバハラ | Main | ステレオグラム »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/2642499

Listed below are links to weblogs that reference 「猟奇の果」:

« 秋葉原と書いてアキバハラ | Main | ステレオグラム »