« エックレスのソナタ(2) | Main | 鈴本演芸場新春寿寄席 »

January 16, 2005

国芳・暁斎 ~なんでもこいッ展だィ~(再訪)

冷たい雨の降る日曜日。 先日観た東京ステーションギャラリーで開催中の「国芳・暁斎 ~なんでもこいッ展だィ~」があんまり好かったので、今日もう一度行って来た。 今回は午前中に入ったお陰で、ガラ空きとまでは言わないものの、ゆったりと観て廻る事が出来たのである。

「新富座妖怪引幕」には、相変わらず圧倒されてしまう。 思い切ったタッチで迷わずグイグイと書き殴って行ったであろう暁斎の気迫が伝わって来るんだ。
猫を描いた絵が好きで、今回も熱心に見入ってしまう。(1月9日のブログで暁斎の猫好きに付いて触れたけれど、国芳も負けず愛猫家のようある。 猫を擬人化した絵などすっかり気に入ってしまった。)今回はその他に武者絵や風景画、美人画などに絞って楽しんだ。 女性の着物の柄として書き込まれた細かな意匠など、観ていて呆れてしまうくらい凝りに凝ってをり、こんな処からも絵師達の飽くなき創作意欲を感じる。

午前中と言う事で入館者が少ないお陰で、国芳と暁斎とをゆっくり見比べてみると言う事も、今回は出来た。 浮世絵に付いては全く疎いので、どこがどうとか言う事は出来ないのだけれど。

|

« エックレスのソナタ(2) | Main | 鈴本演芸場新春寿寄席 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/2594796

Listed below are links to weblogs that reference 国芳・暁斎 ~なんでもこいッ展だィ~(再訪):

« エックレスのソナタ(2) | Main | 鈴本演芸場新春寿寄席 »