« ピアノ都々逸 | Main | 「ニッポニア・ニッポン」 »

December 21, 2004

来年の手帳

そろそろ来年の手帳を買っておかねばならない。 そう、手帳は貰い物で済まさずに毎年自分で買っているのだ。
毎日使う手帳としてどんなのが良いかって言うのは、長年悩みつづけたテーマである。 一頃流行った(?)システム手帳を試した事もあるけれど、矢鱈とかさ張るし、なんでもしまい込んだまま放ったらかしにしてしまう、自分のようにズボラな人間には向かない事が判った。 (因みにシステム手帳の他には無い大きなメリットは、年度を跨ぐ時にも本体はそのまんまで通せると言う事だ) 最近はあんまり見ないけれど、ノートPCの普及で立場が無くなりつつあるのではないかな? 電子手帳、携帯端末の類は万が一のクラッシュがコワくて使う気になれないでいる。 何しろこちとらは滅法物持ちの悪い人間と来ているからなぁ。
いろいろと試したあげくに、何時の頃からか毎年同じモノを買うようになっている。 高橋書店の手帳版スタンダード(約16cmX約10cm)のもの。 もっと小さな手帳版小型もあるけれど普段手帳を胸ポケットに入れたりはしないし、縦長の手帳版スマートだとどうも落ち着かない。 書きやすく読みやすいこの大きさが一番気に入っているのだ。
自分が手帳に求める機能は見開き一週間タイプのメモ欄とカレンダーがある事くらいである。 メモ欄は横書きタイプで罫線は極細のものが良い。 (罫線の太いのは目障りでイケナイ) 二本ある栞紐は気が利いている。 自分は真っ白な紙は嫌いで、すこしベージュ掛かったのが(この色は何と呼べば良いのか)好ましい。 地下鉄路線図は偶にお世話になる事もあるけれど、JRや私鉄の路線図が無いのは中途半端と思うな。 その他の付録は不要! ま、量にすればほんの少しなので邪魔にはならないけれど。 それと、別冊のアドレス帳は今時殆ど使われないだろうし、これは別売りにした方が良いのではないか?
コレといって目立つ取り得はないけれど、自分にはこれで充分。 って言うか、実際はこれでもオーバークォリティなくらいだ。 さて、この週末あたり、2005年版を買っておかねば。

|

« ピアノ都々逸 | Main | 「ニッポニア・ニッポン」 »

Comments

 もとよしさん、こんにちは。コメントをありがとう。今朝から幾度か覗かせてもらってます。勝手ながらお気に入りに入れさせてもらいました。
 小生、未だ、来年の手帳、買ってません。いろいろメモしておきたいことがあるのですが。最近は、携帯に記録させておくのでしょうね。

Posted by: 弥一です | December 22, 2004 at 11:37 PM

おはようございます。コメントありがとうございます。
私も数年前までは高橋書店の手帳を愛用してました。
私は家計簿タイプのものです。
高橋書店の手帳は機能的でもあり、ほのかな暖かみもあり、いいなと思っています。
手帳は毎日つき合っていくものなので、いろいろなことに気づきますよね。
元愛用者として、もとよしさんの意見はうなずきながら読ませていただきました。

素敵なプログですね。
問わず語り、これからも読ませていただきます。
よろしくお願いします。では、また!

Posted by: chiiko | December 23, 2004 at 07:21 AM

弥一さん
コメントとトラックバックをありがとうございます。 自分の立てたブログに初のコメントを頂いて、今日はいささか舞い上がっております。 ブログの仕組みなど未だ良く判らず、不調法があるかもしれませんけれど、何卒よろしくお願いします。

chiikoさん
早速コメントを頂きましてありがとうございます。 chiikoさんも以前は同じ高橋書店の手帳をお使いでしたとは! 機能的な手帳から感じ取る「ほのかな暖かみ」、本当に仰る通りと思います。 よろしくお願いします。

Posted by: もとよし | December 23, 2004 at 01:02 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/61645/2333330

Listed below are links to weblogs that reference 来年の手帳:

» 毛糸編む [無精庵徒然草]
 12月の季語をつらつら眺めていて、今日の表題を最初は「近松忌」にしようかと思っ [Read More]

Tracked on December 22, 2004 at 04:19 PM

« ピアノ都々逸 | Main | 「ニッポニア・ニッポン」 »